2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

音楽で拡がる輪

« 北欧抒情と哀愁満載! 『Our Songs / Alex Riel  Bo Stief  Carsten Dahl』 | トップページ | 心は、いつだって旅立てる! 『Songs From Other Places / Stacey Kent (feat. Art Hirahara)』 »

2022年1月23日 (日)

キット・ダウンズが、ピアノ・トリオでECMデビュー!

 
英国のピアニスト、キット・ダウンズが、自身のピアノ・トリオで2月にECMでピアノ・トリオをリリース。
キット・ダウンズは、すでに、教会でオルガンを弾いたソロのアルバム『Obsidian』と、テナー・サックス、ギター、チェロ、ドラムスなどが参加した『Dreamlife Of Debris』の2枚のリーダー作をリリースしている俊英ピアニスト&オルガン奏者、コンポーザー。
 
次回のECM作品は、ENEMYというピアノ・トリオで2018年から共演してきたベースのペッター・エルドとドラムのジェームズ・マドレンとのピアノ・トリオでECMデビュー。
 
 
★ Vermillion / Kit Downes  Petter Eldh  James Maddren ★
Vermillion
 
 
一曲公開されている「Sister, Sister」は、しなやかさと大胆さを兼ね備えた想像力豊かな演奏。
オリジナルの他に、1曲入っているジミ・ヘンドリックスの「Castles Made of Sand」は、どんな感じにカヴァーされてるのかな。
楽しみのような、、そうでないような。。ファンの気持ちってそんなもんです。笑
 
 



1. Minus Monks
2. Sister, Sister
3. Seceda
4. Plus Puls
5. Rolling Thunder
6. Sandilands
7. Waders
8. Class Fails
9. Bobbl's Song
10. Math Amager
11. Castles Made of Sand

Kit Downes (p)
Petter Eldh (b)
James Maddren (ds)

 
 

んじゃ、退散♪

« 北欧抒情と哀愁満載! 『Our Songs / Alex Riel  Bo Stief  Carsten Dahl』 | トップページ | 心は、いつだって旅立てる! 『Songs From Other Places / Stacey Kent (feat. Art Hirahara)』 »

JAZZ」カテゴリの記事

コメント

Suzuck様
最近、自分にとって、これはという新作に出会わない中、
このキット・ダウンズという変わった名前のピアノトリオには、久々にちょっと腰据えて聴いてみるかと思った作品です。
非常に構成的でありがら自由。素晴らしい!
リンク貼らせてください。
https://zawinul.hatenablog.com/entry/2022/02/12/140626

zawinulさま、手に入れちゃったんですね!
いいなぁ。

私も、すでに配達の表示になっているので、
今日か、、遅くても明日には配達されるかなぁ。。と、思っています!

リンクをありがとうございました。m(_ _)m

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 北欧抒情と哀愁満載! 『Our Songs / Alex Riel  Bo Stief  Carsten Dahl』 | トップページ | 心は、いつだって旅立てる! 『Songs From Other Places / Stacey Kent (feat. Art Hirahara)』 »

無料ブログはココログ