2021年4月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

音楽で拡がる輪

JAZZ(Born In The U.S.A. )

2021年4月 3日 (土)

開放感ある幽玄唯一な世界 『Tone Poems / Charles Lloyd & The Marvels』

Tone_poems
 
米国のレジェンド・サックス奏者、チャールス・ロイド。
ブルーノート・レーベルに復帰して6作目、マーヴェルス名義では3作目。
メンバーは、お馴染みのギターのビル・フリゼール、スティール・ギターのグレッグ・レイズ、ベースのルーベン・ロジャース、ドラムのエリック・ハーランドの4人。
 
オープナーから2曲、オーネット・コールマンの曲が続く。
オープナーが「Peace」というのは、意味深調。ハーランドのタイトなドラムの上をメンバーの浮遊感ある演奏で繋ぐ。
「Ramblin’ 」は、汽笛のような効果音、掛け声で、グングン快速、ウネウネしたソロもはいるけど、超ハッピーな雰囲気。
ギターとスティール・ギターの音色で始まるレナード・コーエンの「Anthem」、ヴォーカルはいないけどロイドのサックスが、、しみじみと歌いまくる。
フルートに持ち替えたオリジナル「Dismal Swamp」の爽やかなこと。続く「Tone Poem」もオリジナル、冒頭の緊張感あるドラムとのデュオ、他のメンバーがシットインすると和やかな空気が流れる。
セロニアス・モンクのバラッド「Monk’s Mood」、スイートにロマンチックに。
キューバのボラ・デ・ニエベの「Ay Amor 」、エレガントの曲調はフリゼールにぴったり。
ハンガリーのギタリスト、ガボール・ザボの「Lady Gabor」、軽快に情熱的に。
終演は、オリジナルで「Prayer」、ボーイングも入ってゆったり幽玄な演奏…余韻を残して。
と、ジャズやブルース、アメリカーナ等々の様々なジャンルを行き来した、彼特有のハッピー感と強面感が共存する高揚感あるサウンド。
社会や人々へのメッセージが、曲や演奏にしっかり込められている。
何より御歳83歳の脂の乗り切った吹きっぷりが素晴らしい!
スリリングで緊張感あるアンサンブルの中でも常に開放感たっぷりに歌っている。
そして、フリゼールさまとは、きっと、永遠のおともだちですね♪
 
 
1.Peace
2.Ramblin’ (Ornette Coleman)
3.Anthem (Leonard Cohen)
4.Dismal Swamp (Charles Lloyd)
5.Tone Poem (Charles Lloyd)
6.Monk’s Mood (Thelonious Monk)
7.Ay Amor (Villa Fernandez Ignacio Jacinto)
8.Lady Gabor (Gabor Szabo)
9.Prayer (Charles Lloyd)
 
Charles Lloyd ( ts, as, fl) 
Bill Frisell (g)
Greg Leisz (steel guitar)
Reuben Rogers (b)
Eric Harland (ds)
 
今日のおまけは、レーベルのあげていた「Peace」。
 
 
新潟で3月に桜が満開なんて、、ありえないっ!!
 
んじゃ、退散♪

2021年3月31日 (水)

6月にジュリアン・レイジの新作がでるっ!!

ジュリアン・レイジのブルーノート・レコード移籍第一弾が、6月にでま〜す♪
メンバーは、彼のレギュラー・トリオ、ベースのホルヘ・ローダー、ドラムのデイブ・キング。
本来は、去年の1月のヴィレッジ・ヴァンガードでの6日間公演の後に、スタジオ入りするはずだったようです。
しかし、ご多分にもれず、新型コロナの影響でキャンセルとなり、実際の録音までには半年以上の間が空いたようです。
 
★ 『Squint / Julian Lage』 ★
 
Squint
 
1. Etude 
2. Boo’s Blue 
3. Squint 
4. Saint Rose 
5. Emily
6. Familiar Flower 
7. Day and Age 
8. Quiet Like A Fuse 
9. Short Form 
10.Twilight Surfer 
11.Call Of The Canyon 
 
Julian Lage (g)
Jorge Roeder (b)
Dave King (ds)
 
 
1曲、ご本人が「Saint Rose」という曲をあげていましたぁ。
 
<iframe width="560" height="315" src="https://www.youtube.com/embed/feli3FwOiso" title="YouTube video player" frameborder="0" allow="accelerometer; autoplay; clipboard-write; encrypted-media; gyroscope; picture-in-picture" allowfullscreen></iframe>
 
相変わらず、難解さを感じさせないポジティヴでポップなサウンドですよねぇ。
楽しみぃ♪
 
んじゃ、退散♪

2021年3月19日 (金)

エレクトリック・バンドが、チック・コリアのトリュビュート・イベントを行う!

