2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

音楽で拡がる輪

« サックス奏者Emile Parisien が新譜をだす! | トップページ | 北欧抒情と哀愁満載! 『Our Songs / Alex Riel  Bo Stief  Carsten Dahl』 »

2022年1月19日 (水)

大勢の同郷のゲストが支える 『Houses / Silje Nergaard』

Houses
 
再び、落ち穂拾い&サブスク。
先日、紹介した『Fjaere / Espen Berg Trio 』でも、ゲストで歌っていた、ノルウェーを代表する歌手シリエ・ネルゴールの新譜です。
去年の10月にでてました。。。。
 
パンデミック中のご近所のお散歩から思いついたテーマのようです。
それぞれの曲に、豪華なミュージシャンがゲストで参加していますし、
他にも、ヘルゲ・リエンやブッゲ・フッセルトフトといった、ノルウェーを代表するミュージシャンが参加してます。
そうなんです、いわゆるジャズ・ヴォーカルという範疇からは外れるかもしれないけれど、彼女はノルウェーでは重要人物なんです。
 
オープナーのポーランドのヴァイオリン奏者アダム・バウディフが参加の「His House」から郷愁のあるメロディを感情こめて歌うネルゴールとバウディフがしっとり絡む素敵なトラック。明るくポジティブな「Window Bird」。
心の機微を感じる「A Crying Shame」は、レジェンド・ヴォーカリスト、カート・エリングが参加。
ノルウェーのベーシスト、ヨハネス・アイクが参加、穏やかな「Rain Roofs」。たんたんと歌い上げる「The Ballet Boy 」。
トニーニョ・オルタ!参加、ギターの伴奏が美しすぎる「 I Knew That I Loved You 」。
ノルウェーのサックス奏者トリグヴェ・セイムが情感を盛り上げる「 Night Street 」。
ポップでカルフルな「Candle in the Window」、マイク・ハルトゥングの歌声が味わい深い。
ノルウェーの新たなスター、サックス奏者のホーコン・コーンスタが参加する「Velvet Curtains 」、しっとりと絡み合うアルバムのハイライト。
「Balcony Ladies」、「My Neighbour's Cat 」と、少し短めな曲。
リズムが面白い「My Crowded House 」、美しい「A Long Winter 」。
終演は、ノルウェーのトランペッター、アルヴェ・ヘンリクセンとカンテレ奏者シニッカ・ランゲランが参加した「One Year」、トラディショナルのような幻想的、荘厳な雰囲気に圧倒される。
ゲストは、豪華だけれど、テーマは今を現在を見つめた彼女ならではの切り口、お見それいたしました。。
そして、大勢の同郷のミュージシャンに支えられている作品。
 
 
1. His House  ( feat. Adam Baldych )
2. Window Bird
3. A Crying Shame  ( feat. Kurt Elling )
4. Rain Roofs ( feat. Johannes Eick ) 
5. The Ballet Boy
6. I Knew That I Loved You (feat. Toninho Horta)
7. Night Street (feat. Trygve Seim)
8. Candle in the Window (feat. Mike Hartung ) 
9. Velvet Curtains (feat. Håkon Kornstad )
10. Balcony Ladies
11. My Neighbour's Cat
12. My Crowded House
13. A Long Winter
14. One Year (feat. Arve Henriksen & Sinikka Langeland )
 
今日のおまけは、Apple Musicから。
 
 
 
 
んじゃ、退散♪

« サックス奏者Emile Parisien が新譜をだす! | トップページ | 北欧抒情と哀愁満載! 『Our Songs / Alex Riel  Bo Stief  Carsten Dahl』 »

JAZZ(Far North )」カテゴリの記事

コメント

このアルバムは、私は昨年の締めくくりのアルバムとさせていただきました
北欧ジャズの一流どころとの共演作品お見事でした
まあ、ジャズもあらゆる分野を飲み込んで・・・そして発展している姿の一つとしてとらえても良いのでしょうね
私はユーロ万歳ですね
リンクお願いします ↓
http://osnogfloyd.cocolog-nifty.com/blog/2021/12/post-b16717.html

風呂井戸さま、リンクをありがとうございます。
このアルバムは、風呂井戸さまのところで、気がついたアルバムです。
ありがとうございました。m(_ _)m

ノルウェーのミュージシャンたちは、知っている人も知らない人もいたのですが、
皆さん、巧かったです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« サックス奏者Emile Parisien が新譜をだす! | トップページ | 北欧抒情と哀愁満載! 『Our Songs / Alex Riel  Bo Stief  Carsten Dahl』 »

無料ブログはココログ