2022年7月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

音楽で拡がる輪

« 瞬間をとらえた深淵な世界 『Naked Truth / Avishai Cohen』 | トップページ | 毎回、聴き逃せないトルド・グスタフセンの新譜が出る! »

2022年3月21日 (月)

ピアノはテイラー・アイグスティ 『With Love and Sadness / Matt Slocum』

With_love_and_sadness


 


NY を中心に活動するドラマー&コンポーザー、マット・スローカムのSunnysideレーベルからの第2弾。
ピアノが前作『Sanctuary』のジェラルド・クレイトンからテイラー・アイグスティに変わっているが、サックスのウォルター・スミス3世、ベースのラリー・グレナディアはそのままのカルテット作。


 


メーカーインフォによると、新型コロナウイルス禍による演奏活動自粛中、奥さんと旅行に出ていたときに、この組曲の構想を思い浮かべたそうです。
全7曲の組曲に、旅の間に彼が考えたことが詰まっているようですね。


 


オープナーは、静かで気高さを感じるアイグスティのピアノに魅せられる「Prelude」、スミスのサックスも思慮深い世界を感じる。
「First Light」、アップテンポでスミスのサックスが炸裂する。
思索的なドラミングで、シリアスな雰囲気がクールな「An Evolving Alliance」。
「End of The Season」、叙情的で彩りを感じる。
スティックの刻みがスリリングな雰囲気を盛り上げる「Precipice」。
グレナディアのベース・ソロ「An Abandoned Illusion」。
終演は、幻影をみるようなサックス・ソロが素敵な「America Revisited」、スローカムはパット・メセニーの「Is This America?」にインスパイアされてこの曲を創ったそうだが、心の扉が開かれる感じのいい演奏。


 


色彩感豊かなメロディ・ラインが心地よく、インプロビゼーションもしっかり聴ける。
思慮深いドラムの彩りで、美しい抽象画を眺めるよう。


 



1. Prelude
2. First Light
3. An Evolving Alliance
4. End of The Season
5. Precipice
6. An Abandoned Illusion
7. America Revisited


 


Walter Smith III (ts)
Taylor Eigsti (p, fender rhodes)
Larry Grenadier (b)
Matt Slocum (ds)


 


今日のおまけは、ご本人のトピックスにあった「America Revisited」。


 



 


んじゃ、退散♪

« 瞬間をとらえた深淵な世界 『Naked Truth / Avishai Cohen』 | トップページ | 毎回、聴き逃せないトルド・グスタフセンの新譜が出る! »

JAZZ(Born In The U.S.A. )」カテゴリの記事

コメント

Suzuckさん,こんばんは。

このアルバム,かなりいいですよねぇ。Matt Slocumという人は日本ではまだまだマイナーだと思いますが,作曲能力含めて,優秀なドラマーの一人と言ってよいと思いますね。私は水彩画のようだと思いましたが,この淡い感じ,何とも言えませんよね。

ピアノは前作のGerald Claytonも,本作のTaylor Eigstiも両方優秀ですが,RhodesはEigstiの方がいいかもしれませんってところでしょうか。

ということで,当方記事のURLを貼り付けさせて頂きます。
https://music-music.cocolog-wbs.com/blog/2022/04/post-f8df73.html

閣下、、
メセニーさまが、今、ニューヨークには素晴らしいドラマーが沢山いる、、
と、いうようなことをおっしゃってましたが、本当に、次から次に素晴らしい才能があらわれますよね。

メンバーもいいのですが、それぞれが適材適所ではまっていて素晴らしいです。
水彩画のような淡い感じ、、そうにも感じますね。

リンクをありがとうございました。m(_ _)m

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 瞬間をとらえた深淵な世界 『Naked Truth / Avishai Cohen』 | トップページ | 毎回、聴き逃せないトルド・グスタフセンの新譜が出る! »

無料ブログはココログ