2024年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

音楽で拡がる輪

« 即興重視でオーネット・コールマンを連想させる演奏 『Elastic Wave / Gard Nilssen Acoustic Unity』 | トップページ | レコードとレコードを愛する人が主役のコミック 『音盤紀行 1  / 毛塚 了一郎 / KADOKAWA』 »

2022年8月11日 (木)

メロウで浮遊感ある空間…猛暑対策にバッチリ♪  『Not Tight / Domi & JD Beck』

 
Not_tight_20220809102001
 
Z時代の天才デュオ、Domi & JD Beck♪
2000年にフランスのメス生まれたキーボード奏者、ドミ・ルナ。
2003年に米国のダラスで生まれたドラマー、JDベック。
バークリー音楽大学に在籍していたドミと、10歳から演奏を始めていたJDが2018年に出会い、デュオ・ユニット開始、SNSなどで注目を浴びるようになり、ミュージシャンの注目も集めるように。
その流れで、今回のアルバム・デビューのキーパーソンになったアンダーソン・パークに認められ、彼らの夢のコラボが実現、彼が立ち上げに関わっているAPESHIT Inc.とブルーノート・レコードからの契約♪
 
その見た目のキュートさや「Kawaii」とウラハラに、しっかりした技術で超絶テクや複雑なハーモニーを動画で披露してきた彼らのデビュー・アルバム♪
ジャズ界のレジェンド、ハービー・ハンコックをはじめ、アンダーソン・パーク、サンダーキャット、マック・デマルコ、カート・ローゼンウィンケルって、、その繋がりは音楽のジャンルを踏み超えて広がっています!
そして、今回はお得意のカバーでなくて、全曲2人のオリジナル。
 
オープナーは、ハープやヴィオラ、チェロが懐かしい映画音楽のワンシーンのように入った「LOUNA’S iNTRO」、シームレスに続く「WHATUP」は、2人の超絶演奏。
キャッチーで緩いムードと超絶な演奏がギャップな「SMiLE」
サンダーキャットが参加する「BOWLiNG」、彼の繊細なヴォーカル、ベースプレイが聴けるて幸せ、ファンタスティック。
タイトル曲「NOT TiGHT」でも、サンダーキャットはベースで参加、かっこいいですぅ。
マック・デマルコとのヴォーカルが浮遊感たっぷり「TWO SHRiMPS」。
2人のヴォーカル「U DON’T HAVE TO ROB ME」、実に味があってハマっている。
ハービー・ハンコックが参加、ヴォコーダーを使った「MOON」がメロディアスでメロウ、素敵すぎる。
叙情的で神秘的な「DUKE」。
アンダーソン・パークのヴォーカルが入った「TAKE A CHANCE 」、2人もヴォーカルでも参加。
スペイシーで夏空感間満載「SPACE MOUNTAiN」。
「PiLOT」は、バスタ・ライムス、スヌープ・ドッグ、アンダーソン・パークという超豪華なメンバーと創り上げるポッセカット、これも最高。
カート・ローゼンウィンケルのギターが空間を謳歌しまくる「WHOA」。
疾走するドラムに心奪われる「SNiFF」。
終演は、再び、弦楽隊が入って幕をひく。。
 
テクニックの凄さにあっけにとらわれるけど、どの楽曲にもキャッチーな親しみやすさがあって暑苦しく無い。
メロウで浮遊感ある空間に身を潜めて猛暑をやり過ごそう♪
 
1. LOUNA’S iNTRO
2. WHATUP
3. SMiLE
4. BOWLiNG (feat. Thundercat)
5. NOT TiGHT
6. TWO SHRiMPS (feat. Mac DeMarco)
7. U DON’T HAVE TO ROB ME
8. MOON (feat. Herbie Hancock)
9. DUKE
10. TAKE A CHANCE (feat. Anderson .Paak)
11. SPACE MOUNTAiN
12. PiLOT(feat. Snoop Dogg, Busta Rhymes, Anderson .Paak)
13. WHOA (feat. Kurt Rosenwinkel)
14. SNiFF
15. THANK U

JD Beck (ds)
Domi  (keys)
guests
Herbie Hancock (p, vocoder)
Anderson .Paak (vo)
Thundercat (b, vo)
Snoop Dogg (vo)
Busta Rhymes (vo)
Kurt Rosenwinkel (g)
Mac DeMarco (vo)
 
今日のおまけは、ご本人たちがあげていた「PiLOT」。
 
 
んじゃ、退散♪

« 即興重視でオーネット・コールマンを連想させる演奏 『Elastic Wave / Gard Nilssen Acoustic Unity』 | トップページ | レコードとレコードを愛する人が主役のコミック 『音盤紀行 1  / 毛塚 了一郎 / KADOKAWA』 »

JAZZ(Born In The U.S.A. )」カテゴリの記事

コメント

Suzuckさん,こんばんは。ストリーミングでこれを聞きました。

いやぁ,メロウ・グルーブですねぇ。Robert GlasperとMoonchildをミックスしたような感じで,思わず散歩が楽しくなってしまいました。

散歩中に聞いていたので,細かいところは聞けていませんし,メンツとかは全然意識していませんでしたが,改めてきっちりと聞いてみようと思います。ともあれ,ご紹介ありがとうございます。

閣下、コメントをありがとうございます。m(_ _)m

散歩のお供に、Domi & JD Beckって、良いですねぇ!
私は、車ででかけるときに忍ばせております♪
彼ら、、まさに時代の寵児ってヤツなんでしょうねぇ。。
おまけに、サンダーキャットが大好きなので、お得な気分です!

Suzuckさん,こんにちは。結局買っちゃいましたよ(笑)。Suzuckさんもつくづく間口が広い!

このアルバム,この二人が尋常じゃないってことがよくわかりますねぇ。吸収力もそうなんでしょうが,それを実践できるということが素晴らしいですね。若oいっていいなぁと年寄り臭いことを言いたくなりましよ。

ということで,当方記事のURLを貼り付けさせて頂きます。
https://music-music.cocolog-wbs.com/blog/2022/09/post-ba8c3e.html

閣下、私なんぞは間口は広くありません。
APESHIT Inc.とブルーノート・レコードと契約してる、、って
凄いじゃないですか、、そりゃ、どんなもんだと聴きたくなりますわ。

ジャズ界も、今までの方法だけでなく、いろいろな方法でスターができてくるんでしょうね。
リンクをありがとうございました。m(_ _)m

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 即興重視でオーネット・コールマンを連想させる演奏 『Elastic Wave / Gard Nilssen Acoustic Unity』 | トップページ | レコードとレコードを愛する人が主役のコミック 『音盤紀行 1  / 毛塚 了一郎 / KADOKAWA』 »

無料ブログはココログ