2024年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

音楽で拡がる輪

JAZZ

2024年6月15日 (土)

感情の発露もあらわにイメージ一新 『My Prophet / Oded Tzur』

My_prophet
 
1984年イスラエル・テルアビブ生まれのサックス奏者、オデッド・ツール。
インドの伝統音楽であるラーガへの深い探究心と、インドの伝統楽器バンスリなどの研究から生み出された静謐で温かいサックスの音色が特徴的。
 
ECM3作目で2年ぶりの作品は、ピアノにニタイ・ハーシュコヴィッツ、ベースにペトロス・クランパニス、ドラムに新メンバーのブラジル人のシラノ・アルメイダが参加。
全曲、彼のオリジナル。
 
 
オープナーは、夜明けをつげるような「Epilogue」。
「Child You」、次第に高揚し、雄叫びをあげるごとく感情をあらわに。
過去、「サックスのささやき」とも表現された彼だが、かなり激しい表現。
メンバーも超絶な演奏で追随。
「Through A Land Unsown」、ベースとピアノの異国抒情な演奏に誘われ現れるサックス。
嗚咽のような感情むき出しな演奏もあって惹きつけられる。
「Renata」、素朴なメロディを静かに…深い陰影で吹き上げる、ハーシュコヴィッツのピアノは存在感も大きく、2人が惹かれあっている様子がよくわかる。
「My Prophet」、「私の預言者」…スピリチュアルなものかと思ったら、前作『Isabela』で名前がタイトルになった奥様のことのようです。ようは、音楽の女神的な。。
比較的長い曲を静かに感情深く陰影のある演奏…まるで、、神への祈りのような。
終演は、「Last Bike Ride In Pparis」、アップテンポで4人の息のあった熱い演奏がつづく。
 
 
穏やかで静謐なイメージが強かったですが、時折激しい雄叫びもあげ感情の発露も顕と、イメージ一新。
求道者のような彼が、信頼できる仲間とどこまでも遠くに。
 
 
1. Epilogue
2. Child You
3. Through A Land Unsown
4. Renata
5. My Prophet
6. Last Bike Ride In Pparis
Oded Tzur (ts)
Nitai Hershkovits (p)
Petros Klampanis (b)
Cyrano Almeida (ds)
今日のおまけは、ご本人があげていた「Child You」。
 
 

んじゃ、退散♪

2024年5月22日 (水)

穏やかに…でも、静かに燃え上がる 『Mirror of the Mind / Hitoshi Nakajima 中島 仁』

Mirror_of_the_mind

 
信州在住のベーシスト中島 仁さんのファースト・アルバム『Pioggia』は、ひんやりとした北欧の哀愁を感じる抒情的なアルバムでした。
コロナ禍を挟んでの5年ぶりのセカンド・アルバムも、前回の欧州ジャズ敬愛のメンバーであるピアノに望月 慎一郎 、ドラムに橋本 学。
そして、ゲストにスウェーデン出身のサックス奏者、オーべ・インゲマールソンが4曲(1, 4, 6, 9)に参加です。


全曲、メンバーのオリジナル。
地元でライブで聴いたも素敵な空間でしたので、新作を楽しみにしていましたよ。
 

オープナーは、橋本作「Zero Jiba」、ミステリアスに始まって不思議の国に誘われる。
いくつかの場面展開があって、サックスがメロディを奏で始めると一気に視界が開ける。
幸せの風景が浮かぶ、望月作「The Little Prince」。
望月作「Glacier」、透明感あるピアノと幽玄なアルコの効果で、自然の雄大さが浮かぶ。
後半は、3者の息あった演奏で高揚!
 

タイトル曲「Mirror of the Mind」は、中島作。
サックスの雄大な響きは、さまざまイマジネーションを誘う。
郷愁を誘う1曲。
 

ベース・ソロから始まる中島作「Mañana」、メンバーが加わってトリオになった時の心豊かな気分が素敵だなぁ。
サックスとともにゆったりとした流れの中で時間がすぎていく、、橋本作「Yashima」。
中島作「Dawn」、陰影が心落ち着く、続く「Dance with Space People」も中島曲。
洗練されたピアノの響きと力強いベース、多彩なドラム。
 

終演は、望月作「Hello Again」、導入部からのの流れもクール、伸びやかなサックスのフレーズが気持ちいい。大らかな流れが気持ちいい。メンバー全員の高揚感が気持ちいい!
 

