2024年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

音楽で拡がる輪

« めっちゃ瑞々しいサウンド! 『Fairway / eFreydut』 | トップページ | デヴィッド・サンボーンを偲んで… »

2024年5月12日 (日)

35歳にして円熟味が滲み出る 『Echoes of the Inner Prophet / Melissa Aldana』

Echoes_of-_the_inner_prophet_20240511165501
チリ出身、2013年度のセロニアス・モンク・ジャズ・コンペティションで優勝、翌年メジャー・デビューしたメリッサ・アルダナ。
2022年には名門ブルー・ノートよりリーダー・アルバムをリリースした、ニューヨークのジャズ・シーンの新進気鋭のサックス奏者。

 

ブルー・ノート2作目は、彼女が大きな信頼を寄せているギタリストのラーゲ・ルンドとの共同プロデュース。
ピアノはファビアン・アルマザン、ベースはパブロ・メナレス、ドラムはクシュ・アバディ。
ウェイン・ショーターへのオマージュ曲を含む彼女のオリジナル6曲とメンバーのオリジナル2曲で全8曲。
 
オープナーは、メリッサ作で、ウェイン・ショーターに捧げた「Echoes of the Inner Prophet」、ゆったりと瞑想的。
内性的で抽象的な「Unconscious Whispers」。ルンドのギターが活躍する「A Story」。
滑らかで流暢なサックス節で語る「The Solitary Seeker」。
パブロ・メナレス作「Ritual」、ベース・ソロwp始めどこか神聖な雰囲気。
躍動感ある「A Purpose」。ミステリアスな「Cone of Silence」。
 

終演は、バンドの一体感を強く感じられるラーゲ・ルンド作「 I Know You Know」。

 

本人が、「内省的な視点を持った個人的な旅のようなもの」というこの作品。
35歳にして円熟味が滲み出る。

1. Echoes of the Inner Prophet
2. Unconscious Whispers
3. A Story
4. The Solitary Seeker
5. Ritual
6. A Purpose
7. Cone of Silence
8. I Know You Know

 

Melissa Aldana (sax)
Fabian Almazan (p)
Lage Lund (g)
Pablo Menares (b)
Kush Abadey (ds)

 
 

今日のおまけは、ご本人があげていた「Echoes of the Inner Prophet」。

 

 

んじゃ、退散♪

« めっちゃ瑞々しいサウンド! 『Fairway / eFreydut』 | トップページ | デヴィッド・サンボーンを偲んで… »

JAZZ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« めっちゃ瑞々しいサウンド! 『Fairway / eFreydut』 | トップページ | デヴィッド・サンボーンを偲んで… »

無料ブログはココログ