2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

音楽で拡がる輪

« この高揚感がたまりません!『「Androgynous Ensemble」@ JazzFLASH (11/12)』 | トップページ | 究極のインタープレイ 『Once Upon a Time Live in Avignon / Eberhard Weber』 »

2021年11月17日 (水)

厳かな聖夜を… 『Till Christmas / Till Bronner』

Till_cristmas

 
 
ドイツ生まれの欧州を代表する歌うトランペッター、ティル・ブレナー。
1970年生まれなので、40歳を過ぎましたね。
若い時の体型をキープしており、端正なお姿で、端正な演奏、甘い声で囁くように歌います。
そのお姿があまりに美形ということもあって、コアなジャズ・ファンはちょっと嫌厭されがち。しかも、チェットに憧れてて囁くような歌も結構吹き込んでいるのだけれど、私的には10代の男の子のようで、、すこし甘すぎる感じかなぁ。。
チェットは、もっとアンニュイな感覚で暗い夜道にたたずむ花なんだけど、野原のたんぽぽみたいな、、汗
 
でも、このところ私的にはスマッシュ・ヒットが続いている。
ジャケ買いしたディーター・イルグのベースとのデュオ『Nightfall 』も、ボブ・ジェームスとのコラボ作『On Vacatio』も、お気に入りだったのですよ。
なんだろうな、シュチュエーションにフォーカスするのがお得な感じ。
 
今回は、1曲ごとにゲストが入れ替わる前のクリスマス・アルバム『The Christmas Album』と違って、トランペット、ピアノ、ベースのドラムレスのトリオなので、クリスマスの厳かな雰囲気を狙ってると思います。
ピアノはフランク・カステニアー、ベースはクリスチャン・フォン・カプヘンクストと、ドイツのアーティスト。
 
オープナーは、Wham!のメンバーだったジョージ・マイケルの「Jesus to a Child」、ピアノに導かれ切なさを秘めた愛のフレーズをしっとりしと紡ぐ。
静かに雪の積もる風景を窓から眺めるような「Stille Nacht」、そう、お馴染み「きよしこの夜」、心落ち着く調べ。
名だたるクリスマス・アルバムに入ってきた「 It's beginning to look a lot like Christmas」、クリスマスの楽し風景を切り取ったウイットの効いた陽気な感じ。
 
「Christmas Time is Here」、ヴォーカルが入るのだけど。。。
「随分、、変わったなぁ、、」って、思っていたら、ブレナーではなくて、、ゲスト・ヴォーカルでした。汗ドイツのSSW、マックス・ムツケ、、美声って感じではないけど、歌も感情移入も巧いですねぇ!
 
ドイツの民謡「Maria durch ein Dornwald ging」、讃美歌として有名です。とても、厳かな時間が流れ、ジンときますね。
一転、ベースとデュオで軽快な「Jingle Bells」。
バッハの「Ich steh an deiner Krippen hier, BWV 469」、讃美歌「馬槽のかたえに我は立ちて」、3人で厳かに丁寧に音を紡いでいく。
ベース音が効果的、斬新なアレンジの「O Tannenbaum」、3人のやりとりも面白い。
「Have Yourself a Merry Little Christmas」、ゆったり優しさに溢れた演奏にうっとり。
冒頭はベースとのデュオで、これがカッコいい、全体にも歌心たっぷり遊び心たっぷり「Silver Bells」。
クリスマス・キャロル「O Little Town of Bethlehem」、ピアノとデュオで穏やかに。。
終演は、静かに、静かにドイツの子守唄「La-le-lu (Nur der Mann im Mond schaut zu)」、、子守唄でしめちゃうなんて♪
 
 
ピアノもベースも、ブレナーと厳かな音風景を創り上げています。
ジャジーで、厳かな聖夜をどうぞ。
 
 
1. Jesus to a Child
2. Stille Nacht
3. It's beginning to look a lot like Christmas
4. Christmas Time is Here
5. Maria durch ein Dornwald ging
6. Jingle Bells
7. Ich steh an deiner Krippen hier, BWV 469
8. O Tannenbaum
9. Have Yourself a Merry Little Christmas
10. Silver Bells
11. O Little Town of Bethlehem
12. La-le-lu (Nur der Mann im Mond schaut zu)
 
Till Bronner (tp, flh)
Frank Chastenier (p)
Christian von Kaphengst (b)
 
guest
Max Mutzke (vo) #4
 
 
YouTubeにご本人がアルバムをあげているのですが、、
プレミアム会員でないとダメだそう。。。
 
Apple musicをご紹介しますね。
 
 
 
 
んじゃ、退散♪
 



« この高揚感がたまりません!『「Androgynous Ensemble」@ JazzFLASH (11/12)』 | トップページ | 究極のインタープレイ 『Once Upon a Time Live in Avignon / Eberhard Weber』 »

A Merry Jazzmas」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« この高揚感がたまりません!『「Androgynous Ensemble」@ JazzFLASH (11/12)』 | トップページ | 究極のインタープレイ 『Once Upon a Time Live in Avignon / Eberhard Weber』 »

無料ブログはココログ