2024年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29    

音楽で拡がる輪

« 最高っ! エリカ・バドゥのトリビュート 『On & On / José James』 | トップページ | 登場人物の気持ちが音楽になった 『BLUE GIANT オリジナル・サウンドトラック / 上原ひろみ』 »

2023年2月19日 (日)

ラーシュ・ダニエルソンの率いるカルテット、リベレットが新譜をだす!

 
スウェーデンが誇るベーシスト、チェロ奏者、作曲家、ラーシュ・ダニエルソン。
彼が率いるクラシックとジャズを融合させたジャンルへの挑戦をつづけているカルテット、リベレットが、3月のおしまいに、新譜を出します。
 
★ Symphonized / Lars Danielsson ★
 
 
Symphonized
 
リベレット名義で、ACTレーベルより5枚目。
ラーシュ・ダニエルソン、グレゴリー・プリヴァ、マグヌス・オストロム、ジョン・パリチェッリのお馴染みの凄腕メンバーに、
アルヴェ・ヘンリクセンとパオロ・フレスの2人のトランペッターをゲストに招き、それぞれ、2曲づつ。
そして、彼の音楽学院時代の学友もいるイェーテボリ交響楽団が参加。
リベレットの作品をオーケストラで演奏するプロジェクト。
自らの2つの柱を融合させた2枚組のようですね。
 


ディスク 1
1. Liberetto 
2. Passacaglia 
3. Africa 
4. Sacred Mind 
5. Lviv 
6. Nikita‘s Dream 
7. The Fifth Grade 
8. Yes to You 

ディスク 2
1. I Affettuoso 
2. Ii Elegi 
3. Intermedium 
4. Iii Le Bagatelle 
5. Iv Scherzo 


Lars Danielsson (b, vc)
Grégory Privat (p)
Magnus Öström (ds, perc)
John Parricelli (g)

Gothenburg Symphony Orchestra (conducted by Peter Nordahl)
Carol ina Grinne (english horn, oboe d´amore)

Guests:
Arve Henriksen (tp)  1- #6, 1- #8
Paolo Fresu (tp) 1- #3, 2- #5
 
んじゃ、退散♪
 
 

 

« 最高っ! エリカ・バドゥのトリビュート 『On & On / José James』 | トップページ | 登場人物の気持ちが音楽になった 『BLUE GIANT オリジナル・サウンドトラック / 上原ひろみ』 »

JAZZ(Far North )」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 最高っ! エリカ・バドゥのトリビュート 『On & On / José James』 | トップページ | 登場人物の気持ちが音楽になった 『BLUE GIANT オリジナル・サウンドトラック / 上原ひろみ』 »

無料ブログはココログ