欧州ジャズにインスパイアされたメンバーと欧州のサックスが繰り広げる至福の時間。
オーべさんが入った曲、曲調がとてもオーべさんと合っていて嬉しかったです♪
3人とも、本当に素晴らしい♪
 
 
穏やかに、、でも、静かに燃えあがる!
 

1. Zero Jiba 
2. The Little Prince 
3. Glacier 
4. Mirror of the Mind 
5. Mañana 
6. Yashima 
7 .Dawn 
8. Dance with Space People 
9. Hello Again 
 

中島 仁  (b)
望月 慎一郎 (p)
橋本 学 (ds)
 

Guest
Ove Ingemarsson (ts) #1, 4, 6, 9
 

今日のおまけは、レーベルがあげていた視聴動画。
 
 
 
 
んじゃ、退散♪

2024年5月12日 (日)

35歳にして円熟味が滲み出る 『Echoes of the Inner Prophet / Melissa Aldana』

Echoes_of-_the_inner_prophet_20240511165501
チリ出身、2013年度のセロニアス・モンク・ジャズ・コンペティションで優勝、翌年メジャー・デビューしたメリッサ・アルダナ。
2022年には名門ブルー・ノートよりリーダー・アルバムをリリースした、ニューヨークのジャズ・シーンの新進気鋭のサックス奏者。

 

ブルー・ノート2作目は、彼女が大きな信頼を寄せているギタリストのラーゲ・ルンドとの共同プロデュース。
ピアノはファビアン・アルマザン、ベースはパブロ・メナレス、ドラムはクシュ・アバディ。
ウェイン・ショーターへのオマージュ曲を含む彼女のオリジナル6曲とメンバーのオリジナル2曲で全8曲。
 
オープナーは、メリッサ作で、ウェイン・ショーターに捧げた「Echoes of the Inner Prophet」、ゆったりと瞑想的。
内性的で抽象的な「Unconscious Whispers」。ルンドのギターが活躍する「A Story」。
滑らかで流暢なサックス節で語る「The Solitary Seeker」。
パブロ・メナレス作「Ritual」、ベース・ソロwp始めどこか神聖な雰囲気。
躍動感ある「A Purpose」。ミステリアスな「Cone of Silence」。
 

終演は、バンドの一体感を強く感じられるラーゲ・ルンド作「 I Know You Know」。

 

本人が、「内省的な視点を持った個人的な旅のようなもの」というこの作品。
35歳にして円熟味が滲み出る。

1. Echoes of the Inner Prophet
2. Unconscious Whispers
3. A Story
4. The Solitary Seeker
5. Ritual
6. A Purpose
7. Cone of Silence
8. I Know You Know

 

Melissa Aldana (sax)
Fabian Almazan (p)
Lage Lund (g)
Pablo Menares (b)
Kush Abadey (ds)

 
 

今日のおまけは、ご本人があげていた「Echoes of the Inner Prophet」。

 

 

んじゃ、退散♪

2024年5月 6日 (月)

めっちゃ瑞々しいサウンド! 『Fairway / eFreydut』

Fairway
 
「DUTY FREE」の文字を並び替えたというユニット名の「eFreydut」。
メンバーは、強力にグルーブする実力派ピアニスト、永武 幹子とタブラ奏者の顔も持ち、国際的に活躍するドラマー、大村 亘の2人。

今作は、そのeFreydutのデヴュー作で、ジョエル・ロスやアーロン・パークスのバンドで活躍する横浜生まれカナダ育ちのしなやかで力強いベース奏者、カノア・メンデンホールを迎えたニューヨークでの録音作品。
才能あるコンポーザーでもある永武と大村のオリジナル10曲を、2023年夏に老舗Sear Sound StudiosでNY屈指のエンジニアで録音。
 
 
オープナーは、大村曲「Savichara」、柔らかで遠い目をもったメロディ、優しいピアノの響き。
躍動感溢れる「Accismus」も大村曲、3人の息もぴったり。
星の王子様へのオマージュ、永武曲「Le Petit Prince」、優雅で孤高…美しいピアノ・トリオ演奏。
永武曲「Glow」、3人の力強く自在な演奏が魅力的。
 
