2023年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

音楽で拡がる輪

« 2人が生み出す相互作用が半端ない 『Danish Rain / Thomas Fonnesbæk   Justin Kauflin』 | トップページ | 『ジャズ批評 235号』がでてま〜す 汗 »

2023年8月27日 (日)

凄腕の3人でジャズの醍醐味を! 『Live in Italy / John Patitucci Trio』

Live_in_italy

チック・コリア、ウェイン・ショーター、ハービー・ハンコック…等、巨匠から起用されつづけ、自身のプロジェクトでも多様に積極的に活動するパティトゥッチ。
新作は、クリス・ポッター、ブライアン・ブレイドという最高のサックス・トリオで、行った2022年のヨーロッパ公演の中のイタリア公演を収録。
すでに、配信でリリースされていたアルバムにボーナス・トラックをつけてCD化したもの。


え〜ぃ!やっとでたぁ〜♪


コードレスのサックス・トリオとのことで、全編で3人の巧みな技が披露されている。


オープナーの「Visa」から、超絶なベース・ソロで始まり、明るカラッとしたテナーが踊り、ドラムが炸裂、気合のはいった掛け声もかかる。
「Out West」、超絶な2人の間を絶妙に泳ぎ回るクリポタの伸び伸び感。
シームレスに始まる「Three Pieces of Glass」、ソプラノで哀愁ある色彩。
「Mali」、エレクトリック・ベースとテナーの絡みが繰り返され、ここでもドラム炸裂し白熱の展開。
エレクトリック・ベースとソプラノの響きが溶け合った「Echoes of Scarlatti: In Memory of Chick Corea」は、師匠チック・コリアに捧げた曲。
終演は、「Without a Song」、大らかで明るくスカッとしたテナー、冴えわたるベース、色彩感も素晴らしく切れ味の素晴らしいドラム、、最高だ!!

ボーナストラックは、レノン&マッカートニーの「And I Love Her」、エレクトリック・ベースの美しい響き、ストレートな歌心で心を揺さぶるテナー、胸をうつ。


凄腕の3人のコードレスのトリオで、空間を巧みに支配し、ストレートにジャズの醍醐味を感じる!

1. Visa
2. Out West
3. Three Pieces of Glass
4. Mali
5. Echoes of Scarlatti: In Memory of Chick Corea
6. Without a Song
 ボーナストラック
7. And I Love Her
 

John Patitucci ( ac-b #1, 2, 3, 6, el-b #4, 5, 7)
Chris Potter ( ts #1, 2, 4, 6, 7, ss #3, 5)
Brian Blade ( ds, perc #5)
 

今日のおまけは、パティトゥッチがあげていた「Without a Song」。
 


 
 
んじゃ、退散♪

« 2人が生み出す相互作用が半端ない 『Danish Rain / Thomas Fonnesbæk   Justin Kauflin』 | トップページ | 『ジャズ批評 235号』がでてま〜す 汗 »

JAZZ(Born In The U.S.A. )」カテゴリの記事

コメント

今晩はsuzuck様。
まずは、メンバーの人選が興味深い。手に入れたいと思います。
サックスのコードレストリオはやはり、
サックスの本領をストレートに発揮できる編成だと思います。
ロリンズのライブ「ヴァンガードの夜」然り。
ご紹介に感謝です。


zawinulさま、コメントをありがとうございます。m(_ _)m

これは、去年リリースされたのですが、配信だけだったんです。
はやく、CDにならないかなぁ、、
と、おもっていたのですが、、やっとでしたね。
一曲、思いがけないおまけもついていて、、ラッキーでした♪

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 2人が生み出す相互作用が半端ない 『Danish Rain / Thomas Fonnesbæk   Justin Kauflin』 | トップページ | 『ジャズ批評 235号』がでてま〜す 汗 »

無料ブログはココログ