2024年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

音楽で拡がる輪

« サマラ・ジョイのホリデイEPがリリースされる♪ | トップページ | これぞ自由奔放! 『Uncle Johns Band / John Scofield』 »

2023年10月28日 (土)

彼女の大切なもが、ぎゅぎゅっと詰まった時間 「megumi『Indigo』発売記念ライブ @ Jazz FLASH (10/25)」

megumi『Indigo』発売記念ライブ @ Jazz FLASH (10/25)
megumi(vo)
Jun Furuya (p, meldica)
Eishin Nose (p, meldica)
 
 
Megumi

megumiさんの『Indigo』の発売記念ライブが、新潟であったので、楽しみに行ってきました!
なんと、新潟でのライブははじめてですが、満席のお客さまです♪
多くの大切な人たちと、素敵な時間を共有できることは、、とても、嬉しいことですね。
 

ライブは、2部制、、開演時間に少し遅れてはじまりました。
アルバムの曲順で時間が流れて行きました。

まずは、連弾で、違う世界の扉を探るような3人の音出しからはじまった「月ぬ美しゃ」。
別々に聴こえていた音が、一緒になって入ってくる。
細心のダイナミクスで心への響きを大事にした野瀬さんのピアノが導く「Moon River」。
静かに見渡す夜の川面に映る風景から、互いの演奏にインスパイアされながら感情を膨らませる。
同郷のよよよ_ゐのオリジナル「銀河線」、古谷さんのピアノと感情をなぞるような野瀬さんの鍵盤ハーモニカ。
歌詞が、、自分の気持ちと被さって、、胸がぎゅっとなる。
この後も、「Little Girl Blue」、「Born to Be Blue」と続き、
1stセットの終演は、野瀬さんの鍵盤ハーモニカも入って石垣島由縁の「えんどうの花」、民謡の持つ抒情をアグレッシブに。
 

2ndセットは、ダイナミックな野瀬さんのオリジナルから始まり、
アルバムの曲を演奏していきますが、ほとんどの曲で鍵盤ハーモニカが活躍。
ピアノとのデュオになったり、歌の感情を増幅させたり、、
私的には、今日は鍵盤ハーモニカの魅力が、はじめてわかった気がしました。
 

そして、少しハスキー、物憂げな 表情で、感情を表現していくmegumiさんの歌に誘われ、満員のお客さまと一緒に彼女の世界に酔いました。
一筋縄でいかない両ピアニストの演奏でも、ピッチを狂わすことなくしっかり歌い上げてた。
 

ピアニストたち、、時折ちょっと変則で変態だったりするのですが、互い刺激し合って一緒に、、道無き道を旅する感じだぁ。
煌めきだけでない美しさ、感情表現力の多彩さ、、音楽は自分の気持ちを頭あの中を表現できてこそですよね
2ndセットの最後は、プリペイド・ピアノも入って即興極まった「月ぬ美しゃ」。
アルバムでも、結構やんちゃしてましたが、乱闘気味でしたねぇ!
一瞬、レオン・ラッセル降臨かと思った。笑
で、アンコールで、終了!
 
アンコール前に、私的大興奮のハプニングがあったのですが、、m(_ _)m
これは、ライブに行った人だけのひ・み・つっ。

ピアノや鍵盤ハーモニカの演奏を じっと聴き入って、気持ちを高揚させる…そして、歌で表現する、三者の感情のやりとりに聴き入ってしまいました…
あぁ、、素晴らしかった。。カッコよかった!
彼女の大切なもが、、ぎゅぎゅっと詰まったライブでした♪


ミュージシャンの皆さん、フラッシュのマスター&女将さん、岩井さん、、
本当にありがとうございました。m(_ _)m
 
んじゃ、退散♪



« サマラ・ジョイのホリデイEPがリリースされる♪ | トップページ | これぞ自由奔放! 『Uncle Johns Band / John Scofield』 »

JAZZ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« サマラ・ジョイのホリデイEPがリリースされる♪ | トップページ | これぞ自由奔放! 『Uncle Johns Band / John Scofield』 »

無料ブログはココログ