2月になくなったチック・コリアは、先日のグラミー賞で2つのグラミー賞を獲得し、通算25のグラミー賞受賞者になったそうです。

・最優秀即興ジャズ・ソロ   
 『Trilogy 2』の「All Blues」

 

 


・最優秀ジャズ・インストルメンタル・アルバム

 『Trilogy 2』

 

★ おめでとうございます! ★

 

 

そして、現地時間で3月20日9時(日本時間の3月21日の2時)に、
The Chick Corea Elektric Bandが、「A Tribute To Chick」と冠したイベントを行うそうです!

 

日本だと夜中になってしまいますよねぇ。。
アーカイブは残るのでしょうか。

 

追記

注意 これは、ライブではなく、メンバーのトーク番組?でした。

ライブだと思って、独りで盛り上がってしまいました…申し訳ありませんでした。m(_ _)m

 

んじゃ、退散♪

 

2021年2月13日 (土)

謹んでチック・コリア氏のご冥福をお祈りいたします。

Chick-corea

 

チック・コリア氏が、2月9日、がんのため79歳で鬼籍にはいってしまいました。
大変に珍しい癌だったようです。

ご本人は、ずっと意欲的に音楽活動をされておりましたので、我々は「まさかまさか」のできごとでした。

『Return to Forever』で、一躍名前を知られた感がありますが、

好奇心旺盛な方で、その幅広い音楽活動は一つの分野で括ることは難しいとおもいます。
私は、スタン・ゲッツのファンでもありましたので、そちらの方の演奏も懐かしいです。
つうか、そっちの方が、休日に家で鳴ってたりしますね。

2013年に『The Vigi』のツアーで来日した時は、なんと新潟までいらしてくださいました。
チケットをお願いした関係で、新潟のジャズ喫茶の重鎮の方々と最前列のど真ん中で聴くことができたのは、大変思い出深いものです。
そうそうTrio Musicのドラマーのロイ・ヘインズのお孫さんマーカス・ギルモアが一緒に来ていましたよ。
その後も運良く?ブルー・ノートで、2、3度、聴くことができたのですが、常に好奇心旺盛で大きなお目目が印象的でした。

今年の予定もたくさんあったようです…。
ご本人が一番悔しいと思うのですが、ウェブサイトには

「音楽の炎を燃やし続ける旅路を支えてくれたすべての人に感謝します」

というメッセージがあるそうです。

胸がしめつけられそうです。こちらこそ、素晴らしい意欲的な音楽たくさんありがとうございました。
心からお悔やみ申し上げます。
本当に、本当に、、ありがとうございました。m(_ _)m

最後に手に入れたのアルバムは、中年音楽狂さんが手に入れてくださったクリスマスのアルバムでした。
マニア垂涎の限定品なんですよ。

んじゃ、退散♪

2020年12月28日 (月)

クリポタ色に染まったカラフルな作品 『There Is A Tide / Chris Potter』

There_is_a_tide_20201228174201
 
クリス・ポッターの新譜は、このコロナ禍の中で、一人多重録音をしたアルバム。
サイン付きのカードが欲しいばかりに、レーベルから飛ばしたのはいいのだけど、、
何を血迷ったか、、レコードの選択をしてしまいました。
レコードは、とても好きなのですけど、かけるのに時間と場所を選びますよね。
と、、いうことで、年末のギリギリになってしまいました。汗
 
前回の時にブログにでも触れましたが、ここに使われている楽器を全て自分で演奏しています。
 
A面オープナーの「I Had a Dream」から、爽やかなクリポタ・サウンド。
ゆったりしたハーモニーからブリブリとクリポタ節がくる「Like a Memory」。
明るい色彩感覚の「Mother of Waters」の美しいハーモニー。
変拍子全面押しの「Rising Over You」、一人でバトル。
落ち着いた色合いの「Oh So Many Stars」。
 
