2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

音楽で拡がる輪

« ロマンチシズムと哀愁が溢れたビター・スィートな一枚 『European Walkabout / Alessandro Galati Trio』 | トップページ | 知性と感情の間で大きく揺れる個性的な演奏 『Potsdam / Iiro Rantala』 »

2022年3月27日 (日)

ジェラルド・クレイトンが、チャールズ・ロイド参加のブルーノートの2作目を!

 
ジェラルド・クレイトンは、ベーシストで作曲家のジョン・クレイトンの父親を持つピアニストです。
叔父はアルト・サックスのジェフ・クレイトン。
1984年にオランダで生まれますが、幼少期にアメリカへ渡り、アメリカで育ちます。
近年では、チャールス・ロイド の若手中心のバンドKindred Spirits の重要なメンバーとしても知られています。
 
★ Bells on Sand / Gerald Clayton ★
 
 
 
Bells_on_sand
 
オリジナル曲10曲でで構成されており、サックスにレジェンド、チャールズ・ロイド、ベースに父ジョン・クレイトン、ドラムに朋友ジャスティン・ブラウン、ヴォーカルにMAROが参加。
時間の持つインパクトや抽象性といったテーマを探求する作品のようです。
成長著しいクレイトンのブルーノートからのセカンド・アルバム!
 

1. Water’s Edge feat. John Clayton & Justin Brown
2. Elegia feat. John Clayton
3. Damunt de tu Només les Flors feat. MARO, John Clayton & Justin Brown
4. My Ideal 1
5. That Roy feat. Justin Brown
6. Rip feat. Justin Brown
7. Just A Dream feat. MARO
8. My Ideal 2
9. Peace Invocation feat. Charles Lloyd
10. This Is Music Where You’re Going My Friends

 

Gerald Clayton (p)
Charles Lloyd (sax)
John Clayton (b)
Justin Brown (ds)
MARO (vo)
 
んじゃ、退散♪

« ロマンチシズムと哀愁が溢れたビター・スィートな一枚 『European Walkabout / Alessandro Galati Trio』 | トップページ | 知性と感情の間で大きく揺れる個性的な演奏 『Potsdam / Iiro Rantala』 »

JAZZ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ロマンチシズムと哀愁が溢れたビター・スィートな一枚 『European Walkabout / Alessandro Galati Trio』 | トップページ | 知性と感情の間で大きく揺れる個性的な演奏 『Potsdam / Iiro Rantala』 »

無料ブログはココログ