完全即興「Whispering Clouds / Nimbus」、時間を忘れ浮遊感ある空間。

大村曲「Petrichor」、見えない何かがタブラによって舞い上がる。
永武曲「Not Sure」、現代感覚溢れる硬質な演奏が続く、エネルギッシュで仕掛け満載。
大村曲「Melt Dough」、スリリングでキメキメ、メリハリばっちり。
映画「ヘンリー5世」で奏でられた「Touch Her Soft Lips and Part」、淡い恋心を思わせる仄かに甘く爽やかさも残る演奏。
終演は、大村曲「Liquidity」、少し難解な雰囲気を漂わせながら流麗で厚い音風景。
 
研ぎ澄まされた感覚の、めっちゃ瑞々しいサウンドが広がる素敵な1枚。
 
1. Savichara
2. Accismus
3. Le Petit Prince
4. Glow
5. Whispering Clouds / Nimbus
6. Petrichor
7. Not Sure
8. Melt Dough
9. Touch Her Soft Lips and Part
10. Liquidity

 

永武 幹子 (p)
大村 亘 (ds, tabla)
Kanoa Mendenhall (b)
 
今日のおまけは、があげていた「Savichara」。
すっごく、大村さんらしい曲って感じます。(説明になってないけど 笑)
 
んじゃ、退散♪

2024年5月 5日 (日)

CRISS CROSSから、アントニオ・ファラオの新作が出る!

 
剛腕だけれど、優雅さも兼ね備えるイタリアの人気ピアニスト、アントニオ・ファラオ。
6月に名門CRISS CROSSから新譜が出ま〜す。
 
★ Tributes / Antonio Farao Trio ★
 
Tributes
むむ、、怖い顔のジャケットですねぇ。。

と、メンバーが、ベースがジョン・パティトゥチ、ドラムがジェフ・バラードという強力なリズム人。
これは、、期待しちゃいますよね♪
 
皇帝の最新作は如何に!!
 

1. Tributes
2. Right One
3. Shock
4. I Love You
5. Tender
6. MT
7. Memories Of Calvi
8. Syrian Children
9. Song For Shorter
10. Matrix
 

Antonio Farao (p)
John Patitucci (b)
Jeff Ballard (ds)
 
 
 
んじゃ、退散♪

2024年4月27日 (土)

『ジャズ批評 239号』がでました〜♪

『ジャズ批評 239号』がでました〜♪
 
239
特集は、ルディ・ヴァン・ゲルダー生誕100周年。
 
●●●●◎◎◎◎●●●●◎◎◎◎●●●●◎◎◎◎●●●●

 ルディ・ヴァン・ゲルダー生誕100周年 

●●●●◎◎◎◎●●●●◎◎◎◎●●●●◎◎◎◎●●●●

 

高井信成氏の「The Story of Rudy Van Gelder」をはじめ、
さまざまな形でのルディ・ヴァン・ゲルダー愛に溢れています。
 
アンケート企画で、「これがRVGサウンドだ!~RVGの音にシビれた3枚」
というのがありました。
今回は参加していませんが、私だった以下の3枚かな。。
 
『A Love Supreme / John Coltrane』
『Saxophone Colossus / Sonny Rollins』
『Speak No Evil / Wayne Shorter』

 

いつもの「新譜紹介」は4枚、「New Disc Pick Up」は2枚でした。

 
「新譜紹介」
 
Eagle's Point / Chris Potter
The Sky Will Still Be There Tomorrow / Charles Lloyd
Echoes of the Inner Prophet / Melissa Aldana
Silent, Listening / Fred Hersch
 
 
「New Disc Pick Up」
 
Limpid Flame / 纐纈 歩美
Fairway / eFreydut
 

次号(240号)は、 「銀幕の歌姫たち」を特集します。
 
んじゃ、退散♪

2024年4月20日 (土)

哀愁あるギターの響きの美しさ 「Dominic Miller @ Cotton Club 丸の内 (4/19 1st)」

Dominic Miller @ Cotton Club 丸の内 (4/19 1st)
 
Dominic_miller
 

Dominic Miller (g)
Jason Rebello (p,key)
Nicolas Fiszman (b)
Ziv Ravitz (ds)
 

ご存知、スティング・バンドのギタリストで、ECMのアーティスト、ドミニク・ミラー。
スティングだけでなく、さまざまな要人に愛されしギタリスト。
生まれ持った哀愁で、美しくギターを響かせる天才です♪
アルゼンチン出身ですが、現在はフランス在住。
今回は、去年リリースした『Vagabond』のリリース・ツアーでしたので、5年ぶりにライブに参加してきました。

メンバーは、ピアノとキーボードに、ヤコブ・カールソンでなくて、ジェイソン・リベロが入っていますが、他のメンバーはアルバムと一緒。
リベロは、スティングのバック・バンドに参加したこともあるUK在住のミュージシャン。
スティング繋がり?ですかね??

