2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

音楽で拡がる輪

« 夏色のサウンド 「ポロの音楽会Ⅲ (6/17) & ISSIMO JAZZ NIGHT 2023 (6/18)」 | トップページ | 瞬発力があってワクワクする演奏 『Pixel / Keigo Hirakawa Quintet』 »

2023年6月24日 (土)

『ジャズ批評 234号』がでました〜♪

 

234

 

特集は、ジャズで聴きたい、とっておきの一曲。



●●●●◎◎◎◎●●●●◎◎◎◎●●●●◎◎◎◎●●●●


「ジャズで聴きたい、とっておきの一曲」


●●●●◎◎◎◎●●●●◎◎◎◎●●●●◎◎◎◎●●●●


ジャズで聴きたい、とっておきの一曲。
そして、その曲の入ったお気に入りのアルバムの紹介。
まさに、十人十色! 面白かった〜♪



私もアンケートに参加しました。
今までのこういう企画に選ばなかった曲から、1曲選んでみました。
アルバムは、私の中では突出していると思っている2枚になりました。


「First Song (for Ruth)」

『People Time / Stan Getz  Kenny Barron 』

『Beyond the Missouri Sky (Short Stories)  / Charlie Haden & Pat Methen 』


理由と演奏への想いは、ぜひ本誌で。m(_ _)m

 


いつもの「新譜紹介」は4枚、「New Disc Pick Up」は2枚でした。



「新譜紹介」



『Moving Again '19→'23 / Akiko Toyama Trio 』



『Stormy Beauty / Nils Kugelmann』



『Your Requests / Laila Biali 』

 

『Pixel / Keigo Hirakawa Quintet』





「New Disc Pick Up」

『Try your wings / Peaceful Dreams (YUKI SAGA,HIROKO TAKADA)』



『A DRUM THING / ATZKO KOHASHI, TONY OVERWATER』




次号(235号)は、 「ヨーロピアン・スウィング」を特集します。

んじゃ、退散♪

« 夏色のサウンド 「ポロの音楽会Ⅲ (6/17) & ISSIMO JAZZ NIGHT 2023 (6/18)」 | トップページ | 瞬発力があってワクワクする演奏 『Pixel / Keigo Hirakawa Quintet』 »

JAZZ」カテゴリの記事

コメント

ローレン・ヘンダーソンのインタビューの特集ですか、^^  買います(笑)
彼女はこのところの寺島靖国氏の推薦で一躍焦点を浴びてますが・・・私は2年半前のアルバム「Alma Oscura」でお気に入りになりました(笑 ↓参照)
http://osnogfloyd.cocolog-nifty.com/blog/2020/12/post-82b8c9.html
以降しっかりマークしています。この度のTERASHIMA Recordsからのジャケ変更でのリリース、音質の改善はありましたか?
このところ、女性ヴォーカルが不作ですので、いずれにしても結構です。


Suzuckさん、こんばんわ。
"First Song"私も好きな曲です.。
うちにあるのをピックアップして聴いてみましたが、やはりSuzuckさんが挙げられた2つが秀逸ですね。
ほかでは、本家ヘイデンとジスモンチのも味わい深いし、
ゴンサロ・ルバルカバのアルバム「CHARLIE」、パオロ・レッキア「THREE FOR GETZ」の演奏もそれぞれのオマージュということもあり良い演奏だと思いました。
それから小橋さんまたまた良いアルバム出されましたね。彼女のアルバムは外れなしの感ですし、機会あれば生音も聴いてみたいと思っています。

風呂井戸さま、推しが脚光をあびてよかったですね!

>TERASHIMA Recordsからのジャケ変更でのリリース、音質の改善はありましたか?

もうしわけございません。
寺島氏のレーベルと繋がりがないので、なにもこたえられません。m(_ _)m
ごめんなさい。

baikinnmannさま、コメントをありがとうございます。m(_ _)m

私、、もう一つ、、女性ヴォーカルのものを入れようか、、
悩んだんですが、、

聴いている回数や、思い入れが、、ずいぶん違うなぁ、、と、
2枚にしてしましました。
baikinnmannさまの上げてくださった、3枚も秀逸ですよね。
素敵なチョイスですね。
ジスモンチとのアルバムは、メセニーのアルバムをいれてなければ、、
入ってたとおもいます!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 夏色のサウンド 「ポロの音楽会Ⅲ (6/17) & ISSIMO JAZZ NIGHT 2023 (6/18)」 | トップページ | 瞬発力があってワクワクする演奏 『Pixel / Keigo Hirakawa Quintet』 »

無料ブログはココログ