ここで、B面へ。
 
B面、オープナーは、ポップな感覚の「Drop Your Anchor Down 」。
「Beneath The Waves 」、イケイケ、躍動感満載。
優しいメロディ「Rest Your Hand」。美しいメロディとフルートに心奪われる「As The Moon Ascends」。
終演は、覚悟を感じる曲調と演奏「New Life (In The Wake of Devastation)」。
 
 
彼が、ピアノやギターを弾いている動画は観たことがあるのですが、ここまで本格的に演奏しちゃうとは…。火事場の力持ちをはるかに超える才能ですねぇ。
専門外は、専門家に任せなさいとか言う人は聴かなくていいですよん。
 
まぁ、煽りまくるドラムとか、ピアノとか、ギターとか、、いないわけですから。。
いつもよりは、ブリブリ感は低めですけど、やっぱり、ブリブリ吹いています。笑
 
クリポタ色でそまったカラフルな作品でっす。
 
a1. I Had a Dream 
a2. Like a Memory 
a3. Mother of Waters 
a4. Rising Over You 
a5. Oh So Many Stars 
 
b1. Drop Your Anchor Down 
b2. Beneath The Waves 
b3. Rest Your Hand 
b4. As The Moon Ascends 
b5. New Life (In The Wake of Devastation)
 
Chris Potter (ts, ss, cl, b-cl, fl, a-fl, p, keys, el-g, ac-g, el-b, ds, perc, samples)
 
今日のおまけは、ご本人があげていた「I Had A Dream」。
 
 
サイン付きのカードは、レコード一緒に大事にしまってます。
今年は、コロナ騒ぎで嫌なことばかりでしたが、ブラッド・メルドー、フレッド・ハーシュ、このクリス・ポッター、、他、沢山のアーティストたちが、今しか考えられないアルバムをリリースしてくれました。
ちょっと、救われますよね。
 
んじゃ、退散♪

2020年11月28日 (土)

クリス・ポッターのワンオペ・アルバム『There Is a Tide / Chris Potter』が出る!

 
現代ジャズの最高峰と言われるマルチ奏者、クリス・ポッターのアルバムが12月4日にリリースされまっす。
 
★There Is a Tide / Chris Potter★
There_is_a_tide
 
コロナ禍、ロック・ダウンの状況で、様々彼が思い考えたことを、音源で残したアルバム。
 
ピアノなどの鍵盤楽器から、ギターやベースの弦楽器、ドラムやパーカッションの打楽器、そして本家のリード楽器、、全ての楽器を彼自身が演奏し、多重録音したもの。なんでも、できちゃうんだね。改めて惚れ直す。笑
しかも、6週間で、この全行程を終わらせたそうです。
 
どうなんでしょ。
ご本人が上げていた音源をつまみ食い。。
 
 
で、、私は何を見誤ったか。。レーベルに直接L Pレコードで頼んでしましました。汗
 
んじゃ、退散♪

2020年10月31日 (土)

ゆったりとメロディアスな癒しの空間 『Rainbow Sign  / Ron Miles』

Rainbow_sign_20201031081801
 
米国のコルネット、トランペット奏者、作曲家のロン・マイルス。
現代ジャズ・シーンで活躍する優れた即興演奏家の一人です。
正直に言うと、アルバムによっては、、ちょっと苦手な時もある。汗
今回は、『I Am A Man』と同じメンバー。
ブライアン・ブレイド、ビル・フリゼール、ジェイソン・モラン、トーマス・モーガンといった、旧知の仲のレジェンド級の奏者たち、全ての曲がマイルスのオリジナル。
 
オープナーは、絞り出すようなコルネット の音からゆったりと始まる「Like Those Who Dream」。一聴バラバラのようで、5人の足並みが揃っていることは、すぐわかる16分弱。牧歌的な世界に時折切り込むマイルス。
シームレスな感じで始まるメロディアスな「Queen of The South」。
哀愁に満ちた「Average」、一音、一音を大切に、そして、美しく重なり合う。
タイトル曲「Rainbow Sign」、今回のアルバムは、マイルスの父親の天国への旅路をイメージした曲のようですが、とても、明るくのびのびした曲。彼自身は、父親がなくなる前にしっかりと感謝の気持ちや愛を伝えており、死を暗いマイナスなイメージとして捉えてないようです。親子でとても幸せですね。
冒頭から、フリゼールの牧歌的でメロディアスなギター・プレイが炸裂する「The Rumor」。
彼のギターには、大草原を転がるタンブルウィードのような風景と自由を感じますよね。
伸びやかなマイルスのコルネット で始まる「Custodian of The New」、穏やかで優しい5人の会話。
「This Old Man」、呟くようなマイルスとモーガンのベースがいい感じ、自由度マックス。
このアルバムでは、比較的テンポの早い「Binder」、ぐいぐいグルーヴしながら、、でも、淡々と進んでいく感じが5人の実力の高さを感じるっ。
どこか幻想的で浮遊感ある「A Kind Word」でアブストラクトな終演。
 
