2022年1月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

音楽で拡がる輪

JAZZ

2022年1月23日 (日)

キット・ダウンズが、ピアノ・トリオでECMデビュー!

 
英国のピアニスト、キット・ダウンズが、自身のピアノ・トリオで2月にECMでピアノ・トリオをリリース。
キット・ダウンズは、すでに、教会でオルガンを弾いたソロのアルバム『Obsidian』と、テナー・サックス、ギター、チェロ、ドラムスなどが参加した『Dreamlife Of Debris』の2枚のリーダー作をリリースしている俊英ピアニスト&オルガン奏者、コンポーザー。
 
次回のECM作品は、ENEMYというピアノ・トリオで2018年から共演してきたベースのペッター・エルドとドラムのジェームズ・マドレンとのピアノ・トリオでECMデビュー。
 
 
★ Vermillion / Kit Downes  Petter Eldh  James Maddren ★
Vermillion
 
 
一曲公開されている「Sister, Sister」は、しなやかさと大胆さを兼ね備えた想像力豊かな演奏。
オリジナルの他に、1曲入っているジミ・ヘンドリックスの「Castles Made of Sand」は、どんな感じにカヴァーされてるのかな。
楽しみのような、、そうでないような。。ファンの気持ちってそんなもんです。笑
 
 



1. Minus Monks
2. Sister, Sister
3. Seceda
4. Plus Puls
5. Rolling Thunder
6. Sandilands
7. Waders
8. Class Fails
9. Bobbl's Song
10. Math Amager
11. Castles Made of Sand

Kit Downes (p)
Petter Eldh (b)
James Maddren (ds)

 
 

んじゃ、退散♪

2022年1月16日 (日)

サックス奏者Emile Parisien が新譜をだす!

ヤン・ラングレンの『Into the Night』で、良いお仕事をしていたフランスのサックス奏者エミール・パリジーンが、ACTレーベルから新譜を出しま〜す!
 
 
★ Emile Parisien / Louise ★
 
Louise

メンバーは、ヨーロッパで活躍するミュージシャンとアメリカで活躍するミュージシャンたち。

どいうなんでしょ、うまく、ヨーロッパとアメリカの融合!って、形になってるのでしょうか。。

ベースのジョー・マーティン、久しぶりいだわ。

なんだか、楽しみ〜♪

1. Louise (Emile Parisien) 
2. Madagascar (Joe Zawinul) 
Memento
3. Part I (Emile Parisien) 
4. Part II (Emile Parisien) 
5. Part III (Emile Parisien) 
6. Il giorno della civetta (Roberto Negro) 
7. Jojo (Emile Parisien) 
8. Jungle Jig (Manu Codjia) 
9. Prayer 4 Peace (Theo Croker) 

Emile Parisien (ss)
Theo Croker (tp)
Roberto Negro (p)
Manu Codjia (g)
Joe Martin (b)
Nasheet Waits (ds)
 
んじゃ、退散♪

2022年1月10日 (月)

1月15日(土)は、第39回新潟ジャズストリートです!

1月15日(土)は、第39回新潟ジャズストリートです!
 
Njs_39

 
今回も、コロナ禍の開催です。
くれぐれも、自身での感染対策をお願いします!
 


2021年1月15日(土)「第39回新潟ジャズストリート~デューク・エリントン・メモリアル~」

 
会 場 古町・駅南地区22会場
料 金 フリーパスチケット1000円(中学生以下無料)
時 間 12:00~23:00(演奏時間は会場により異なります)
ライブ数 131組(コンボ123組、学生ビッグバンド4組、社会人ビッグバンド3組、団体1組)
出演者数 668名(コンボ486名、学生ビッグバンド113名、社会人ビッグバンド54名、団体15名)
 
 
 
 
一度、下がったコロナの感染者数ですが、このところオミクロン株の出現と年末年始の人の移動で、やはり増えている傾向にありますね
私は、身内の大切な集がありまして、残念ながら参加できそうにありませんが、参加の皆さんは、感染万全でね。
雪が降らないといいですね。
参加されるミュージシャンの皆さま、いい演奏して、美味しいものをたくさん食べて、、充実したジャズストリートにしてください!
 
