2022年1月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

音楽で拡がる輪

« 北欧の空気を感じる 『Nightjar In The Northern Sky / Anna Greta』 | トップページ | まさに、燻銀 『Street of Dreams / Bill Charlap Trio »

2021年12月 8日 (水)

少しダークで、厳かな雰囲気 『On Christmas Day It Happened So / 竹内 理恵 & ギデオン・ジュークス』

On_christmas_day_it_happened_so_20211208120101

 

バリトン・サックスとチューバの低音デュオ・ユニット、「MUSIC for ISOLATION」によるクリスマス・ソング集♪

サックス奏者、竹内 理恵は、海藻姉妹、シカラムータなどのメンバーとして活躍し、チューバ奏者・ギデオン・ジュークスは、シカラムータ、渋さ知らズなどのメンバーとして活躍する東京在住のイギリス人。

バリトン・サックスといえば、、迫力ある低音で「ドス」を効かせるって、イメージ(貧困ですみません)ですし、、
チューバといえば、ラテン・ジャズやニューオリンズ・ジャズなどで、リズムの要ベース・ライクな演奏とかって、、イメージなんですが(こっちも、貧困ですんません)、、
なので、そのマイナーな感じの2管のデュオって、すげぇなぁ。。って、興味津々で買いました。

「The mysterious roots of Christmas: ancient rituals & fireside ghost stories.
〜クリスマスのルーツを辿るひととき。儀式と幽霊に彩られた古代から、暗く神秘的な何かを呼び起こす音楽〜」
 
だそうですよ。。。
メジャーな曲がほとんどなくて、手強いなぁ、、って、おもっていたら、ご本人たちの説明がありました。助かる〜♪
 
オープナーは、雪を踏みしめる足音とともに、静かに温かな音色のロングトーンで幕開けです。スコットランドのキャロル「Balulalow」、子守唄の意味だそうです。静かに、森にこだます雰囲気。
あのスティングもカバーしたことのあるバスク民族のキャロル「Gabriel’s Message」、チューバとバリトン・サックスが裏表になりながら厳かな時を告げる。
イギリスの作曲家によるキャロル「The Lamb」、スピリチュアルな雰囲気が漂う。二つの音の重なりがとても美しく、とても厳かな気持ちになる。
冒頭に、鳥の鳴き声?と水の音?が重なるタイトル曲「On Christmas Day It Happened So」、これは、いままでの中で一番明るい雰囲気なのだけど、、このイギリスのキャロルの内容は、、恐ろしい。。この物語とてもキリスト教的ですよねぇ。。
18世紀のカタルーニャ地方のキャロル「El Desembre Congelat」、朴訥でほのぼのした味わい。
冒頭に水音?が重なるルーマニアのキャロル「Legănelul Lui Iisus」、「イエスの小さなゆりかご」の意味だそうです、、ならば、重なる音は葉ぱが揺れる風音か?2人の追いかけっこが素敵です。
なんと、ヒンドゥー教の神であるクリシュナに関係する曲「Shyam Teri Bansi Pukare」、低音楽器の特性を活かしてリズミカルに、ダイナミックに。
ラジオのようなノイズの重なる「The Full Moon」は、竹内オリジナル、再び異国に渡れる願いを込めて、優しいタンギングが続きます。
ルーマニアの作曲家のキャロル「Santa Claus」、とても敬虔な雰囲気、我々のイメージするサンタ・クロースの陽気さは微塵もないですよ。
フィンランドの作曲家のキャロル、穏やかで動きのある「Jouluna」、最後に冷たい風が吹き抜けます。
13世紀の讃美歌「Veni Veni Emmanuel」、たぶん、この曲がこのアルバムの中で一番有名なのではないでしょうか…?「O Come, O Come, Emmanuel」で、ご存知の方も多いとおもいます。二つの楽器のハーモニーにうっとりしながらも、真摯な演奏に胸を打たれます。
終演は、ジュークス曲「Christmas Past」、家族へ愛、素晴らしいクリスマスの思い出に。なんだか、、とても、落ち着く時間。
 
どうでしょ、家族や大切な人と一緒に、、と、いうよりは、、
家族や大切な人を想いながら聴くって感じかな。

とても神聖、少しダークで暖か、厳かな雰囲気。
時折入っている効果音が、自然との一体感を感じさせてくれます。
そして、こういう楽器は小さな音のコントロールとか難しいとおもうのですが、
お二人とも素晴らしいテクニックだと思いました!
 

1.Balulalow
2.Gabriel’s Message
3.The Lamb
4.On Christmas Day It Happened So
5.El Desembre Congelat
6.Legănelul Lui Iisus
7.Shyam Teri Bansi Pukare
8.The Full Moon
9.Santa Claus
10.Jouluna
11.Veni Veni Emmanuel
12.Christmas Past

竹内 理恵 (bs)
ギデオン・ジュークス (tub)


今日のおまけは、、ご本人たりがあげていた新譜のトレーラー。

 

 

 

 

んじゃ、退散♪

« 北欧の空気を感じる 『Nightjar In The Northern Sky / Anna Greta』 | トップページ | まさに、燻銀 『Street of Dreams / Bill Charlap Trio »

A Merry Jazzmas」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 北欧の空気を感じる 『Nightjar In The Northern Sky / Anna Greta』 | トップページ | まさに、燻銀 『Street of Dreams / Bill Charlap Trio »

無料ブログはココログ