創造力豊かな即興演奏が高次元で交差、幻想的な浮遊感とアメリカーナ的な佇まい。
時折、ノイジーな音もはいるけれど、基本、メロディアスでリラックした癒しの空間。
 
 
1.Like Those Who Dream
2.Queen of The South
3.Average
4.Rainbow Sign
5.The Rumor
6.Custodian of The New
7.This Old Man
8.Binder
9.A Kind Word
 
 
Ron Miles (cor)
Brian Blade (ds)
Bill Frisell (g)
Jason Moran (p)
Thomas Morgan (b)
 
 
今日のおまけは、レーベルがあげていた「The Rumor」。
 
 
 
 
寒くなりましたね。。
明日から、11月、、今年も残り二ヶ月!
 
 
んじゃ、退散♪

2020年10月11日 (日)

肌寒い季節にぴったりな温かさ 『This Dream of You / Diana Krall』

This_dream_of_you
 
恩師の名匠トミー・リピューマ氏と2016年から再開していた、スタジオレコーディング。
2017年の彼の他界で、中断を余儀なくされたが、残された音源をもったいないと思い、彼の気に入っていた「But Beautiful」を基軸に未収納曲をまとめたアルバム。
 
オープナーは、ストリングスの入った「But Beautiful」、呟くように歌うクラールがとても近い。
アンソニーのギターのオブリガードが優しい。
同じメンバーで、スインギーに小粋に「That’s All / Azure-Te」、クレイトンのベース、ハミルトンのドラムに支えられてクラールのピアノも好調。
甘く切ないマローンのギターで始まる「Autumn In New York」、落ち着いたブライドのベースが秋を彩る。コロナ禍で美しいニューヨークには行けないけれど、歌はニューヨークの彩り感じましょ。
クレイトン、アンソニー、ハミルトンのトリオと軽快に「Almost Like Being In Love」。
名手ブロードベントのピアノでデュオ「More Than You Know」、歌に専念情感たっぷりに。
マーク・リボがギターで参加する「Just You, Just Me」は、スチュアート・ダンカンのフィドルが入って、アップテンポ!
一転、甘い音色はマローンのギター、寄り添うように「There’s No You」。
凄味させ感じる「Don’t Smoke In Bed」は、ブロードベントのピアノがサポート。
タイトル曲、ボブ・ディランの「This Dream of You」の説得力のある歌唱、フィドルとアコーディオンが加わってアメリカーナの雰囲気をプラス。
クレイトンとデュオ「 I Wished on The Moon」、ハッピーでちょっとファンキー。
クールビューティな「How Deep Is The Ocean」、リボーのギターが泣ける。
終演は、オープナーのメンバー3人と「Singing In The Rain」、クレイトンの粋なベースが素敵♪
 
彼女の希望、「すぐそばで聴こえる声」の録音のおかげで、いつも以上に、ハートウォームな彼女の歌声に。
しかし、マローンのギター、、懐かしかったなぁ。
 
1. But Beautiful
2. That’s All / Azure-Te
3. Autumn In New York
4. Almost Like Being In Love
5. More Than You Know
6. Just You, Just Me
7. There’s No You
8. Don’t Smoke In Bed
9. This Dream of You
10. I Wished on The Moon
11. How Deep Is The Ocean
12. Singing In The Rain
 
Diana Krall (vo, p)
John Clayton (b) #1,2,4,10
Jeff Hamilton (ds) #1,2,4
Anthony Wilson (g) #1,2,4
Christian McBride (b) #3,7
Russell Malone (g) #3,7
Alan Broadbent (p) #5,8
Tony Garnier (b) #6,9,11
Karriem Riggins (ds) #6,9,11
Marc Ribot (g) #6,9,11
Stuart Duncan (fiddle) #6,9,11
Randall Krall (Accordion) #9
 