 


んじゃ、退散♪

2022年1月 9日 (日)

白と黒からの熱気 映画「Jazz Loft ジャズ・ロフト」@ シネ・ウインド (1/14まで)

映画「Jazz Loft ジャズ・ロフト」

Jazz_loft
 
 
監督 サラ・フィシュコ(Sara Fishko)
撮影監督 トム・ハーウィッツ(Tom Hurwitz)
 
出演
Sam Stephenson 、Carla Bley、Steve Reich、Bill Crow、David Amram、Jason Moran、Bill Pierce...etc.
写真/声のみ
Thelonious Monk、Zoot Sims、Hall Overton
 
 
写真家ユージン・スミスの、4千時間にも及ぶ大量の私蔵テープを元に、 ニューヨーク6番街821番地のロフトを中心に、有名無名を問わず日夜入れ代
 
わり立ち代わりで現われるジャズ・ミュージシャンの演奏と写真をまとめ上げた全89分。
写真家として名を馳せるもの、戦争で心身に傷をおったスミスは、家族を捨ててニューヨクのロフトに移り住む。
そして、8年もの間、部屋中に録音用の配線を張り巡らせ四六時中あらゆる音を録音し、何千枚もの写真を撮り続けた。
 
ジャズは拡張期で、演奏する場所を求めて集まるミュージシャンたちは、凄まじい熱気を持っており、その圧倒的な存在感、刹那的な生き様にスミスも影響されていく。

家族も含め様々な世の中の軋轢から逃げていた彼自身も、次第に新たな人生に立ち向かう気持ちが湧いてくる。そして、世界への「水俣病」の告発となっていく。

映画の中の音は、ざらついていて生なましい。レコードのようにチリを掃き落とした綺麗な音ではない。でも、今は、大物ミュージシャンとなった人たちの若き日々のエネルギーが溢れ出ている。難しいことは無しにして、そのパワーの凄さを感じ取ることができる。
ズート・シムズの心ときめくフレーズ、セロニアス・モンクとホール・オーヴァトンの一ミリも妥協のないリハ風景、どれも心が動く。
 
 
多くの写真の間に挟まれる現代での証言も、「クレイジー」な時代だったことを思わせるが、当人達はまったく悪気がない。
白黒の写真に、埋め込まれた時代の熱気をむんむん感じる一方で、スミス自身のポートレイトには、どこか寂しさが漂う。
大量の音と写真は、彼の心の穴を埋めることができたのだろうか。。
 

新潟のシネ・ウインドでは、1月14日までの上映です。ぜひ!
 
今日のおまけは、映画の予告。
 
 

 
 
んじゃ、退散♪

2022年1月 5日 (水)

お疲れの貴方に 『Lonely Girl - I Remember Julie / Petra van Nuis』

Lonely_girl_i_remember_julie
 
シカゴで活躍するヴォーカリスト、ペトラ・ヴァン・ナウス。
公私のパートナーであるギタリストのアンディ・ブラウンとのデュオで、
恋の切なさをしっとり歌い上げたジューリー・ロンドンとアル・ヴィオラの名盤『Lonely Girl』にリスペクトした作品。
 
オープナーは、タイトル曲「Lonely Girl」、ナチュラルでチャーミングな魅力で切々と語る。
美しいギターのアルペジオが、彼女のよりほのかに輝かせる。
小粋に「Trav'lin' Light」、切なく語る「You've Changed」。
キュートに「The End of The World」、嫌味なく「Something Cool」。
意外な明るさに救われる「Here's That Rainy Day」、さらりと少しブルーに「Meaning of The Blues」。
ちょっと、斜に構えて「Blues In The Night 」、ソロ・ギターが堪能できる「It Never Entered My Mind」。
情感たっぷりな「 I Should Care」、二人の会話が素敵な「Baby, Won't You Please Come Home?」。
穏やかに、でも少し切なく「Spring Can Really Hang You Up The Most 」。
終演は、ジューリー・ロンドンの十八番だった「Cry Me a River」、すっきりと。
 
