2022年7月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

音楽で拡がる輪

« チャールス・ロイドがトリオで3作をブルー・ノート・レコードからリリースする! | トップページ | しっとりと雨の降る日に… 『Entre eux deux / Melody Gardot   Philippe Powell』 »

2022年5月28日 (土)

まさに、打てば響く 「SK × SK  DUO @ Jazz FLASH (5/26)」

「SK × SK  DUO @ Jazz FLASH (5/26)」

栗林すみれ(p) Sebastiaan Kaptein(ds, vo)

Special Guest
Ove Ingemarsson  (ts)    Fabio Bottazzo(g) 
283325773_2439676369503156_5743590013400

栗林すみれさんとセブことセバスティアン・カプテインさま2人の頭文字をつけたデュオ・ライブのツアー。
新潟は、前日が新発田のバードさん、ここはすみれさんのお気に入りの箱ですので、ここも行きたかったなぁ。
フラッシュのライブは、地元新潟在住のオーべさんのサックスとファビオさんのギターが加わった、スペシャル編成です!
まずは、デュオで2曲。
2人の世界観がよく分かる。
とても、自由な空間で、、まさに「打てば響く」って 感じで、
共鳴し増幅し、拡張していく感じが凄かったです。
すみれさんは、内部演奏したり、ハミングしたり、、
セブさまは、欧州出身のドラマーらしく、さまざまな音を用意して。。
互いに反応し合いながら、音風景をつくりあげていく様を目の前で体感。
そして、サックスとギターが加わって3曲くらい、これを2セット。
ここでは、ゲストのオリジナルも演奏したりしてました。
あまり打ち合わせ、リハはやっていないのかもしれませんが、
人数が増えると、聴きどころも変わってくるし、楽しい。
コード楽器が2人なので、ギターがベース・ラインを弾いたり、ちょっと、被せたり。
そして、ソロが来ると美しい音、ダイナミクスのコントロールの素晴らしいサックスにスポットがあたります!
そう、1曲だけ、セブが自分のオリジナル曲「Zon en zee(太陽と海)」みたいなタイトル。m(_ _)m
彼のヴォーカルは、いわゆるジャズ・ヴォーカルではなくて、ポップで優しい感じ。
「あら、素敵だこと」って、思っていたら、オーべさんが一吹きして持ってった。。笑
初顔合わせというこで、ちょっと、ハプニングもあったりしたけど、それもライブだ!
アンコールの静謐なバラッド演奏、綺麗だったなぁ。

繊細でカラフルな2人に、同じく繊細だけど存在感のあるゲストで楽しいライブでした。
マーク・ジョンソンの「Samurai Hee-Haw」をやったのだけど、、以前にファビオさんがライブで演奏してた気がするんですよねぇ。。
どのライブだったのだろう、、勘違いだったのか。。本人に聞いてみればよかった。
すみれさんに『星を漕ぐもの / Remboato』にサインをいただきました。m(_ _)m
そのすみれさんが、「とても静かな男性たちに囲まれています。」って、言ってたのですが、
本当にそんな感じ、、誰も、喋ろうとしない。。
そして、全員生まれ故郷が違うお国です。
結論!!世界中の静かな男性たちは、日本の女性が好きなのに違いない。。(惜しかった。。?)

久しぶりの夜のフラッシュ・ライブは最高でした♪
そして、テンションがあがって、言わなくていいことを喋った私です。。
んじゃ、退散♪

« チャールス・ロイドがトリオで3作をブルー・ノート・レコードからリリースする! | トップページ | しっとりと雨の降る日に… 『Entre eux deux / Melody Gardot   Philippe Powell』 »

JAZZ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« チャールス・ロイドがトリオで3作をブルー・ノート・レコードからリリースする! | トップページ | しっとりと雨の降る日に… 『Entre eux deux / Melody Gardot   Philippe Powell』 »

無料ブログはココログ