2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

音楽で拡がる輪

« 憧れの女性アーティストにインスパイアされた 『Elles / Youn Sun Nah』 | トップページ | アコースティックとエレキをうまく使い分けた 『Speak to Me / Julian Lage』 »

2024年3月24日 (日)

どの曲も彼女の佇まいにぴったり 『Stealing Moments / Viktoria Tolstoy』

Stealing_moments_20240324160401


 

 

あの文豪の血を引くロシア系スウェーデン人のジャズ歌手ヴィクトリア・トルストイ。
ACT デビューからちょうど20 年ということで、「ファミリー(音楽の仲間)」と一緒に創りあげたアルバムがリリースされました。
 

プロデューサーのニルス・ランドグレンの他、イーダ・サンド、ヴォルフガング・ハフナー、セシリエ・ノルビー、ラース・ダニエルソン、イイロ・ランタラ、ヤン・ルンドグレンといったベテランミュージシャンといった、長年の友人や仲間たちが、、「彼女念頭」に置いた曲を書き下ろした意欲作。
そして、故エスビョルン・スヴェンソンのインストゥルメンタル曲で「Hands off」も収録!
 
 

オープナーの「A Love Song」、アコースティック・ギターが抒情を深め、胸に感情が流れ込む。
一転、明るくノリのよい「Good and Proper End」、ポップで軽やか「Wherever You're Going 」。
全編に清々しい空気感が流れる「Hands off」、お見事。
コンテンポラリー感覚溢れるギターと繊細なピアノの駆け引きとジャズ感覚が強い「Summer Kind of Love」。
しっとりと情感たっぷりな「I Don't Wanna Lose You 」、彼女の声の魅力をたっぷり味わえる「License to Love 」。
ポップで優しい力強さの溢れた「What Should I Do」、「Synchronicity」たんたんとした中の説得力。
終演はは、タイトル曲「Stealing Moments 」、しっとりしたギターとの対話も心地よく、インティメイトな時間。
 


ロマンティックで癒しの時間が過ごせます。。
豪華なメンバーから寄せられた曲が、どの曲も彼女の佇まいにぴったり。
レギューラーメンバーとのやりとりも、とても、インティメイトな雰囲気。
本当に魅力的で素敵なヴォーカリストですね。
 


1. A Love Song (Nils Landgren)
2. Good and Proper End (Iiro Rantala, Anna Alerstedt)
3. Wherever You're Going (Ida Sand)
4. Hands off (Esbjörn Svensson, Eva Svensson)
5. Summer Kind of Love (Jan Lundgren, Hanna Svensson)
6. I Don't Wanna Lose You (Ida Sand)
7. License to Love (Lars Danielsson, Caecile Norby)
8. What Should I Do (Ida Sand)
9. Synchronicity (Wolfgang Haffner, Anna Alerstedt)
10. Stealing Moments (anna alerstedt)
 

Viktoria Tolstoy (vo)
Joel Lyssarides (p exc #1, key #1, 8, 9, 10, celeste #3)
Krister Jonsson (el-g exc #1, ac-g #1)
Mattias Svensson (b exc #1)
Rasmus Kihlberg (ds exc #1, perc #6, 8, 9)
 
 
今日のおまけは、ご本人があげていた「Stealing Moments 」。
 
 
んじゃ、退散♪
 

« 憧れの女性アーティストにインスパイアされた 『Elles / Youn Sun Nah』 | トップページ | アコースティックとエレキをうまく使い分けた 『Speak to Me / Julian Lage』 »

JAZZ(Far North )」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 憧れの女性アーティストにインスパイアされた 『Elles / Youn Sun Nah』 | トップページ | アコースティックとエレキをうまく使い分けた 『Speak to Me / Julian Lage』 »

無料ブログはココログ