2022年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

音楽で拡がる輪

JAZZ(Born In The U.S.A. )

2022年9月14日 (水)

サマラ・ジョイの新譜にはパスカーレ・グラッソが参加♪

 
最近では珍しいオーセンティックなジャズ・ヴォーカル、往年のジャズ・ディーヴァーたちを彷彿とさせるサマラ・ジョイ。
名門ヴァーヴから、名手が参加の新譜がでる。
 
★ Linger Awhile / Samara Joy ★
 
Linger_awhile
 

スタンダードを彼女流にアレンジし、時には有名な楽器のソロのメロディを使ってオリジナルの歌詞を歌う、ヴォカリーズと呼ばれるスタイルで制作されているという。

ニューヨークのシアー・サウンドで録音された作品には、ギターのパスカーレ・グラッソ、ピアノのベン・パターソン、ベースのデイヴィッド・ウォン、ドラムのケニー・ワシントンという錚々たるメンバーが参加。
流石に、ジャズ・ファンだったら聴いてみたいと心をくすぐりますね。

1. Can't Get Out Of This Mood
2. Guess Who I Saw Today
3. Nostalgia
4. Sweet Pumpkin
5. Misty
6. Social Call
7. I'm Confessin'
8. Linger Awhile
9. 'Round Midnight
10. Someone to Watch Over Me


Samara Joy (vo)
Pasquale Grasso(g)
Ben Paterson (p)
David Wong (b)
Kenny Washington (ds)
 
んじゃ、退散♪

2022年9月10日 (土)

あの奇跡のカルテット、第2弾 『LongGone / Joshua Redman   Brad Mehldau   Christian McBride   Brian Blade』

 


Longgone_20220910083901


 

現代ジャズのマスターたちが集結したこのスーパー・クインテット。

『RoundAgain』は、1994年の『MoodSwing』以来約26年!ぶりだったのですが、今回は2年のスパンでリリース。

全員、超多忙なはずなので、不思議だったのですが、、レーベルの情報を見て納得。

2019年に一緒にレコーディングされたものだったのですね。

なるほどね、、そして、そこに2007年のSFJAZZの25周年記念のライブ演奏を1曲追加したものでした。

今回は、全6曲がジョシュア・レッドマンのオリジナルです。

 

オープナーは、全員で軽快にスイングするタイトル曲「Long Gone」。

インテリジェンスのあるソプラノ・サックスが小気味良い「Disco Ears」。

「Statuesque」、落ち着いた色合いで、マクブライトのボーイングも効果的。

サックス・カデンツァで始まる「Kite Song」、硬派なメルドーのピアノも魅力。

「Ship to Shore」、超絶なベース・ソロ、ブレイドのタイトでスリリングなドラミングも聴きどころ。

終演は、ジョシュアの曲紹介から始まる2007年録音のライブ演奏「Rejoice」。

ライブならではの臨場感にあふれていて、おもわずガッツ・ポーズ。笑

 

このメンバーならではの、才能に溢れた演奏。

オリジナルのジョシュア・レッドマン・カルテット、切れ味抜群。

私的には、最初は、、つっこみどころはいろいろあったのだけど、

やっぱりこの演奏はリリースしなくちゃね。笑

早く、このメンバーで来日して欲しい!!(バカの一つ覚え)



1. Long Gone
2. Disco Ears
3. Statuesque
4. Kite Song
5. Ship to Shore
6. Rejoice

Joshua Redman (ts, ss)
Brad Mehldau (p)
Christian McBride (b)
Brian Blade (ds)

 

今日のおまけは、ご本人があがていた「Long Gone」。

 


 



んじゃ、退散♪

2022年8月11日 (木)