トーチ・ソング集ですけれど、優しく、エレガントな歌とギターに癒されます。
しっとりとロマンチックな時間…お疲れの貴方に。
 
 
1.  Lonely Girl
2. Trav'lin' Light
3. You've Changed
4. The End of The World
5. Something Cool
6. Here's That Rainy Day
7. Meaning of The Blues
8. Blues In The Night
9. It Never Entered My Mind
10. I Should Care
11. Baby, Won't You Please Come Home?
12. Spring Can Really Hang You Up The Most
13. Cry Me a River
 
 
Petra van Nuis  (vo)
Andy Brown  (g)
 
 
今日のおまけは、ギタリストがあげていた2017年のデュオ。
このアルバムとは、関係ないライブなのですが、基本こんな感じです。
 
 
 
お休みが終わりました。
2022年が動き出しましたね。
 
 
んじゃ、退散♪

2022年1月 3日 (月)

『Eberhard / Lyle Mays』を聴きながら「☆ 2022年 たった一つの願いこと☆」

 
2022年もよろしくお願いします。m(_ _)m

 ★今年は壬寅で〜す★

そうです、寅年ですよ!元気に力強く歩んでいきましょう。



冒頭を飾るのは、去年の9月にやってきて、ブログ・アップしそこなったアルバムです。

『Eberhard / Lyle Mays』
 
Eberhard
2020年の2月10日に亡くなったライル・メイズの遺作です。
13分に及ぶ「ミニ・シンフォニー」。
タイトルは、PMGにも参加したことがあり、彼らの音楽にも多大な影響を与えたECMのレジジェンド・ベーシスト、エバーハルト・ウェーバーへのオマージュです。
2009年に書き上げられ、2019年からライルが加筆して、2019年後半にライル・メイズと親交のある奏者たちとで録音されたとのことです。
 
 
マリンバの音に始まり、光に包まれるように現れるのが彼のピアノ。
ゆったりとメロディを奏でるエレベ、ピアノと会話しているように静かに進む。
やがて、透明感のある歌声が聞こえてくると、ますます、非現実的な天上界の音楽に。
気がつくと、ベースがアコースティック・ベースへ変わっており、打楽器が大きな高揚感の波を運んでくる。
ギターとオルガンが加わって、どこか懐かしさを覚えながら、音楽を胸いっぱいに吸い込みたくなる。
さまざまな音が重なり、大きく盛り上がる中、テナー・サックスが終演に向かって情熱を注ぐ。
再び、マリンバが静かな時間を創り出し、夕闇に光が消えゆくように終演。
 
一言、「美しい!」
 
1. Eberhard
 
Lyle Mays (p, syn)
Bob Sheppard (ts, fl, a-fl, cl, b-cl)
Mitchel Forman (wurlitzer el-p, hammond B3 org)
Steve Rodby (ac-b)
Jimmy Johnson (el-b)
Alex Acuña (ds, perc)
Jimmy Branly (ds, perc)
Wade Culbreath (mar, vib, orch-bells, xyl, tone-bells)
Bill Frisell (g)

Aubrey Johnson (vo)*
Rosana Eckert (vo)
Gary Eckert (vo)
Timothy Loo (vc)*
Erika Duke-Kirkpatrick (vc)
Eric Byers (vc)
Armen Ksajikian (vc)
 
 
今日のおまけは、彼の仲間があげたトレラー。
意図的にだとおもうのですが、ライル・メイズは後ろ姿しかでてきません。。
でも、アルバムを開くとライル・メイズが知的な微笑みを浮かべてこちらを見ていますよ。
 


最後に、
☆ 2022年 たった一つの願いこと☆

それは、去年と同じ!!コロナ禍の収束です。

 

今年も皆さまが、安全であることを祈ってます。
どなた様も、どうか健康でご無事であられますように!

今年もどうぞよろしくお願いいたします!m(_ _)m
んじゃ、退散♪

2021年12月26日 (日)

『ジャズ批評 225号』がでました〜♪

『ジャズ批評 225号』がでました〜♪
 
225
 
特集は、
●●●●◎◎◎◎●●●●◎◎◎◎●●●●
 
「バラードならこれを聴け!」
 
●●●●◎◎◎◎●●●●◎◎◎◎●●●●
 
沢山の方の「推し」のバラッドが載っています。
私も参加したのですが、、一人3曲、、って、悩みますよねぇ。。
なので、私は自分で「クリスマス」という縛りをつけました。笑
演奏は、上から女性ヴォーカル、男性ヴォーカル、そして、インストです。
 
「Christmas Cheer」
「The Christmas Song」
「Christmas Time Is Here」
 
もちろん、どのアルバムでの誰の演奏かも書いてあります!
 