う〜ん、、最前列ど真ん中の席だったのに、、なんと、新幹線の遅れで少し、、遅刻。泣
すでに、内省的なサウンドが会場に広がっている中、、着席。ごめんなさい。m(_ _)m
まぢ、ドミニクさまの目の前でした。。本当に目の前、、m(_ _)m

ヤイリの白の小さめなクラシック・ギターで演奏。前は、黒だったやつね。
演奏中は、真横のベーシスト、ニコラス・フィッツマンと、顔を突き合わせるようにコミュをとるだけでなく、ドラマーのジヴ・ラヴィッツ、ピアニストのリベロ、、メンバー全員とアイコンタクトをとっていました。
で、他のメンバーがレギュラー・メンバーということもあったのか、、特に、ピアニストのリベロには、愛情たっぷりな雰囲気♪

あと、、熱心だけど、控えめな日本の観客にメンバーへの拍手をなん度も促してましたよ。
3曲目くらい?に、ビートルズの「Blackbird」の白熱のピアノのソロがあって、、拍手!
その後に、ドミニクさまがギターでスティングの「Shape of My Heart」のイントロを弾き始めた時には、場内から自然と拍手が湧いてました。
うん、5年前に同じ場所で聴いた時にも、この曲を弾いてくれました♪
あの曲は、あのイントロは、、彼の哀愁ある響きにぴったりですものね。

ポップで観せる要素も持っているベーシスト、自在に音の上で踊るドラマー、そして、エモーショナルなピアニスト。
全員で絶妙なバランスととりながら、素敵なサウンドを創り出していました。
ドミニクさまの右手のしなやかな動き、極上な響き、素敵なメロディ、、素晴らしい時間でした。。
 
ライブでは、内省的な曲ばかりではなく、ビートの効いたロック・テイストな曲もあり、
2回ほど、彼も立ってモニターに足をかけた決めポーズとってましたよ。(ロックとかで良くやるヤツ)
そして、アンコールでは、渋々アンコールを受けるの演技で短い曲で切り上げようとして、笑いをとってましたぁ!
もちろん、その後に、きちんと演奏してくださいました♪
 
 
いや、今回もサイン欲しかったな。前回は、写真とサインもらったんだぁ。。
で、実は、2ndセットもとっていて、途中まで聴いて退場したんです。。。新幹線の最終がダイヤ改正で早くなったんだなぁ。
 
ええと、今回も最前列の女性率の高さをご報告して、おしまいです。笑い
 
んじゃ、退散♪

2024年4月 3日 (水)

メリッサ・アルダナのブルーノト2作目がでる!

セロニアス・モンク・ジャズ・コンペティションで優勝、そしてメジャー・デビュー。
ニューヨークのジャズ・シーンの新進気鋭のサックス奏者、コンポーザーのメリッサ・アルダナが、
再び、ブルーノートから2作目をリリースする。
 
★  Echoes of the Inner Prophet / Melissa Aldana  ★
 
Echoes_of-_the_inner_prophet
 

今回は、彼女が大きな信頼を寄せているギタリストのラーゲ・ルンドとの共同プロデュース。
ピアノにファビアン・アルマザン、ベースにパブロ・メナレス、そしてドラムにクシュ・アバディのメンバー。
彼らとは、数々のツアーもこなしており、バンドとの一体感が期待できる♪
 

タイトル曲はメリッサのオリジナルで、ウェイン・ショーターへのオマージュだという。
これだけでも、めちゃ楽しみですよね。
 


1. Echoes of the Inner Prophet
2. Unconscious Whispers
3. A Story
4. The Solitary Seeker
5. Ritual
6. A Purpose
7. Cone of Silence
8. I Know You Know
 

Melissa Aldana (sax)
Fabian Almazan (p)
Lage Lund (g)
Pablo Menares (b)
Kush Abadey (ds)
 
 
んじゃ、退散♪

2024年3月17日 (日)

