2023年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

音楽で拡がる輪

« テーマとメンバーの感性が深く反映された 『Ruins and Remains / Wolfert Brederode   Matangi Quartet   Joost Lijbaa』 | トップページ | 追加情報・北欧からのクリスマス・アルバム!! »

2022年11月13日 (日)

もうすぐ、ロイドの第三弾がでるのだけれど。。。(瓶脳のお話)

 

チャールス・ロイドが取り組んでいる編成の違うトリオのアルバムを3枚続けてだすプロジェクト。
最後の第三弾が11月18日ででるんですよ。

★ Trios : Sacred Thread / Charles Lloyd feat. Zakir Hussain Julian Lage ★

 

Trios_sacred_thread

 

最後は、ザキール・フセインのタブラ、ジュリアン・ラージのギター!!
きっと、先行で1曲目がネットにあがっているんだけど、、
これまた、ロイド翁の世界がひろがっているんですよぉ。。

また、また、楽しみ♪

 

1. Desolation Sound
2. Guman
3. Nachekita’s Lament
4. Saraswati
5. Kuti
6. Tales of Rumi
7. The Blessing

Charles Lloyd (sax)
Zakir Hussain (tabla, perc)
Julian Lage (g)

 


で、、私的問題(煩悩)はですね。。ここからです、、。

 

「アルバム3枚をまとめたCDボックスと同日にリリース決定」

Trio_of_trios


これですよぉ。。
2作目のリリース情報あたりから、、これを見ちゃって。。

 

「3枚一緒に箱に入っているだけなんだぞ」

 

って、ずっと、言い聞かせてます。。汗

実は、海外版ではレコードのセットもあるんだよね。。

 

んじゃ、退散♪

« テーマとメンバーの感性が深く反映された 『Ruins and Remains / Wolfert Brederode   Matangi Quartet   Joost Lijbaa』 | トップページ | 追加情報・北欧からのクリスマス・アルバム!! »

JAZZ(Born In The U.S.A. )」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« テーマとメンバーの感性が深く反映された 『Ruins and Remains / Wolfert Brederode   Matangi Quartet   Joost Lijbaa』 | トップページ | 追加情報・北欧からのクリスマス・アルバム!! »

無料ブログはココログ