 
いつもの「新譜紹介」は、5枚でした。
 
 
 
 
 
 
次号は、恒例のマイベストの特集です。
2021年、ご自身のベストを投稿してください!
ぜひ、ご参加くださいね♪
 
んじゃ、退散♪



2021年12月22日 (水)

ウォルター・ラング氏を偲んで。。

Walter_lang
 
 
少し前に、福盛進也さんのツイートで知りました。

ドイツのベテラン・ピアニスト、ウォルター・ラング氏が12月16日に鬼籍にはいったそうです。

60歳、人の死に、早いも遅いもないとはおもうのですが、精力的に音楽活動を行なっていると思っていたので、とても、びっくりしました。

その澄んだ美しい音色、優しく包み込むようなフレーズ、ロマンチシズムに溢れたピアニストだとおもいます。
 
 
一度、新潟のジャズ・フラッシュで、最前列、目の前で聴いたことがあります。

演奏はもちろんですが、とても優しいお人柄でした。

 


確か、、その公演の前年に、ジャズ・フラッシュに行くと、女将さんが

「ウォルター・ラングって、ピアニスト、知ってる??」

って、聞くので、、

「知ってる、知ってる、来るの????」

って、尋ねたら、、

「ご自分で、コンタクトをとってきたのだけど、、」

でも、残念ながら、、その年はうやむやに、、なってしましました。

ところが、翌年ですよ、

「すっずくさん!ウォルター・ラングさん、ウォルター・ラング・トリオで来るわよ!!」

って。。
当然、ライブに参加、最前列で楽しみ、打ち上げにも少しだけ参加させてもらったのです。
 
Walter_lang2
 
( 顔がないのが私です。 ジャズ・フラッシュのマスターと女将さんとトリオの皆んなで記念撮影)
 
 
透明感あふれるピアノと超メロディアスなトーマス・マークソンのベースは、双頭の如く裏に表に演奏を紡いでいき、しなやかに軽やかに彩り豊かに色づけしてくマグナス・オストロムにも目を奪われました。
静と動のバランスも良く、ヒートアップして爆破状態になったときのトリオの一体感も半端なかった!
本当に夢のようだった。。
そして、もう、彼の演奏を聴くことは叶わぬ夢となってしまいました。
 
彼を偲んで、このライブの時にリリースされたアルバムを聴きます。
 
★ Pure / Walter Lang Trio ★
 
Pure
 
まさに、ピュアな音風景。
そして、、「Sad Song」が胸に沁みます。。。
 
1. Branduardi
2. Always and Forever
3. Little Brother
4. Meditation in F min
5. 2 You
6. Sad Song
7. You Must Believe in Spring
8. Half Moon Bay
9. Phases
10. Who Can I Turn To
11. Meditation in Bb min

Walter Lang (p)
Thomas Markusson (b)
Magnus Öström (ds)
 
 
 
2020年にはトリオで『Tens / Walter Lang Trio』、今年2021年にはギターとデュオで『Cathedral / Philipp Schiepek & Walter Lang 』とリリースし、精力的に音楽活動をおこなっていたのに。。
 
私には、願いがあって、それは彼にクリスマス・アルバムをつくってもらうことでした。
クリスマス・アルバムの演奏に、こんなにぴったりなピアニストは居ないと心から思っていたのに。。
 
ご病気だったようですね。
とてもとても残念で悲しいです。
心からお悔やみを申し上げます。
どうぞ、安らかにお眠りください。
 
Suzuck



2021年12月20日 (月)

心温まる時間 「Fabio Bottazzo & 田中 トシユキ デュオ・ライブ @ 砂丘館 (12/18)」

Fabio Bottazzo&田中 トシユキ デュオ・ライブ @ 砂丘館 (12/18)
Fabio Bottazzo (g)  田中 トシユキ (acc)

 

