2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

音楽で拡がる輪

« 静寂で厳かなクリスマス・イヴを  『Christmas Songs /  Trygve Seim & Andreas Utnem 』 | トップページ | 『ジャズ批評 231号』がでました〜♪ »

2022年12月25日 (日)

天国からの贈り物 『HOME.S.  / Esbjörn Svensson』

 
毎年、クリスマス当日には、クリスマスに相応しいかな、と思ったアルバムをかけています。
今年は、このアルバム…。
 
Homes_20221223164501
 
スウェーデンのジャズ・ピアノ・トリオ、e.s.t.のリーダ、ピアニストで作曲家のエスビョルン・スベンソン。
人気急上昇で活躍中の2008年に、アクア・ダイビングの事故で鬼籍に入ってしまいました。
その後は、メンバーの力によって、e.s.t.名義の未発表アルバムが3回リリースされていて、、高評価を得ています。
今回はトリオの作品ではなくて、自宅録音のソロ・アルバムです。
10年以上もたって、なぜ、、今頃?って、おもいますよね。
これが、なんだか奇跡のような出来事なんです。
 
彼の妻が、彼のハード・ドライブに保存されていたこの音源を、亡くなった10年後に発見。
自宅の食器戸棚に保管というか、置かれていたものなんだそうです。
すぐに、彼が信頼を寄せていたサウンド・エンジニアの アケ・リントンに会い、彼の協力を得て公開することに踏み切ったようです。
公開にあたっては、細心注意をはらったようですが、リントンがクリアしてくれたようです。
 
全9曲がオリジナル、、全てタイトルは決められていなかったので、
宇宙が好きだった彼の想いをくみ、ギリシャ語のアルファベットにしたとのこと。
 
オープナーの「Alpha」、音を選りすぐった静寂な演奏から始まる、まるで、夜空で瞬く星のような音。
手探りのようにはじまり、静かに終わる「Beta」。
「Gamma」、エンジンがかかるとともに、高速フレーズがおり混ぜられ、ジャジーでブルージー。
力強い打鍵、強い意志を感じる「Delta」。高揚感が続く「Epsilon 」。
「Zeta」、一音一音が優しく、初恋の歌のよう。どこかスウェーデンの民謡のようなメロディが入る「Eta」、静かな不協和音が効果的、流麗なフレージングも。
両手が弾む弾む、踊る踊る「Theta 」。
終演は、鍵盤を跳ねる「Iota」、まるで妖精の踊り。
 
 
演奏内容はe.s.t.のロックやエレクトロニクスを演奏に持ち込んだ独創的なジャズから離れとてもシンプル。
自身の内面に踏み込み、時に静寂に、時に情熱的にと叙情的な演奏が続く…それは、彼が生きた証。
まさに、天国からの贈り物。
 
 
1. Alpha 
2. Beta 
3. Gamma 
4. Delta 
5. Epsilon 
6. Zeta 
7. Eta 
8. Theta 
9. Iota 

Esbjörn Svensson (p)
ピアノのソロのアルバムかコンサートのための準備中だったのかな?
これらの演奏をもとに、コンサートやツアーをして観客とともに、それぞれの曲をもっと膨らませたかったのではないかしら。
天国から、このアルバムがリリースされたのをみて、、一番びっくりしたのは彼かも。。
 
今日のおまけは、ご本人のトピックにあった「Alpha」。
 
 
 
 
 
今日は、クリスマス、今年は願うことは一つですね。
 
 
★ 平和な世界が訪れますように ★
 
 
んじゃ、退散♪

« 静寂で厳かなクリスマス・イヴを  『Christmas Songs /  Trygve Seim & Andreas Utnem 』 | トップページ | 『ジャズ批評 231号』がでました〜♪ »

A Merry Jazzmas」カテゴリの記事

コメント

 やや、こんなアルバムがリリースされていたんですね。
マイホームでの録音なんでしょうか、"Alpha"落ち着いた世界、そして私にはあの悲しい事故を思い出すせいか"Beta"が、どこか悲しさを感ずる流れ・・・
 これを、現在のRYMDENに預けたらどうなりますかね、余計な事を考えすぎですね。
 よいものをご紹介有難うございました。

風呂井戸さま、私も時折、物悲しさを感じます。
ただ、それは、、もともと、北欧の方々が持っている伝統的なメロディに繋がっているものなのだとおもいます。

>現在のRYMDENに預けたら
すでに、ソロのアルバムとして、日の目を見たのですから、、
これも、面白い考えかもしれませんね。
風呂井戸さまの柔軟な考えからだと思います。

沢山、売れるといいなぁ。

Suzuckさん、おはようございます😊
一昨日家にもようやく届きました。
ネットで予約注文していましたが、発売日になって届かないと思ったら、なんと、"お取り寄せ中"に😅
年内には届かないかもと諦めていましたが・・
昨日仕事納めを無事終え、家に帰ってからの寛ぎタイムに聴いて心に染みる・・よい自分へのご褒美となりました😊

書き忘れです😅
届いたアルバムのジャケですが、ジャケのイラストだけでアルバムタイトルが書いてないし、ACTの文字もなにも無い?
側面とジャケ裏にはアルバムタイトルや曲名、ACTの記載あるのですが、Suzuckさんのは、いかがでしょうか?
あと他の記事にもコメントさせていただきましたが、誤字がけっこうあり、大変失礼しました😅

baikinnmann さま、コメントをありがとうございます。

この季節の配達は、スリリングですよね。笑
年内に、お手元に届いてよかったです!

実は、1〜5位までのアルバムは、現在、ジャズ批評に貸出中なんです。
でも、外側の日本仕様のペーパーをはずすと、全面はイラストだけだと思います。
戻ってきたら、また、確認してみますね。

>誤字脱字

私自身が、誤字脱字の女王なので。。汗

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 静寂で厳かなクリスマス・イヴを  『Christmas Songs /  Trygve Seim & Andreas Utnem 』 | トップページ | 『ジャズ批評 231号』がでました〜♪ »

無料ブログはココログ