2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

音楽で拡がる輪

« Erikaこと、Erika Matsuoさんのニューヨーク在住20周年の新譜が出る! | トップページ | 躍動感と感性溢れでる  『LIVE at Dede STUDIO TOKYO / Sumire Kuribayashi Trio』 »

2021年7月28日 (水)

8月の終わりにヤン・ラングレが新譜をだす!

ACTレーベルから、8月の終わりにヤン・ラングレンが新譜を出します。
ピアノ、ソプラノサックス、ベースのちょっと、変わったトリオ。


★ Into the Night / Jan Lundgren ★


 


Into_the_night


 



ヤン・ラングレンが音楽監督を務めるYstad Jazz Festival。
彼は、2020年のフェスティバルで、トリオで演奏することになっていたそうです。
ところが、コロナ禍の旅行制限で、ドラマーがキャンセルになってしまい、急遽、フランス人のサックス奏者、エミール・パリジャンをトリオに迎えた。


 


そこからは、彼曰く「「三位一体、神の摂理!」


 


曲は、メンバーの曲やトラディショナル。
大好きなラーシュ・ダニエルソンの曲が2曲入っている!


 



1. Glädjens Blomster ( traditional)
2. Asta ( Lars Danielsson)
3. Préambule ( Emile Parisien)
4. I Do ( Jan Lundgren)
5. Schubertauster ( Vincent Peirani)
6. A Dog Named Jazze ( Jan Lundgren)
7. Into the Night ( Jan Lundgren)
8. Ystad ( Lars Danielsson)




Jan Lundgren (p)
Lars Danielsson (b)
Emile Parisien (ss)



んじゃ、退散♪

« Erikaこと、Erika Matsuoさんのニューヨーク在住20周年の新譜が出る! | トップページ | 躍動感と感性溢れでる  『LIVE at Dede STUDIO TOKYO / Sumire Kuribayashi Trio』 »

JAZZ(Far North )」カテゴリの記事

コメント

Suzuckさん、こんばんわ。
いつも有用な新作情報いただきありがとうございます。
これはまた注文しなければとの思いにさせてくれる・・誘惑度の高いアルバムですね。
ラングレンとパリジャンの取り合わせでどうなったのか?興味津々❕です。

baikinnmannさま。。
私的には、ベーシストのラーシュ・ダニエルソンも狙いなんです。
どんな絡みになっているのか。。楽しみですね。

Suzuckさん、
そうそう、おっしゃるようにダニエルソンとの3人の絡み、聴きどころですね😊

baikinnmannさま!
ですよね!! ありがとうございまぁす♪

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« Erikaこと、Erika Matsuoさんのニューヨーク在住20周年の新譜が出る! | トップページ | 躍動感と感性溢れでる  『LIVE at Dede STUDIO TOKYO / Sumire Kuribayashi Trio』 »

無料ブログはココログ