2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

音楽で拡がる輪

« まぢかぁ!!『至上の愛』未発表盤リリース | トップページ | おうち時間が充実する♪ 「クワイエット・コーナー2 日常に寄り添う音楽集 / 山本 勇樹 (著)」 »

2021年8月31日 (火)

真摯で内省的 『Overpass / Marc Johnson』

Overpass

 
ビル・エヴァンス・トリオの最期に在籍していた米国のレジェンド・ベーシスト、マーク・ジョンソン。現在は、あのイリアーヌさまのパートナーでございますね。
 
今回は、ECMからウッド・ベースでソロ演奏のアルバムをリリース。
彼のオリジナルが5曲、エヴァンス所縁の曲やエディ・ハリスの曲で全8曲。
 
オープナーは、エディ・ハリスの「Freedom Jazz Dance」。ベース一本でこの曲を選曲するって、やっぱり、強者ですよね。
荘厳な雰囲気な「Nardis」、空間が大きく使われ胸にズシンと重たい。
ボーイングから始まるオリジナル「Samurai Fly」、ボーイングとピチカートの演奏が多重録音になっていて華やか、「Samurai Hee-Haw」を再構築したもの。
エヴァンス・トリオで馴染み深い「Love Theme from Spartacus」、一音一音が胸に深く沈み込む…。丁寧にメロディを奏で、人生を語る。
この後、オリジナルが4曲続きます。
陰りのある曲調、内省的な演奏、「Life of Pai 」。何気に超絶フレーズ満載「 And Strike Each Tuneful String」。
ボーングとピチカートの多重録音で「Yin and Yang」、エキゾチックな曲調でボーングが太い二胡のよう。
終演は、高速フレーズで圧倒する「Whorled Whirled World」、ボディ・パーカッション??パーカッシヴな音も気持ちが急ぐ。
 
真摯で内政的な感じが強く、じっくりと集中して聴きたい…。

1. Freedom Jazz Dance 
2. Nardis 
3. Samurai Fly 
4. Love Theme from Spartacus 
5. Life of Pai 
6. And Strike Each Tuneful String 
7. Yin and Yang 
8. Whorled Whirled World 
 
Marc Johnson (b)
 
今日も、丁度いいかんじの音源を探せませんでした。m(_ _)m
 
んじゃ、退散♪

« まぢかぁ!!『至上の愛』未発表盤リリース | トップページ | おうち時間が充実する♪ 「クワイエット・コーナー2 日常に寄り添う音楽集 / 山本 勇樹 (著)」 »

JAZZ(Born In The U.S.A. )」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« まぢかぁ!!『至上の愛』未発表盤リリース | トップページ | おうち時間が充実する♪ 「クワイエット・コーナー2 日常に寄り添う音楽集 / 山本 勇樹 (著)」 »

無料ブログはココログ