2022年7月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

音楽で拡がる輪

« サックス奏者、オデッド・ツールのECM2作目が出る! #OdedTzur | トップページ | ギラッド・ヘクセルマンがEdition Recordsから新作を出す! »

2022年5月 5日 (木)

名刺がわりの一枚 『Portrait of Caity Gyorgy / Caity Gyorgy』 #CaityGyorgy

Portrait_of_caity_gyorgy

カナダのヴォーカリストの日本デビュー盤。
地元カナダでは、知っておくべき8人のカナダ女性ジャズ・ミュージシャンの一人に選ばれており、
また、作詞、作曲もこなし、オリジナル曲「Secret Safe」は2021年度John Lennon Songwriging Contestで最優秀賞に輝いています。
2021年にリリースされた2枚のアルバムがカップリングされボーナス・トラックが1曲加わってます。
 
1曲目から7曲目までが、『No Bounds』。
カナダのグラミー賞と言われるジュノー賞で、2021年に最優秀ジャズ・アルバムを受賞したギタリスト、ジョセリン・グールドが全面参加。
正統派ジャズ・ギターのトリオとスインギーで小粋な演奏が続きます。
少しハスキーだけど、キュートさに溢れた歌声で、ジャズのエッセンスを散りばめた演奏。
スキャットも軽々と爽やかにこなします。
各楽器とのとデュオ、ソロをバックでのスキャット、など、変化に富んで楽しい。
そして、オリジナルがなかなかメロディアスで素敵。
スタンダードに負けないオリジナルのバラッドの心模様。
 
シンプルだけど、聴かせどころも沢山あり、ギター演奏も素敵なエレガントな時間。
 
8曲目から12曲目までが、『New Pronouncing』。
こちらは、ホーン・セクションが入って華やかなアレンジ。
そして、5曲全てが彼女のオリジナル。
1曲めから弾けていて、凝縮したジャズの楽しさが詰まってます。
大きな編成に負けない華やかさも持ち合わせた優しい歌声。
ジャズ・ラヴァーを惹きつけるポイント抑えたアレンジ、演奏と心地良いですよね。

さまざまな表情をみせながら、気持ちを惹きつける嫌味のない姿、楽しい時間。
 
終演は、ピアノ・トリオで語りかける「Embraceable You」。
 
ジャケット写真のイメージ通りのキュートな歌声。
でも、ジャズ好きを落とすポイントをしっかり抑えた強者です♪


1. Postage Due
2. East of The Sun
3. I Can't Get Started
4. A Certain Someone
5. I Can't Give You Anything But Love
6. Undefined
7. Bye Bye Blackbird
8. Secret Safe
9. There By The Door
10. 12th Avenue
11. Why'd You Gotta
12. The B
13. Embraceable You (bonus track)

#1〜#7 『No Bounds』
Caity Gyorgy  (vo)
Jocelyn Gould  (g)
Thomas Hainbuch  (b)
Jacob Wutzke  (ds)

#8〜#12 『New Pronouncing』
Caity Gyorgy (vo)
Kyle Pogline (tp, flh)
Nick Forget  (tb)
Eric Wong  (fl)
Virginia MacDonald  (cl)
Daniel Barta  (as)
Lucas Dubovik  (ts)
Kyle Tarder-Stoll  (bs)
Felix Fox  (p)
Thomas Hainbuch  (b)
Jacob Wutzke  (ds)
 
 
今日のおまけは、ご本人があげていた「Postage Due」。
 
 
 
 
連休の終わり、ブルーな気分を忘れさせてくれる優しかな。
 
 
んじゃ、退散♪

« サックス奏者、オデッド・ツールのECM2作目が出る! #OdedTzur | トップページ | ギラッド・ヘクセルマンがEdition Recordsから新作を出す! »

JAZZ」カテゴリの記事

コメント

カナダはジャズ・ヴォーカリストの宝庫ですね。Suzuck様は高評価ですね。
私は聴いてすぐダイアナ・パントンを想い起しました。
ジャズの小粋なところは感じます、一生懸命歌っている感じでちょっと味付けが寂しかったですかね。
私のお勧めは、ジョセリン・グールドのギターものですね。(1から7曲まで)
8曲目からのピックコンポものはちょっと私的に好まない(個人的好みというところで)。
女性ヴォーカルものは好みが解れますが・・・私にとっては別世界でした、こればっかりはどうしようもないです(笑い)。
リンクお願いします ↓
http://osnogfloyd.cocolog-nifty.com/blog/2022/05/post-1a207e.html

風呂井戸さま、私もギターとのヴァージョンの方が好きですよ。
ギター、オーソドックスだけどとても巧いですよね。

一生懸命な感じは、あざとくなると女性ファンは一気に退きますが、
まぁ、確かに好み、、ということになりますかね。
ビッグ・コンボの方は、未来につなげるということで。

リンクをありがとうございました。m(_ _)m

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« サックス奏者、オデッド・ツールのECM2作目が出る! #OdedTzur | トップページ | ギラッド・ヘクセルマンがEdition Recordsから新作を出す! »

無料ブログはココログ