 
今日のおまけは、ご本人があげていた「Autumn In New York」。
 
 
寒くなってくると、温かいヴォーカル盤は活躍しますよね。
 
んじゃ、退散♪

2020年8月23日 (日)

柔らかなハーモニー、イマジネーション豊かなインタープレイ 『Valentine /  Bill Frisell』

Valentine
 
 
4月に、ACTレーベルから、グレゴア・マレたちとの『Americana』というアルバムが出たばかりのレジェンド・ギタリスト、ビル・フリゼール。
今度は、自身のギター・トリオでのアルバムが、ブルーノート・レーベルからリリース♪
この2年ほど一緒に活動して来たベースのトーマス・モーガン、ドラムのルディ・ロイストンとのトリオでの初めてのアルバム。
 
結論!笑
ギター・トリオに徹していて、フリゼールのイマジネーション豊かなギター・プレイが堪能できまっす!
 
オープナーは、マリのブルース奏者、ブバカール・トラオレの「Baba Drame」。浮遊感たっぷりの明るく開放的なサウンドにリラックス。
時間旅行をするような「Hour Glass」にはじまって、5曲フリゼールのオリジナルが続く。
3人の絶妙な演奏にモンクが遊びに来たようなタイトル曲「Valentine」。
ブルージーで哀愁たっぷりの「Levees」。ミステリアスでどこか哀しげな「Winter Always Turns To Spring」。
思わず鼻歌しそうな「Keep Your Eyes Open」。
ビリー・ストレイホーンの隠れ名曲「A Flower Is A Lovesome Thing」の可愛らしさ。
ちょっとアブストラクトでユーモアに溢れた「Electricity」。
心地よく青空がひろがるカントリー曲「Wagon Wheels」は、お手のモノ。
ドラム・ロールが不思議とはまる「Aunt Mary」。
バカラック曲「What The World Needs Now Is Love」の優しいハーモニー、美音のオンパレード。
アコギで奏でる「Where Do We Go?」の木訥でノスタルジックな世界。
終演は、親しみやすく語りかける米国のプロテスト・ソング「We Shall Overcome 」、彼らかのメッセージをキャッチしよう。
 
日本版には、「Dance」、「 Back at Normal School in Newar」が追加されています!
 
3人の相性の良さ、特にベースのトーマス・モーガンとの相思相愛からくる感覚は驚異的。
この残暑を乗り切る必需品ですね!
 
1. Baba Drame
2. Hour Glass 
3. Valentine 
4. Levees 
5. Winter Always Turns To Spring 
6. Keep Your Eyes Open  
7. A Flower Is A Lovesome Thing 
8. Electricity 
9. Wagon Wheels 
10. Aunt Mary 
11. What The World Needs Now Is Love 
12. Where Do We Go? (Frisell)
13. We Shall Overcome (Traditional)
 
Bill Frisell (g) 
Thomas Morgan (b) 
Rudy Royston (ds)
 
 
 
今日のおまけは、ご本人があげていた「We Shall Overcome」。
 
 
残暑厳しいですね。
皆さん、ご自愛くださいね。
 
んじゃ、退散♪

2020年8月22日 (土)

クリス・ポッターが楽器を全て自分で演奏したアルバム『There Is A Tide』!

Chris_potter
< /div>
 
写真は、Edition RecordsのHPからお借りしました。m(_ _)m
 
クリス・ポッターがロック・ダウン中に作成したアルバムを12月にリリースするらしいです!
そして、サイン付きレコードは、9月にプレ・オーダーみたい。。
 
ええと、コピペしますが、
 
「The saxophonist and composer reveals his new album 'There Is A Tide', recorded in lockdown and performing ALL instruments including piano, keyboards, electric and acoustic guitars, bass guitar, drums, clarinet, bass clarinet, flute, alto flute, percussion, samples and of course saxophones」
 
サックスは、もちろんなのですが、、ここに書かれている全ての楽器を彼が演奏しているとのこと。
ロック・ダウンの賜物か。。
 
詳しくは、Edition RecordsのHPへ。
 
楽しみ〜。
 
んじゃ、退散♪

より以前の記事一覧

無料ブログはココログ