2024年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

音楽で拡がる輪

« スウェーデンの実力者揃い 『Snowflakes In December / Hannah Svensson』 | トップページ | 窓の外は雪…「Fabio × Tanaka DUO LIVE @ 砂丘館 (12/18)」 »

2022年12月18日 (日)

スピリチュアル!!  『Trios : Sacred Thread / Charles Lloyd feat. Zakir Hussain  Julian Lage 』

 

Trios_sacred_thread_20221215161101



チャールス・ロイドが取り組んでいる編成の違うトリオのアルバムを3枚続けてだすプロジェクトの最後の第三弾。
最後は、タブラのザキール・フセイン、ギターのジュリアン・ラージ!!

ロイドのオリジナル4曲とフセインのオリジナル3曲で、全7曲。
 
 
オープナーは、ロイドの枯れたテナーがいい味の「Desolation Sound」、ゆったりしたラージのギターが郷愁を誘う。
フセインのヴォーカルが異国へ誘う彼のオリジナル「Guman」。
アルト・フルートとタブラのロイドのオリジナル「Nachekita’s Lament」にも、ヴォーカルが入る。
フセインのオリジナル「Saraswati」、ロイドのタラゴットの独奏からはじまる。
「Kuti」もフセインのオリジナル、アルト・フルートが穏やかに鳴り、フセインのヴォーカルが響きわたる。
ロイドのオリジナル「Tales of Rumi」、超絶のタブラとテナー・サックス、ギターの密度の濃い饗宴。
終演もロイドのオリジナルで「The Blessing」、メロディアスで叙情的。。
 
 
ロイド翁のスピリチュアルな感覚は、インド音楽にもハマってしまいます。
フセインが歌うとき、そこはインド、、そして、ラージもそれらを踏まえた演奏。
翁の音楽の世界には、無限の可能性があるとうことですね。。
 


1. Desolation Sound
2. Guman
3. Nachekita’s Lament
4. Saraswati
5. Kuti
6. Tales of Rumi
7. The Blessing


Charles Lloyd (ts, afl, tarogato, maracas)
Zakir Hussain (tabla, perc, vo)
Julian Lage (g)
 
 
今日のおまけは、ご本人があげていた「Nachekita’s Lament」。
 
 
 
 
んじゃ、退散♪

« スウェーデンの実力者揃い 『Snowflakes In December / Hannah Svensson』 | トップページ | 窓の外は雪…「Fabio × Tanaka DUO LIVE @ 砂丘館 (12/18)」 »

JAZZ(Born In The U.S.A. )」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« スウェーデンの実力者揃い 『Snowflakes In December / Hannah Svensson』 | トップページ | 窓の外は雪…「Fabio × Tanaka DUO LIVE @ 砂丘館 (12/18)」 »

無料ブログはココログ