2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

音楽で拡がる輪

« 躍動感と感性溢れでる  『LIVE at Dede STUDIO TOKYO / Sumire Kuribayashi Trio』 | トップページ | ちょっと妖しくビターなテイスト 『Indaco Hanami /  Trio Kàla  ( Rita Marcotulli, Ares Tavolazzi, Alfredo Golino)』 »

2021年8月 1日 (日)

小粋で洒落てる 『TOKU in Paris』

Toku_in_paris

去年でた新潟は三条市出身のフリューゲルホーン奏者&トランペット奏者&ヴォーカリストのTOKU。
日本離れした感覚のヴォーカルと温もり感じるフリューゲルの演奏は唯一無二。
そんな彼が、デビュー20周年を記念したアルバムを去年の5月にリリース。
私は、今年になってやっと手に入れました。汗

 

近年、親交のあるフランスのピアニスト、ジョン・ミラバッシがプロデュースしピアノで参加している。
もともとは、フランス人ジャズ歌手のサラ・ランクマンが、自身のアルバムで彼とのデュエットを希望したことから、彼がパリに行ったことをきっかけに、パリのミュージシャンたちとこのアルバムを残すことに。
ほぼ彼らのオリジナルで、1曲ミッシェル・ルグランの「I Will Wait For You」を選曲。

 

オープナーは、アフリカン・ビートが効いた「 Love Is Calling You」、アルト・サックスとトランペットの絡みがスリリング。
可愛いワルツは、サラ・ランクマン曲「She Comes Back Again 」、レジェンド、チェッカレリのドラムが軽快でとても楽しいそう。
続く曲もサラ・ランクマン曲「After You」、ミラバッシのピアノとヴォーカルの会話が素敵、うっとりするバラッド。
ジョン・ルイスとホレス・シルバーに敬意を捧げた「Strollin' In Paris」、ピエリク・ペドロンのアルトが自在に歌う、ユニゾンやキメもあってジャズ!
ご本人曰く大好きなシャーデーにインスパイアされた「 I Think I Love You」、ちょっと気だるいかんじがツボ。
変幻自在パリヴァージョン「NUAGEUX」。
演奏者にとって鬼門のある曲で「Be Careful 」、最後までスリル満載。
フランスのレジェンド、ミッシェル・ルグランの有名曲「 I Will Wait For You 」、サラ・ランクマンの陰影ある声とデュエット。愛の情景が浮かび上がるような熱唱。
「Still In Love With You」、恋の成り行きを刻むボレロのリズム。

ピアノとデュオの「Blue Smoke」、ため息をつきたくなるような美しいデュオ、切なさ愛しさは背中合わせ。

終演は、楽しい時間を惜しむような満ち足りた気分に満ちた、、まさにそのまま「Closing」。

日本版ヴォーナス・トラック、「For Me Formidable」、フランス語に挑戦!


海外でも積極的に活動しているコスモポリタンなTOKU ならではのサウンド。

TOKUの演奏はもちろん、ジョバンニ・ミラバッシをはじめ、フランスのジャズメンの演奏も楽しめちゃうお得盤!

1. Love Is Calling You
2. She Comes Back Again
3. After You
4. Strollin' In Paris
5. I Think I Love You
6. NUAGEUX
7. Be Careful
8. I Will Wait For You
9. Still In Love With You
10. Blue Smoke
11. Closing
ボーナス・トラック
12. For Me Formidable


Toku ( vo, tp, flh) Vocals, Trumpet, Flugelhorn ;
Pierrick Pedron (as) #1,4,5,7,11
Giovanni Mirabassi (p)
Thomas Bramerie (b) #1,7,9,12
Laurent Vernerey (b) #2,3,4,5,6,8,11
Andre “Dede” Ceccarelli (ds) #2,3,4,5,6,8,11
Lukmil Perez (ds) #1,7,9,12

guest
Sarah Lancman (vo) #8

今日のおまけはショーケース的なこちら。

今月末に新潟にライブにくるのですよね、
行きたいなぁ。

んじゃ、退散♪

 

« 躍動感と感性溢れでる  『LIVE at Dede STUDIO TOKYO / Sumire Kuribayashi Trio』 | トップページ | ちょっと妖しくビターなテイスト 『Indaco Hanami /  Trio Kàla  ( Rita Marcotulli, Ares Tavolazzi, Alfredo Golino)』 »

JAZZ」カテゴリの記事

コメント

Suzuck様、今晩わ。このSarah Lancmanとの動画見ると、ゾワゾワしますね。落ちてしまう。昔からTokuの歌声や演奏は何か胸にくるものがあり、元々御贔屓なんですが、歳を重ねて益々色気が出てきましたね。日本版カート・エリングですね。早速、itunesでダウンロードしました。

zawinulさま、めちゃかっこいいですよね。

新潟の十日町市というところで、スウェーデンのビッグ・バンドと共演したのを聴きました。
ビッグ・バンドをバックにそれはそれはかっこよかったです。

8月末の新潟のライブにも行きたいのですが、、
新潟も時短になりそうだし、増えてるし。。悩ましいです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 躍動感と感性溢れでる  『LIVE at Dede STUDIO TOKYO / Sumire Kuribayashi Trio』 | トップページ | ちょっと妖しくビターなテイスト 『Indaco Hanami /  Trio Kàla  ( Rita Marcotulli, Ares Tavolazzi, Alfredo Golino)』 »

無料ブログはココログ