2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

音楽で拡がる輪

« クリス・ポッターがヴィレッジヴァンガードのライブ盤を出します!! | トップページ | 美メロ満載のガラティの世界 『Portrait in Black and White / Alessandro Galati』 »

2023年1月 8日 (日)

アメリカーナと北欧の出会い 『Villingsberg / Helge Lien   Knut Hem』

 
Villingsberg_20230106085301
 
ノルウェーのピアニスト、ヘルゲ・リエンと同国のギター奏者クヌート・ヘム。
前作『Hummingbird』は、ヘムのカントリーやブルーグラスをとりいれた世界から北欧を纏ったアメリカーナという感じ、とても穏やかなアコースティックな世界でした。
今回もその方向にかわりはないようで、10曲中8曲がヘムのオリジナル、リエンが1曲、米国のバンジョー奏者の曲が1曲。
 
オープナー「Peaceful Journey」からヘムのギターが穏やかな旅に私たちを誘います。
ピアノとギターのおいかっけこ「Ephemera Danica 」。
どこか懐かしさと寂しさをたたえたタイトル曲「Villingsberg」。
「Haunting Memories」、心の奥までゆっくり温かかくなる。
より深く心の奥に踏み込んだ「 Lost In The Market」、スパニッシュのような激しさ。
2人の一体感が素晴らしい「Toto」。
メロディアスで穏やかな唯一のリエンのオリジナル「Konkylien」。
大きく世界が広がる「Sildrebekken 」。
ひたすら穏やかで美しい「 Two Good Friends 」。
終演は米国のバンジョー奏者の「Big Country 」、まさに大草原を馬車でいく。
 
今回もどの曲も優しく、美しく、ほっとする音楽空間でした。
ノルウェーの音楽とアメリカーナが合体した音楽。
大自然を肌で感じる。
 
 
1. Peaceful Journey 
2. Ephemera Danica 
3. Villingsberg 
4. Haunting Memories 
5. Lost In The Market 
6. Toto 
7. Konkylien 
8. Sildrebekken 
9. Two Good Friends 
10. Big Country 

Helge Lien (p)
Knut Hem  (dobro, weissenborn)
 
今日のおまけはヘルゲ・リエンのトピックにあった「Villingsberg 」。
 
 
んじゃ、退散♪

« クリス・ポッターがヴィレッジヴァンガードのライブ盤を出します!! | トップページ | 美メロ満載のガラティの世界 『Portrait in Black and White / Alessandro Galati』 »

JAZZ(Far North )」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« クリス・ポッターがヴィレッジヴァンガードのライブ盤を出します!! | トップページ | 美メロ満載のガラティの世界 『Portrait in Black and White / Alessandro Galati』 »

無料ブログはココログ