2024年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29    

音楽で拡がる輪

« 全編激烈! 『Evenings at the Village Gate: John Coltrane with Eric Dolphy』 | トップページ | このメランコリックで暑さを乗りきりましょ… 『A Time to Remember / Elina Duni』 »

2023年7月22日 (土)

知的で研ぎ澄まされた感覚で硬派で多彩な演奏 『MASKS / Banksia Trio』

Masks

 


メンバーのそれぞれが、大活躍のバンクシア・トリオ。
3作目は、パンデミックの谷間で行われたライブツアーの集大成をスタジオ収録。

オープナーは、菊地 雅章の「Drizzling Rain」、スローなテンポで進み一音一音が浮き上がるよう。
力強いベースの音とピアノの繊細で透明感ある音が心を捉える。
一転、荒ぶれ、骨太な演奏、須川オリジナルでタイトル曲「MASKS」、ドラマーの瞬発力に惚れ惚れ。
ポール・モチアンの「Abacus」、あっけらかんとした曲調が奏者を刺激するのでしょうか?
即興のやりとりの中に、形を変えながらでてくるテーマが可愛い3分弱。
夭折したSSWニック・ドレイクの「Bird Flew By」、牧歌的で心のオアシス的。
林オリジナル「Doppio Movimento」、さまざまなものが放りこまれ、抽象的でフリーなスタイル。
暗さ冷たさ異世界感が漂う須川オリジナル「Stefano」。
石若オリジナル「Siciliano」、リズミカルで踊りだしそう…改めて息ぴったり。
同じく石若オリジナル「Messe 1」、歌心あふれメロディアス。
唯一のスタンダード「I Should Care」、ひたすら美しいテーマ、洗練されたインプロビゼーション…
終演は、ポール・モチアンの「Wonderful One」、優しいバラード仕立て…。
ロマンチックなピアノ、、ボーイングでもピチカートでも心豊かに歌うチェロ、繊細に色彩をつけるドラム…夢見心地。


それぞれが主役、3人は対等、さまざまなシチュエーションでの硬軟で多彩な演奏。
50分弱ですが、知的で研ぎ澄まされた感覚は最高っ!
一音一音がとても、いい感じに迫ってきて、中身が濃く3作目も素晴らしかった!




1. Drizzling Rain
2. MASKS
3. Abacus
4. Bird Flew By
5. Doppio Movimento
6. Stefano
7. Siciliano
8. Messe 1
9. I Should Care
10. Wonderful One



須川 崇志 Takashi Sugawa (b, vc)
林 正樹 Masaki Hayashi (p)
石若 駿 Shun Ishiwaka (ds)



今回は、前2作をリリースした「Days of Delight」からではなくて、須川氏が主催する「TSGW Records」からのリリース。

 
ちょうど良いおまけ映像がみつかりませんでした。m(_ _)m
 
んじゃ、退散♪

« 全編激烈! 『Evenings at the Village Gate: John Coltrane with Eric Dolphy』 | トップページ | このメランコリックで暑さを乗りきりましょ… 『A Time to Remember / Elina Duni』 »

JAZZ」カテゴリの記事

コメント

Suzuckさん,こんにちは。当方ブログへコメントありがとうございました。

このトリオ,本当にレベルが高くて,はずさないのが素晴らしいですね。選曲も面白く,独特の美学が感じられます。Nick Drakeなんて,なるほど〜って思ってしまいました。

ということで当方記事のURLを貼り付けさせて頂きます。
https://music-music.cocolog-wbs.com/blog/2023/06/post-7458ad.html

閣下、リンクをあるがとうございます。m(_ _)m

3作目ともなると、、ちょっと、、って、感じが多いと思うのですが、、
このユニットには、関係ない危惧ですね。
そう、選曲も面白くて、楽しかったです!!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 全編激烈! 『Evenings at the Village Gate: John Coltrane with Eric Dolphy』 | トップページ | このメランコリックで暑さを乗りきりましょ… 『A Time to Remember / Elina Duni』 »

無料ブログはココログ