2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

音楽で拡がる輪

« 『至上の愛~コンプリート・マスターズ』シリアルナンバー入りポスターが当たった! | トップページ | ピアノはテイラー・アイグスティ 『With Love and Sadness / Matt Slocum』 »

2022年3月20日 (日)

瞬間をとらえた深淵な世界 『Naked Truth / Avishai Cohen』

Naked_truth
 
テルアヴィヴ出身のトランペッター、アヴィシャイ・コーエンのECM5作めはカルテット作品。
前作『Big Vicious』とは、うって変わって、即興度の非常に高い作品。
 
即興による組曲のような形をとっており、オープナーの「Part I」から「Departure」まで、ピアニストのヨナタン・アヴィシャイ、ベーシストのバラク・モリ、ドラマーのジヴ・ラヴィッツの気心知れるミュージシャンと、瞬間的に場面を理解し、変化させ発展させていく。
ゆったりとした中に、哀愁や陰りを感じるアコースティックなサウンドで、テーマを変えながら次々と進んでいく。
全体で35分ちょっとという短い時間、統一感ある自然な流れで、全体で一つの組み曲のよう。
 
アルバムの終演で、イスラエルの詩人、ゼルダ・シュナーソン・ミシュコフスキーの詩「Departure」をコーエンが朗読、サウンドと見事にはまっていてとてもいい。
S N Sにはびこる似非っこ「博識者」たちは言葉を発する前に、熟読されるといいかもしれないですね。
 
仲間と真摯に音を重ね合わせた瞬間をとらえた深淵な世界。
 

1. Part I
2. Part II
3. Part III
4. Part IV
5. Part V
6. Part VI
7. Part VII
8. Part VIII
9. Departure

Avishai Cohen (tp)
Yonathan Avishai (p)
Barak Mori (b)
Ziv Ravitz (ds)

今日のおまけは、レーベルがあげていたトレーラー。
 
 

 
ご本人があげている「Part II」。
 
 
 
んじゃ、退散♪

« 『至上の愛~コンプリート・マスターズ』シリアルナンバー入りポスターが当たった! | トップページ | ピアノはテイラー・アイグスティ 『With Love and Sadness / Matt Slocum』 »

JAZZ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 『至上の愛~コンプリート・マスターズ』シリアルナンバー入りポスターが当たった! | トップページ | ピアノはテイラー・アイグスティ 『With Love and Sadness / Matt Slocum』 »

無料ブログはココログ