2024年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

音楽で拡がる輪

« 今年のベストに入っちゃう! 『Kings Highway /  Brian Blade Fellowship Band 』 | トップページ | 瞑想のような時間 「「bhakti」〜 Byond the Mind Tour @ Jazz FLASH (9/14)」 »

2023年9月13日 (水)

秋の夜に…『Stars & Smiles, Vol.1 (Players)  / 鈴木 央紹』

Stars__smiles_vol1

 



ベテランのサックス奏者、鈴木 央紹。
T5Jazz Recordsからスタジオ録音3作目となる新作をリリース。
サックス・ギター・ベースという、ちょっと変則でクラシカルなトリオ編成。
過去の路線を継承し、スタンダードが並ぶ。
今回は、楽器奏者の作品を選んだ第1集。
次回は、ヴォーカリストの作品集の予定だそう。
メンバーは、若手の先鋭、ギター奏者の荻原 亮とベース奏者の若井 俊也。


オープナーは、ギターとベースで誘う「So Many Stars」、メロディの美しさにうっとり、ドラムレスな繊細なサウンド。
「Hallucinations」、軽快で弾んだ曲でのギターとのやりとりも楽しい♪
「 Ugly Beauty」、心惹かれるバラッド演奏、ギターとベースの絡みも素敵。
ノスタルジックな気持ちが湧き上がる、「My Little Brown Book」。
「Little Willie Leaps」、サックス、ギターと楽しいアドリブが続く。
静かに美しい夢見るように、「Dreamsville」。
ベース・ソロからはじまるソロのメドレー聴きどころ「Milestones」。
ご本人の書き下ろし「Waltz For Star People」、サブトーンが心に響く…
終演は、冒頭のサックスとギターの重なりが美しい「Turn Out The Stars」。
 

 
ドラムレスの大きな空間で、各自のアドリブもたっぷりな極上のスタンダード集。
日が短くなって少し涼しくなってきた秋の夜に…
ご本人の曲の解説がついています。
 


1. So Many Stars -Sergio Mendes, Alan Bergman, Marilyn Bergman-
2. Hallucinations -Bud Powell-
3. Ugly Beauty -Thelonious Monk-
4. My Little Brown Book -Billy Strayhorn-
5. Little Willie Leaps -Miles Davis-
6. Dreamsville -Henri Mancini, Jay Livingston, Ray Evans-
7. Milestones(old) -Miles Davis-
8. Waltz For Star People -鈴木央紹-
9. Turn Out The Stars -Bill Evans-
 

鈴木 央紹 (ts)
荻原 亮 (g)
若井 俊也(b)
 
今日のおまけは、ご本人があげていた「So Many Stars」。
 

 
 
んじゃ、退散♪

« 今年のベストに入っちゃう! 『Kings Highway /  Brian Blade Fellowship Band 』 | トップページ | 瞑想のような時間 「「bhakti」〜 Byond the Mind Tour @ Jazz FLASH (9/14)」 »

JAZZ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 今年のベストに入っちゃう! 『Kings Highway /  Brian Blade Fellowship Band 』 | トップページ | 瞑想のような時間 「「bhakti」〜 Byond the Mind Tour @ Jazz FLASH (9/14)」 »

無料ブログはココログ