メロウで浮遊感ある空間…猛暑対策にバッチリ♪  『Not Tight / Domi & JD Beck』

 
Not_tight_20220809102001
 
Z時代の天才デュオ、Domi & JD Beck♪
2000年にフランスのメス生まれたキーボード奏者、ドミ・ルナ。
2003年に米国のダラスで生まれたドラマー、JDベック。
バークリー音楽大学に在籍していたドミと、10歳から演奏を始めていたJDが2018年に出会い、デュオ・ユニット開始、SNSなどで注目を浴びるようになり、ミュージシャンの注目も集めるように。
その流れで、今回のアルバム・デビューのキーパーソンになったアンダーソン・パークに認められ、彼らの夢のコラボが実現、彼が立ち上げに関わっているAPESHIT Inc.とブルーノート・レコードからの契約♪
 
その見た目のキュートさや「Kawaii」とウラハラに、しっかりした技術で超絶テクや複雑なハーモニーを動画で披露してきた彼らのデビュー・アルバム♪
ジャズ界のレジェンド、ハービー・ハンコックをはじめ、アンダーソン・パーク、サンダーキャット、マック・デマルコ、カート・ローゼンウィンケルって、、その繋がりは音楽のジャンルを踏み超えて広がっています!
そして、今回はお得意のカバーでなくて、全曲2人のオリジナル。
 
オープナーは、ハープやヴィオラ、チェロが懐かしい映画音楽のワンシーンのように入った「LOUNA’S iNTRO」、シームレスに続く「WHATUP」は、2人の超絶演奏。
キャッチーで緩いムードと超絶な演奏がギャップな「SMiLE」
サンダーキャットが参加する「BOWLiNG」、彼の繊細なヴォーカル、ベースプレイが聴けるて幸せ、ファンタスティック。
タイトル曲「NOT TiGHT」でも、サンダーキャットはベースで参加、かっこいいですぅ。
マック・デマルコとのヴォーカルが浮遊感たっぷり「TWO SHRiMPS」。
2人のヴォーカル「U DON’T HAVE TO ROB ME」、実に味があってハマっている。
ハービー・ハンコックが参加、ヴォコーダーを使った「MOON」がメロディアスでメロウ、素敵すぎる。
叙情的で神秘的な「DUKE」。
アンダーソン・パークのヴォーカルが入った「TAKE A CHANCE 」、2人もヴォーカルでも参加。
スペイシーで夏空感間満載「SPACE MOUNTAiN」。
「PiLOT」は、バスタ・ライムス、スヌープ・ドッグ、アンダーソン・パークという超豪華なメンバーと創り上げるポッセカット、これも最高。
カート・ローゼンウィンケルのギターが空間を謳歌しまくる「WHOA」。
疾走するドラムに心奪われる「SNiFF」。
終演は、再び、弦楽隊が入って幕をひく。。
 
テクニックの凄さにあっけにとらわれるけど、どの楽曲にもキャッチーな親しみやすさがあって暑苦しく無い。
メロウで浮遊感ある空間に身を潜めて猛暑をやり過ごそう♪
 
1. LOUNA’S iNTRO
2. WHATUP
3. SMiLE
4. BOWLiNG (feat. Thundercat)
5. NOT TiGHT
6. TWO SHRiMPS (feat. Mac DeMarco)
7. U DON’T HAVE TO ROB ME
8. MOON (feat. Herbie Hancock)
9. DUKE
10. TAKE A CHANCE (feat. Anderson .Paak)
11. SPACE MOUNTAiN
12. PiLOT(feat. Snoop Dogg, Busta Rhymes, Anderson .Paak)
13. WHOA (feat. Kurt Rosenwinkel)
14. SNiFF
15. THANK U

JD Beck (ds)
Domi  (keys)
guests
Herbie Hancock (p, vocoder)
Anderson .Paak (vo)
Thundercat (b, vo)
Snoop Dogg (vo)
Busta Rhymes (vo)
Kurt Rosenwinkel (g)
Mac DeMarco (vo)
 
今日のおまけは、ご本人たちがあげていた「PiLOT」。
 
 
んじゃ、退散♪

2022年7月30日 (土)

ジュリアン・レイジの新作はビル・フリゼールが7曲に参加!!

