2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

音楽で拡がる輪

« 孤独な華 映画「Billie ビリー」@ シネウインド | トップページ | またしてもチャンレンジャー! 『Side Eye NYC V1.1V / Pat Methhny』 »

2021年9月18日 (土)

ジョージ・ムラーツが鬼籍に入ったそうです

チェコの生きるレジェンド・ベーシストだったジョージ・ムラーツが9月16日にチェコのプラハで亡くなったそうです。享年77歳。
プラハ音楽院にてクラシックとベースを学び、ドイツへ移住活動していた頃から、彼のテクニックは話題となっていたそうです。
バークレー音楽院に特待生として渡米した後は、その正確無比な音程と超絶テクニックですぐに売れっ子。とくに、美しいボーイングは彼の得意とするところでしたよね。

そんなわけで、多くの米国のジャズ・ミュージシャンが彼をレギュラーメンバーとして抱えたがったようです。

といくことで、沢山の参加アルバムがあります。
「えっ!あれも、ムラーツだったの」的なものから、リーダー作まで。

大怪我や、大病もあったので、77歳は、天寿だったのかもしれませんねぇ。

親日家だったせいか、、後年はヴィーナス・レコードでも沢山アルバムに参加しています。
ちょっと、悩んだのですが、1979年にリリースされたECMのこれにしました。

★ Elm / Richard Beirach George Mraz Jack DeJohnette ★

 

Elm

バイラークのリリカルで透明感あるピアノ、ディジョネットの美しいスティック裁き。
そして、耽美的な演奏から、熱く高揚感ある演奏まで、正確なピッチでボトムを支えながら、超絶難解フレーズをバンバン叩き込んでくるムラーツのベースでなければ、透徹で幻影的な雰囲気をキープできませんよねぇ。

しかし、「雪豹」、熱いですな。。


1. Sea Priestess
2. Pendulum
3. Ki
4. Snow Leopard
5. Elm

Richard Beirach (p)
George Mraz (b)
Jack DeJohnette (ds)

生の演奏を聴く機会がありませんでした。

とても、残念です。

どうぞ、安らかにお眠りください。


合掌。

 

 

んじゃ、退散♪

« 孤独な華 映画「Billie ビリー」@ シネウインド | トップページ | またしてもチャンレンジャー! 『Side Eye NYC V1.1V / Pat Methhny』 »

JAZZ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 孤独な華 映画「Billie ビリー」@ シネウインド | トップページ | またしてもチャンレンジャー! 『Side Eye NYC V1.1V / Pat Methhny』 »

無料ブログはココログ