Fabiotoshiyuki
 
毎年、来ている砂丘館のクリスマ・ライブ。
今年は、お友だちと参加て嬉しいです!
砂丘館は、日本銀行新潟支店の旧支店長役宅。現在は、新潟市が取得し一般公開されてます。
「独自の視角による「自主企画展」を柱に、音楽、舞踊、芸能などの「芸術文化の催し」、季節のしつらいや日本の伝統に親しむ「生活文化の催し」などの自主事業をおこなうほか、伝統ある空間を一般にも開放(貸出し)しています。」(砂丘館のホームページより)
今回の催しも、砂丘館が主催で、歴史と趣のある和室で、日本庭園を眺めながらのジャズ・ライブ。
 
お二人の入場。
ん?今年は、田中さんが、アコーディオンしか持って来てない!
毎年、たくさんの楽器を周りにならべ、取っ替え引っ替え」の奮闘も見ものなのですが。。
曰く「アコーディオンを新調したので、今年はこれ一本で!」
それは、それでお手並み拝見ですよね。
オープニングは、みんなが知ってる「Sleigh Ride」、途中、3拍子になったりして楽しさ満載。
2曲めもクリスマス曲で、大好きな「Christmas Time Is Here」。叙情ある、しっとりと美しい演奏にうっとりです。アコーディオンとギターのヴァージョン、なかなか、良いですねぇ。。
次は、「二人でお茶を」のヴィンセント・ユーマンスが1920年代に作った曲だそうです。タイトルは忘れちゃったんですが、長閑な雰囲気の素敵な曲でした。
ファビオさんの名曲「Dondolando」、哀愁のあるメロディをシングルノートで紡いでいき、アコーディオンが優しい彩りを添える。。
ファースト・セットの最後は、アストル・ピアソラの「Libertango」。ボタン式のアコーディオンの技を駆使して!ファビオさんは、ボディー・パーカッションもいれたり、熱い演奏。
 
休憩中には、焼き栗の話もありましたよ。
イタリア人にとって、焼き栗と赤ワインは、家族や大切な人との想い出の味。
 
セカンド・セットの1曲目は、その焼き栗の聖人?サン・マルチーノにちなんだファビオさんオリジナルのサンバ。
続いては、田中さんのオリジナル、旅のイメージがある「山の下」。山の下は新潟の海近いところにある町の名前です。
二人の作り出すポリリズム、なんだかとても不思議な曲「Zambia」、打楽器のような音もはいったりと、二人で大変そう。。チャレンジャー!
ファビオさんが、ちょうど一年前につくった「Andiamo Avanti!  前へ進もう」、明るく陽気で、楽しいフレーズが入った曲。
終演は、シャンソンでエディット・ピアフの「Le chemin des forains 旅芸人の路」、繰り返すフレーズの中に小さな変化を感じる人生の歌、シャンソンは深いなぁ。
 
そして、アンコール。。

毎年、クリスマスの季節に開催するけど、クリスマス曲は少なめ。
でも、イタリア焼き栗につられて、、毎年、参加しています。笑
2人の阿吽は、今更いうことでもないのだけど、、
やっぱり、目の前にすると神業にみえる。
演奏の合間に、田中さんはアコーディオンを語る、ファビオさんはギターを語る、、
楽しい時間をすごしましたよ、心温まるライブでした。

おりからの寒波、、でも、やっぱり、このライブは冬らしくないとね!
ミュージシャンのお二人、砂丘館の皆さま、どもうもありがとうございました。m(_ _)m
そして、ぽろたんの焼き栗、とても美味しかったです。
 
んじゃ、退散♪
 

2021年12月19日 (日)

旅する音楽、ソロ・ヴァージョン  「仲野 麻紀 @ 沼垂ビアパブ (12/17)」

旅する音楽、ソロ・ヴァージョン 仲野 麻紀 @ 沼垂ビアパブ (12/17)
仲野 麻紀 (as, metal-cl, vo, calimba )
 
Maki_nakano
 
 
アルトサックスとクラリネットをメインのマルチ奏者、そして歌も歌ってしまう仲野 麻紀さん 。
私は、新潟で2017年の器2018年のジャズ・フラッシュで聴いて、魅力的な生き方もあって大ファン。
フランスで20年以上活動してきた彼女が、今回初の完全ソロ・アルバム『OPEN RADIO』を出した。そのリリース・ツアーも兼ねて日本全国を独りで周っていて、新潟にも寄ってくれました。
 