 
天才ギタリスト、ジュリアン・レイジのBlue Note Records第二弾が9月の半ばにリリースされる♪
 
 
★ View With A Room / Julian Lage ★
 
 
View_with_a_room
 
 
メンバーは、前作『Squint』と一緒。
ベーシストはホルヘ・ローダー、ドラマーはデイヴ・キングのトリオ。
なんと、、そこに、ペシャル・ゲストとして、ビル・フリゼールが10曲中7曲に参加している!!
 
新譜についてジュリアンは、、
「有機的なインプロヴィゼーションと小編成の機敏さを兼ね備えた豪華なオーケストレーションは可能か、という音楽的な問いかけから生まれたもの」
と、言っており、
「その答えは、僕にとって重要なエレクトリック・ギターにあった。」
と、コメントしているよう。
 
これまでも、さまざまな文脈で共演してきた2人。
どんな作品になっているのか、とても楽しみ。
来日してくださ〜い♪
 
1. Tributary
2. Word for Word
3. Auditorium
4. Heart Is a Drum
5. Echo
6. Chavez
7. Temple Steps
8. Castle Park
9. Let Every Room Sing
10. Fairbanks

Julian Lage (g)
Jorge Roeder (b)
Dave King (ds)

special guest
Bill Frisell (g)

 

 

んじゃ、退散♪

 

2022年7月24日 (日)

ジョシュア、メルドー、マクブライド、ブレイドのカルテット作が再び!!

2年前、ジョシュア・レッドマン、ブラッド・メルドー、クリスチャン・マクブライド、ブライアン・ブレイドの26年ぶりのカルテット、と言うことで、超話題になった『RoundAgain』
なんと、同じメンバーでに新作がもうすぐリリースされる!!



★ Long Gone / Redman Mehldau McBride  Blade ★

Longgone


新作は、ジョシュア・レッドマンの手によるオリジナル楽曲全6曲を収録した作品のよう。
それぞれの楽器で「神」の領域にたどり着いてる4人の演奏。
今回も、楽しみにしています!


1. Long Gone
2. Disco Ears
3. Statuesque
4. Kite Song
5. Ship to Shore
6. Rejoice


Joshua Redman (sax)
Brad Mehldau (p)
Christian McBride (b)
Brian Blade (ds)

 

んじゃ、退散♪

 

2022年7月17日 (日)

今日は、『Stellar Regions / John Coltrane』を爆音で

 
Stellar_regions
 
今日は、ジョン・コルトレーンの命日です。
この作品は、コルトレーンの死後、未亡人アリス・コルトレーンによって、発表された中の一枚です。
1967年2月15日、ニュージャージーでの録音、そうです、、それは、死の5ヶ月前。
去年の命日に聴いていたラシッド・アリとのデュオ・アルバム『Interstellar Space 』と、遺作『Expression』の間の作品。
メンバーは、後期の定番メンバー、ピアノはアリス・コルトレーン、ベースはジミー・ギャリソン、ドラムはラシッド・アリ。
 
オープナーから決意を秘めたようなトレーンのサックスの音色にゾクゾクする。
わかっているからそうに思ってしまうのかもしれないけれど、まるで自分の死をわかっているような腹の座った音。
自問自答する「Sun Star 」、なんだか希望に満ちたタイトル曲「Stellar Regions」、これまでのトレーンをさらに深化させたような攻撃性もみせる「Offering」や「Tranesonic」、信者でよかったとおもってしまう「Configuration」、ジミー・ギャリソンをフィーチャーした「Jimmy's Mode」、そして、アルトを持ち出した「Tranesonic 」。
彼の精神世界を感じる。

 

後期のトレーンは、フリーキーでアヴァンギャルド、難解で混沌した世界だけど、、
晩年のトレーンには、降りしきる音の向こうに、どこか静寂につながる路を感じる。
と、いっても、怒涛のブロウが続くのだが、煩いとは思わないのは、信者の特権か。
 
 