憧れの女性アーティストにインスパイアされた 『Elles / Youn Sun Nah』

81g1biezsal_ac_sl1500_
 

韓国出身、フランスを拠点に活躍するヴォーカリスト、ユン・サン・ナ。
1月に新譜がでていたのに、2月の終わりくらいに、、やっと、気がついた。。
 

今回は、彼女が憧れてきた女性アーティストを讃えた曲選び、米国のピアニスト、ジョン・カワードと、プロデューサーにも一部加わってもらいレコーディング。
 

オープナーは、彼女がジャズを演奏する決意をしたというニーナ・シモンの「Feeling Good」。プリペイド・ピアノが寂しく響き、彼女の歌声が切なく胸を打つ。
震える声がエモーショナルな「Cocoon」。
「I've Seen That Face Before (Libertango)」、ピアノソラの有名曲に歌詞をつけたものだけど、艶かしさが半端ない。
スタンダード「My Funny Valentine」、したり落ちるような感情の発露。
まるで、、おまじないようにような呟きから始まるサイケデリック・ロックの名曲「White Rabbit」。
胸をギュッとしめつけられる「Sometimes I Feel Like A Motherless Child」、昔、彼女の「アリラン」を聴いた時のようなソウルを感じる。
ジャズ・スタンダード「Baltimore Oriole」、パワフルに。
全編スキャットで勝負「Coisas Da Terra」、やっぱり強面もあったわ。
エディット・ピアフの名曲「La Foule」は、フランス語で力強く。
終演は「Killing Me Softly with His Song」、丁寧に丁寧に。
 

表現力抜群。
ジョン・カワードが基本的には音数すくなく寄り添い、彼女の歌の世界を支える。
声も大好きなんだなぁ。。
 
 

1.Feeling Good
2.Cocoon
3.I've Seen That Face Before (Libertango)
4.My Funny Valentine
5.White Rabbit
6.Sometimes I Feel Like A Motherless Child
7.Baltimore Oriole
8.Coisas Da Terra
9.La Foule
10.Killing Me Softly with His Song
 

Youn sun Nah (vo,kalimba,music box)
Jon Cowherd (p,fender rhodes,wurlitzer)
Tomek Miemowski (prepared piano 1,2,3)
 

今日のおまけは、ご本人があげていた「Sometimes I Feel Like A Motherless Child」。
 
 

んじゃ、退散♪

2024年3月13日 (水)

ゾーンの入ったその高揚感! 「大惨事 トリオ (中村 真トリオ)@ Jazz FLASH (3/11)」

大惨事 トリオ @ Jazz FLASH (3/11)
中村 真 (p) 落合 康介 (b) 大村 亘 (ds)
 
 
430774322_3592406784332108_1863114082834
 

第三次と打ち込むところ、変換間違いで大惨事とでたのをユーモアを交えてそのまま使っているらしい。
決め事少なく、そこに提示された音を使っていかに自然に音楽で会話できるか、、
って、いうのことらしいけど、、
それは、3人の音楽的な力と、感性の勝負、って、ことですよ。
 

基本、ピアノが弾き始めたフレーズの中に、モチーフとなる音楽が隠れている。
すぐに3人で、反応し合うこともあれば、しばらくの間ピアニストの独自のアプローチで世界を創造することもある。
素材がスタンダードであっても、誰もが分かる感じでテーマを弾くことはまず無い。
 

やがて、3人で、、即興でその場その場を作り上げていく。
誰かが出した音に、誰がどんな反応するのかスリリングな瞬間瞬間が続く。
本流に向かって集約された音が厚くなって、どんどん加速されていって、
ゾーンに入った感の、、その高揚感は半端なかった。。。
それぞれ個性的だけど、しっかり音で繋がっているメンバー。
 

ジャズ・スタンダードだけでなく、ショーターの「Infant Eyes」、80日間世界一周の「Around The World」なんてのも。
「Infant Eyes」みたいな、、美しくスピリチュアルな曲は、このトリオにぴったりで、
恐ろしいまでの美しさをかんじ、私的にはこの日の一番かなぁ、、と、思ったのですが、
凄いなぁ、と、思ったのは「Around The World」です。
のんびりゆったりお気楽なメロディを扱いながら、どこか不思議な世界をもってましたもの。
 

自分たちを追い詰めることで、新しい世界が広がるなら、って、チャレンジ精神。
いつ大惨事になっても、おかしく無い大惨事トリオ。
今回は、概ね、惨事はのがれ、大賛辞の気分でございました。
 

ということで、週明けから、大打ち上げてしまい、、備忘録となりました。m(_ _)m
皆さん、週明けからありがとうございました。m(_ _)m
マスター&女将!いつも、ありがとうございます。
 
 
 
んじゃ、退散♪
 



より以前の記事一覧

無料ブログはココログ