昨夜は、寒波襲来でで生憎のお天気、、新潟市内は雪こそ少なかったのですが、、
風が強くて、傘が刺せない状態。雪の前は雨だったので、、出かけるには勇気のいる日でした。。行きはバスだったけど、帰りはタクシーになったわ。
 
沼垂ビアパブは、できたてクラフト・ビールが堪能できる沼垂ビアパブ。
常時、8種類くらいのクラフトビールをお手頃な価格で提供してくれています。
古民家を改造した、味わいのあるお店なのですが、週末なのでライブも積極的に入れています。
ライブに付くドリンクも、自慢のクラフト・ビールも選択できるお得なハコです。
開場時間に少し前についたのですが、すでに麻紀さんファンが何組か、、。
なので、空いてた最前列に。笑
 
オープナーは、十八番ともいえるエリック・サティの「Gymnopedies No.1」をアルトで。
根っこにあるには、ジャズ、もともとバリバリのジャズの人なんだそうだけど、サティに惹かれるって。
サティは、ジャズ界でもいろいろな人が取り上げていますよね。
彼女のサティは、単にあの時間がとまったような間合いを取り上げているだけでなく、もっと、臨場感あるっていうか、、生命力感あるっていうか、、生きているサティ。
 
ケルト文化の残るブルターニュ地方の曲で新譜にも入っていた「Duhont'ar ar mane 」、哀愁あるメロディをメタル・クラリネットで。
アルトで循環呼吸のテクニックを使ったインプロ的な演奏、新譜のボーナストラックに入っていたが、現代ジャズでは、珍しいテクニックではないのだが、目の前で聴くとやっぱり圧巻!
淡々と歌い奏でるトルコ民謡「ウスクダラ」、私はどこにいるんだろう。。
ファースト・セットの終演は、新潟にリスペクトした曲とのことで。デューク・エリントンの「Caravan」、唸るようにはじまったキャラバンは、鬼滅の刃の無限列車!のスリル。
 
15分休憩、もちろん、残ってたビールでぼんやり過ごす。
なんで、今日に限ってCDを持ってくるのを忘れたんだろうなぁ。。泪
 
 
セカンド・セットのオープナーは、2011年の震災の時から歌っているという「大量歌い込み」、フリー・ジャズのアプローチから入って、静かに歌う、メタル・クラリネットが尺八のように聴こえてきて沁みる。
ヤン・ピタール曲「Un oeil, une histoire」、郷愁さるフレーズの繰り返しが深い。
ちょっと明るく、シャボンがはじけるようにはじまった新譜にはいってる「陰陽師」を含むメドレー、タンギグを多要したり、カリンバ?が可愛い音色も添えていた。
続いても新譜にある「風の声」、とても動きのある演奏で、次々に風景が変わっていく感じがした。
終演は、アルトの美声が魅力的なエジプト?の曲。異国情緒に誘われ官能的、熱演でした!
 
アンコールは、なんと「枯葉」、ご存じのようにこの曲はシャンソンですよね。
もちろん、歌付きで、抒情あふれる演奏。
でもジャズのレジェンド、マイルスをリスペクトしたアレンジ、大喝采!
 
いろいろな曲で、最初に出した音を後ろでループさせて変化をつけたり、
ヴォーカルを効果的にいれたりと、独りでできることはなんでもする勢い。
 
相変わらず?感情移入たっぷり、官能的&妖艶な内容。
そもそも、しゃべりの声が艶っぽいんだなぁ。
そして、楽器でインプロビゼーションを縦横無尽に展開していく。
いや、今回も参りました。m(_ _)m
 
新譜『OPEN RADIO』は、ブルターニュの民謡「Duhont'ar ar mane 」を除いて感銘を受けた書籍のタイトルがついた彼女の曲が並びます。楽器もたっくさん、つかって多重録音もしています。
ぜひ、聴いてみてくださいね
 
 
Oppeen_radio
 
 
樋口さん、ご案内いただきありがとうございました。
佐渡の演奏も凄かったんだろうなぁ。。
 
んじゃ、退散♪



より以前の記事一覧

無料ブログはココログ