1. Seraphic Light
2. Sun Star
3. Stellar Regions
4. Iris
5. Offering
6. Configuration
7. Jimmy's Mode
8. Tranesonic
9. Stellar Regions (alternate)
10. Sun Star (alternate)
11. Tranesonic (alternate)


John Coltrane (ts)
Alice Coltrane (p)
Jimmy Garrison (n)
Rashied Ali (ds)
 

 

今日のおまけは、タイトル曲「Stellar Regions」。

 

 
 
 
んじゃ、退散♪

2022年7月16日 (土)

より深く静かに寄り添う 『Still Life / Sachal Vasandani & Romain Collin』

Still_life_20220716084401
静かで内省的で雰囲気のある音楽を作りたいという彼らの思いは、スマッシュ・ヒットした『Midnight Shelter』で、叶えられました。
感情…心の機微を大切にした二人の語らいは、突然の、、そして、長いパンデミックで疲弊していた心を癒してくれました〜♪
で、、大きな手応えを感じた2人は、もっと音楽を深く掘り下げ、曲の拘りはもちろん、音色など、、シンプルでより親密、、そして、ヴォーカルとピアノの最適なコラボを模索。
ヴォーカルと静かに静かに向き合うことのできるピアノで、最高にセンシティブな演奏。
もちろん、>編集やオーバーダブはなし!
 
 
 
オープナーは、オリジナル「No More Tears」、YouTubeにある以前の歌い方よりずっと静かだけど、ピアノと一体となって感情の波が静かに静かに押し寄せてくる感じ。
ビリー・アイリッシュの「I Love You」然り…弾き語りのような自然な一体感に心の扉が自然と開く。
S&Gの「The Sound of Silence」、風に語りかけるような誠実さ。
ボニー・レイットで有名になったマイク・リードの「I Can't Make You Love Me」、深く心に響く。
お馴染み「Blue In Green」も、曲の持っているメランコリーな感覚を再認識。
なんとフォーク・ソング「Freight Train」もアンニュイに。
パティ・ラブレの歌った「If Only You Knew」、闇に消え入りそうな切なさ。
静かに感情を語る「Someone Somewhere」。
イギリスのエレクトロニック・ミュージック・デュオDisclosureの「Latch」、アコースティック版も素敵、まさかのファルセット。
ジェームス・ベイの「 Let It Go」も沁みる。
オリジナル「How Could We Be」、微風で起こる小波のよう。
終演は、ピーター・ガブリエルの「Washing Of The Water」、最後の最後まで素敵。
 
 
選び抜かれた優れたピアノと優れたコントロールで微妙な音の深さを実現できた結果、ヴォーカルの表現力豊かな声とより一体に。
かつてないほど静かに演奏するため最適なピアノを選び、誠実に曲と向き合うことを大事にした彼らだけの世界。
 
 
 
1. No More Tears
2. I Love You
3. The Sound of Silence
4. I Can't Make You Love Me
5. Blue In Green
6. Freight Train
7. If Only You Knew
8. Someone Somewhere
9. Latch
10. Let It Go
11. How Could We Be
12. Washing Of The Water
 
Sachal Vasandani (vo)
Romain Collin (p)
 
今日のおまけは、ヴォーカルのトピックスであがっていた「Blue In Green」。
 

 

 

 

皆さんは、三連休ですか?
新潟では、7月16日(土)・17日(日)は、第40回新潟ジャズストリートです。
参戦できずに、残念です。
 
んじゃ、退散♪

 

2022年7月13日 (水)

マーク・ジュリアナが『Family First』と同メンバーで新譜を出す!

 
新世代代表ドラマー、マーク・ジュリアナ。
10月にEdition Recordsから、『Family First』 と同じメンバーでカルテット3作目の新譜をだす。
 
★ the sound of listening / Mark Guiliana ★

The_sound_of_listening

 
内なる沈黙を意識したタイトル。
音響的、電子的サウンドで全体がまとめられ、思慮深く、内省的なアルバムのよう。
2019年にリリースされた『Beat Music! Beat Music! Beat Music!』とは、真逆な感じでしょうか??

