2024年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

音楽で拡がる輪

« デヴィッド・サンボーンを偲んで… | トップページ | 感情の発露もあらわにイメージ一新 『My Prophet / Oded Tzur』 »

2024年5月22日 (水)

穏やかに…でも、静かに燃え上がる 『Mirror of the Mind / Hitoshi Nakajima 中島 仁』

Mirror_of_the_mind

 
信州在住のベーシスト中島 仁さんのファースト・アルバム『Pioggia』は、ひんやりとした北欧の哀愁を感じる抒情的なアルバムでした。
コロナ禍を挟んでの5年ぶりのセカンド・アルバムも、前回の欧州ジャズ敬愛のメンバーであるピアノに望月 慎一郎 、ドラムに橋本 学。
そして、ゲストにスウェーデン出身のサックス奏者、オーべ・インゲマールソンが4曲(1, 4, 6, 9)に参加です。


全曲、メンバーのオリジナル。
地元でライブで聴いたも素敵な空間でしたので、新作を楽しみにしていましたよ。
 

オープナーは、橋本作「Zero Jiba」、ミステリアスに始まって不思議の国に誘われる。
いくつかの場面展開があって、サックスがメロディを奏で始めると一気に視界が開ける。
幸せの風景が浮かぶ、望月作「The Little Prince」。
望月作「Glacier」、透明感あるピアノと幽玄なアルコの効果で、自然の雄大さが浮かぶ。
後半は、3者の息あった演奏で高揚!
 

タイトル曲「Mirror of the Mind」は、中島作。
サックスの雄大な響きは、さまざまイマジネーションを誘う。
郷愁を誘う1曲。
 

ベース・ソロから始まる中島作「Mañana」、メンバーが加わってトリオになった時の心豊かな気分が素敵だなぁ。
サックスとともにゆったりとした流れの中で時間がすぎていく、、橋本作「Yashima」。
中島作「Dawn」、陰影が心落ち着く、続く「Dance with Space People」も中島曲。
洗練されたピアノの響きと力強いベース、多彩なドラム。
 

終演は、望月作「Hello Again」、導入部からのの流れもクール、伸びやかなサックスのフレーズが気持ちいい。大らかな流れが気持ちいい。メンバー全員の高揚感が気持ちいい!
 

欧州ジャズにインスパイアされたメンバーと欧州のサックスが繰り広げる至福の時間。
オーべさんが入った曲、曲調がとてもオーべさんと合っていて嬉しかったです♪
3人とも、本当に素晴らしい♪
 
 
穏やかに、、でも、静かに燃えあがる!
 

1. Zero Jiba 
2. The Little Prince 
3. Glacier 
4. Mirror of the Mind 
5. Mañana 
6. Yashima 
7 .Dawn 
8. Dance with Space People 
9. Hello Again 
 

中島 仁  (b)
望月 慎一郎 (p)
橋本 学 (ds)
 

Guest
Ove Ingemarsson (ts) #1, 4, 6, 9
 

今日のおまけは、レーベルがあげていた視聴動画。
 
 
 
 
んじゃ、退散♪

« デヴィッド・サンボーンを偲んで… | トップページ | 感情の発露もあらわにイメージ一新 『My Prophet / Oded Tzur』 »

JAZZ」カテゴリの記事

コメント

望月慎一郎はいいですねぇ・・・最近知りました。
勿論、中島仁のベースもいただきです。(笑)
私的にはtsはムードが変わってしまって、無くても良いのですが・・・(好みですから、それを言うと叱られそうですのでこのくらいに)
しかしジャズも欧州によってやはり一つの世界が開かれていますね。大歓迎です。

風呂井戸さま、コメントをありがとうございます。

>tsはムードが変わってしまって、無くても良いのですが

そういう意見があっても良いとおもいますよ。
実際にサックスの存在感は否定できませんから。

ただ、メンバーの方々がオーべ・インゲマールソンを、
北欧ジャズをリスペクトした結果だとおもいますし、これでもいいのかなぁ、と。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« デヴィッド・サンボーンを偲んで… | トップページ | 感情の発露もあらわにイメージ一新 『My Prophet / Oded Tzur』 »

無料ブログはココログ