2024年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

音楽で拡がる輪

« 35歳にして円熟味が滲み出る 『Echoes of the Inner Prophet / Melissa Aldana』 | トップページ | 穏やかに…でも、静かに燃え上がる 『Mirror of the Mind / Hitoshi Nakajima 中島 仁』 »

2024年5月15日 (水)

デヴィッド・サンボーンを偲んで…

デヴィッド・サンボーンが鬼籍に入ったそうです…


5月12日に、前立腺癌に伴う合併症により78歳でお亡くなりになったそうです。
エモーショナルで、官能的で、「泣きのサンボーン」とも呼ばれる米国出身のアルト・サックス奏者。
 

幼少期に小児麻痺にかかり、そのリハビリでアルト・サックスを医師に勧められたのが、
アルト・サックス奏者になるきっかけ、、というのは、ジャズ・ファンの間では有名なお話。
 

昔、ギル・エヴァンス・オーケストラが好きだったので、
あの不思議なハーモニーの中で個性的でキレッキレのソロを吹いていたサンボーンさまを聴こうと『Priestess / Gil Evans』をターン・テーブルに置きました。
A面を20分近いタイトル曲がしめるすっごいレコードなんだなぁ。
サンボーンさまはじめ、アーサー・ブライス、ジョージ・アダムス、ルー・ソロフ、我らがギルさまを敬愛するメンバーが勢揃い。
皆んなすごくて、なんだかサンボーンさまの追悼から外れてしまった気分。m(_ _)m
 

と、いうことで、良く観ている動画をあげますね。
ジミ・ヘンドリックスの「Little Wing」が好きなせいもあって、宅飲みで酔うとよく観てます。
エリック・クラプトンとシェリル・クロウが見守る?なかで、何かに憑かれたようにサックスを吹きまくるサンボーンさまをどうぞ。
 
 
 
 

2:23あたりから、クラプトンと掛け合いが始まり、次第にサンボーンさまの絶叫状態に!
クロウ姉さんとか、「どうしたの、デヴィッド?」って、感じで笑い出す始末。
でも、サンボーンさまの顔は真剣そのもの、周りは見えてなく渾身の演奏を続けます。
流石にその後、クラプトンたちが主導権を奪取し、(どこまで行くか聴いてみたかった気もしますが、、汗)
「アレっ?」みたいに天使の笑顔に戻るサンボーンさま。
 
ステージで何かが舞い降りた人、何かに取り憑かれた人、、でしたね。
素晴らしい演奏と笑顔をありがとうございました。m(_ _)m
 
長い闘病生活だったようです。
どうぞ、安らかにお眠りください。合掌

« 35歳にして円熟味が滲み出る 『Echoes of the Inner Prophet / Melissa Aldana』 | トップページ | 穏やかに…でも、静かに燃え上がる 『Mirror of the Mind / Hitoshi Nakajima 中島 仁』 »

JAZZ(Born In The U.S.A. )」カテゴリの記事

コメント

とても素敵な追悼の言葉と映像でした。

pikapikaさま、コメントをありがとうございます。m(_ _)m

一度観たら、、忘れられない映像ですよね。

Suzuckさん,こんばんは。

やはりDavid Sanbornを追悼するにはリーダー作のみならず"Priestess"も必須だということで,私も記事にしてしまいました。やっぱりここでのソロはぶっ飛んでましたね。

ということで,当方記事のリンクを貼り付けさせて頂きます。
https://music-music.cocolog-wbs.com/blog/2024/05/post-1288c0.html

閣下、コメントとリンクをありがとうございます。m(_ _)m

サンボーンさまは、幅広い分野で活躍されていたので、
いろいろと絞るのは難しいとおもいました。
が、、

>"Priestess"も必須
御意。
皆さん、すごかった凄い演奏でしたね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 35歳にして円熟味が滲み出る 『Echoes of the Inner Prophet / Melissa Aldana』 | トップページ | 穏やかに…でも、静かに燃え上がる 『Mirror of the Mind / Hitoshi Nakajima 中島 仁』 »

無料ブログはココログ