1. a path to bliss 
2. the most important question 
3. a way of looking 
4. our essential nature 
5. the courage to be free 
6. everything changed after you left 
7. the sound of listening 
8. under the influence 
9. practicing silence 
10. continuation 

Mark Guiliana (ds)
Jason Rigby (ts)
Chris Morrissey (b)
Shai Maestro (p)
 

 

んじゃ、退散♪

2022年7月 3日 (日)

チャールス・ロイド、新プロジェクトの第一弾! 『Trios: Chapel (Live) / Charles Lloyd  feat. Bill Frisell Thomas Morgan』

Trios_chapel

レジェンド、チャールス・ロイド。3つのトリオによる3枚のアルバムをリリースする新プロジェクト「Trio of Trios」。
その第一弾が、ギタリストのビル・フリゼールとベーシストのトーマス・モーガンによるこのアルバム。
編成の異なる3つのトリオですが、メンバーをみたらすべてにギタリストが入っていますね。

 
オープナーは、ビリー・ストレイホーンの「Bloodcount」。あのフカフカのテナーの音色で、ゆったり、まったり、原曲のエレガントさも忘れずに。フリゼールの浮遊感は、暑さを忘れる。
オリジナル「Song My Lady Sings 」、フリゼールのイマジネーション豊かな世界が広がります。デュオもだしているフリゼールとモーガンの美しいインタープレイも、優しいテナーも聴きどころ。
キューバのシンガーソングライター、ボラ・デ・ニエベの「Ay Amor」、溢れんばかりの感情で吹き上げ、3人で創り上げる世界が心地よい。なぜかカントリーみたいでしみじみする〜
アルト・フルートで演奏するオリジナル「Beyond Darkness」、3人の濃いインタープレイ、そして、情熱的なアルト・フルート、カデンツァ。
終演は、オリジナル「Dorotea’s Studio」、ロイドの自由な発想や歌心と、フリゼールやモーガンとの相性の良さがよく出ていて、ポップでカラフルで多様な演奏。
 
各自の楽器が、それぞれの声となって、素敵なハーモニーとなっている多幸感に溢れたライブ。
ロイドは、ハッピーですよねっ!

 

1. Bloodcount 
2. Song My Lady Sings 
3. Ay Amor 
4. Beyond Darkness 
5. Dorotea’s Studio

 

Charles Lloyd (ts, a-fl)
Bill Frisell (g)
Thomas Morgan (b)

 

今日のおまけは、ご本人があげていた「Dorotea’s Studio」。

 


 

次は、「Trios: Ocean」で、ギタリストのアンソニー・ウィルソンとピアニストのジェラルド・クレイトンが共演です!

楽しみすぎるぅ!!


んじゃ、退散♪

2022年6月22日 (水)

寝付けぬ夜のお友だち『Midnight Shelter』の続編が出ま〜す♪

 
去年、夜の静寂を漂うよな音風景の『Midnight Shelter』をだした、
ヴォーカルのサシャル・ヴァサンダーニとピアノのロメイン・コリンの2人。
前作以上に親密にして静謐なアルバムを7月にリリース予定。
 
★ Still Life / Sachal Vasandani & Romain Collin ★
Still_life
 
前作の確かな手応えのもと、さらに深く追求するため新作を吹き込んだそう。
かつてないほど静かに演奏するため、最適なピアノを選び、誠実に曲と向き合うことを大事にした彼らだけの世界。
これから、蒸し暑くなる日本、、活躍しそうですよね。
 
 
1. No More Tears
2. I Love You
3. The Sound of Silence
4. I Can't Make You Love Me
5. Blue In Green
6. Freight Train
7. If Only You Knew
8. Someone Somewhere
9. Latch
10. Let It Go
11. How Could We Be
12. Washing Of The Water
 
Sachal Vasandani (vo)
Romain Collin (p)
んじゃ、退散♪

より以前の記事一覧

無料ブログはココログ