2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

音楽で拡がる輪

« ロマンティックが止まらない…『Vol. 1 / Chris Botti』 | トップページ | 想像不可能…ソロではありえない音風景 「Pat Metheny Dream Box Solo Tour @ 新潟市民劇場 りゅーとぴあ (1/16)」 »

2024年1月14日 (日)

まるで雪景色のよう 『Strands: Live at the Danish Radio Concert Hall / Palle Mikkelborg   Jakob Bro    Marilyn Mazur』

Stands_20240113131301
 

去年買った新譜シリーズ。
 


2023年2月10日にダニッシュ・レディオ・コンサート・ホールで行われたパレ・ミッケルボルグの復帰公演のライヴ録音盤。
メンバーは、ヤコブ・ブロ、パレ・ミッケルボルグ、マリリン・マズール。
 デンマークを代表する3人が集まった、といっても、過言でないでしょう。。
全てオリジナル、5曲目がミッケルボルグ、3曲目がミッケルボルグとブロの共作、残りはブロの曲。
 

オープナー「Gefion」から、静寂な中にミッケルボルグの浮遊感あるフリューゲルが漂い異空間に誘う。
「Oktober」哀愁あるメロディをギターが奏で、パーカッションで色彩を。
即興度、実験度が高い「Returnings」、緊張感が高い。
静かな流れの中にストーリ性を感じる、「Strands」。
「Youth」、朗々と、でも、漂いながら進んでいく…。
終演「Lyskaste」、静かに幕を閉じる。
 

透明感と浮遊感ある美しいサウンド。
3人で創り上げた雪景色のよう。
 

1. Gefion
2. Oktober
3. Returnings
4. Strands
5. Youth
6. Lyskaste
 

Palle Mikkelborg (tp, flgh)
Jakob Bro (g)
Marilyn Mazur (per)
今日のおまけは、ミッケルボルグがトピックであげていた「Strands 」。
 
 
んじゃ、退散♪

« ロマンティックが止まらない…『Vol. 1 / Chris Botti』 | トップページ | 想像不可能…ソロではありえない音風景 「Pat Metheny Dream Box Solo Tour @ 新潟市民劇場 りゅーとぴあ (1/16)」 »

JAZZ(Flight to Denmark)」カテゴリの記事

コメント

初めまして。私、このアルバム大好きでたまらないので、記事を書いている方がいて凄い嬉しいです!

レイさま、はじめまして。そして、コメントをありがとうございます。

大好きなのですね!
すっごく、素敵な音楽ですよね♪

今朝は、私の住む新潟は雪景色となりました。。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ロマンティックが止まらない…『Vol. 1 / Chris Botti』 | トップページ | 想像不可能…ソロではありえない音風景 「Pat Metheny Dream Box Solo Tour @ 新潟市民劇場 りゅーとぴあ (1/16)」 »

無料ブログはココログ