2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

音楽で拡がる輪

« 「かがみの狐城」も観てみたかった… 辻村 深月 シアター 舞台「ぼくのメジャースプーン」@ りゅうとぴあ (6/4) | トップページ | 劇場にいるような音風景 『Zanim Nadejdzie Noc  / Daniel Grupa』 »

2022年6月11日 (土)

ケニー・バロンが全曲に参加 『Star Crossed Lovers / Patty Lomuscio』

Star_crossed_lovers


 


2016年にS&G集『Further To Fly』でデビューしたイタリアの歌手パティ・ロムーショのセカンド・アルバムが、オランダのChallenge Recordsからリリース。


 


ピアノのケニー・バロンをはじめ、ベースのピーター・ワシントン、ドラムのジョー・ファーンズワースというレジェンド揃いのリズム・セクション!
3曲に、アルトサックスのヴィンセント・ハーリングも参加する超豪華盤。
憧れだった、ケニー・バロンとの夢の共演です。ケニー・バロンといえば、私の中では『People Time 』『Night And The City』で止まってしまっているのですが、、2005年に「100 GOLD FINGERS」のイベントで新潟で聴いたこともあるし、ポチってしてしまいました♪


 



オープナーは、バロンの曲にロムーショが歌詞を書いた「Lullaby」、高めのクリアな声でトリオとしなやかに絡んでいく。燻銀にスィングするバロンのピアノ。エリントンの名バラッド、そして、タイトル曲「Star Crossed Lovers」、しっとりと自然体のロムーショー、軽やかに華麗な演奏で包み込む3人。躍動感ある演奏にのって小粋にスイング&スキャットする「This Can't Be Love」。ブルージーに抒情豊かに歌い上げる「Left Alone」、ハーリングのアルトも咽び泣く。「You're My Everything」、優しくインティメイトな安定の歌唱。イタリア語のタイトル「E Se」、美しいバラッドを切々と。シダー・ウォルトンの「Cedar Blues」は、ロムーショとファーンズワースが歌詞をつけ、ハーリングのアルトも加わった和気あいあいでも、グルーヴ感満載で。爽快ラテン・ムードいっぱいの陽気な「Body & Soul」、バロンもハーリングも楽しそう。終演は、あこがれのバロンとデュオで「Love Walked In」、洗練されたバロンのピアノとハイセンスな語り口、夢が叶った歓びに溢れてる。
燻銀のバロンのピアノのタッチ、ワシントンの心に響く深い音、ファーンズワースのメリハリあるリズム、ハーリングのファンキーなブロウ、楽しいひととき。そして主役のロニームショーが、自然体でクリアな歌声で、歌の想いを伝えます。


 



1. Lullaby 
2. Star Crossed Lovers 
3. This Can't Be Love 
4. Left Alone 
5. You're My Everything 
6. E Se 
7. Cedar Blues 
8. Body & Soul 
9. Love Walked In 


 



Patty Lomuscio  (vo)
Kenny Barron  (p)
Peter Washington  (b) exc #9
Joe Farnsworth  (ds) exc #9
Vincent Herring  (as) #4, 7, 8


 


 


今日のおまけは、ご本人があげていた「Star Crossed Lovers 」。





んじゃ、退散♪

« 「かがみの狐城」も観てみたかった… 辻村 深月 シアター 舞台「ぼくのメジャースプーン」@ りゅうとぴあ (6/4) | トップページ | 劇場にいるような音風景 『Zanim Nadejdzie Noc  / Daniel Grupa』 »

JAZZ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「かがみの狐城」も観てみたかった… 辻村 深月 シアター 舞台「ぼくのメジャースプーン」@ りゅうとぴあ (6/4) | トップページ | 劇場にいるような音風景 『Zanim Nadejdzie Noc  / Daniel Grupa』 »

無料ブログはココログ