2022年6月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

音楽で拡がる輪

« マルチン・ボシレフスキ・トリオが9月に新譜をだす! | トップページ | 不思議の国の住人… 『View / 橋本 一子』 »

2021年8月14日 (土)

秋の色彩 『Staying in Touch / Sinne Eeg & Thomas Fonnesbæk』

Staying_in_touch


 




好評だったシーネ・エイとトマス・フォネスベクの2015年のデュオ・アルバム『Eeg Fonnesbaek』。

Stuntレーベルから再び、デュオ盤がリリースです。前回のデュオ・アルバムのリリース以来、2人はコラボレーションを続けていたそうで、再び親密な演奏が聴けちゃうわけです。

3曲のオリジナルとスタンダード、ポップスで、11曲。

 

オープナーは、肉厚なベース音で始まる「Spring Waltz」。落ち着いたエイの歌声にほっとする。ベースとデュオにぴったりの声ですよね。

ベースの絡みが絶妙で楽しい「Too Close For Comfort」躍動感が素晴らしい。

ストリングスが加わって重厚な雰囲気「Orphans」。

お馴染み「Take Five」のセクシーでクールなこと!!素敵♪

再びストリングスがはいって、陰影の深い「The Streets of Berlin」。

感情移入たっぷり包容力を感じる「The Long and Winding Road」。

粋で洒脱な「How Deep Is the Ocean?」、お得意のスキャットも素晴らしい。

アップテンポでふたりで超絶に駆け抜ける「Just One of Those Things」。

一転、説得力あるベース・ソロたっぷり、ゆっくりゆったり「Round Midnight」、一言、一言、語りかけてくるエイにうっとり。

再び、ストリングスが入って丁寧に、丁寧に歌い上げる「Those Who Were」。

終演は、阿吽、息もぴったり「The Dry Cleaner From Des Moines」、お見事!

 

 

肉厚で躍動感あるベースの歌心いっぱいのプレイ、メロディを大切にしながらも、スキャット使い伸び伸びと絡んでくる歌唱。

インティメイトで瀟洒でハートウォーミングな雰囲気を保ちつつ、優れたインタープレイが重ねられていきます。

アルバムの中は、秋の色彩でいっぱい。。しかし、スーパー・デュオですねぇ。。

 

 

1. Spring Waltz
2. Too Close For Comfort
3. Orphans
4. Take Five
5. The Streets of Berlin
6. The Long and Winding Road
7. How Deep Is the Ocean?
8. Just One of Those Things
9. Round Midnight
10. Those Who Were
11. The Dry Cleaner From Des Moines

Sinne Eeg (vo) 
Thomas Fonnesbæk (b) 
Karsten Bagge (ds) #3, 5, 10

LiveStrings #3,5,10

 

今日のおまけは、シーネ・エイご本人があげていた「Take Five」。

 


 

んじゃ、退散♪


« マルチン・ボシレフスキ・トリオが9月に新譜をだす! | トップページ | 不思議の国の住人… 『View / 橋本 一子』 »

JAZZ(Far North )」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« マルチン・ボシレフスキ・トリオが9月に新譜をだす! | トップページ | 不思議の国の住人… 『View / 橋本 一子』 »

無料ブログはココログ