2021年9月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

音楽で拡がる輪

« パワフルで、超絶プレイ 『Liberation Time / John McLaughlin』 | トップページ | Erikaこと、Erika Matsuoさんのニューヨーク在住20周年の新譜が出る! »

2021年7月24日 (土)

ブルース・フィーリング、たっぷり… 『Squint / Julian Lage』

Squint_20210721155301
 
2019年の『Love Hurts』からメンバーを一新し、ドラマーにデイブ・キング、ベーシストにホルヘ・ローダーを迎え、今まで息のあった演奏を続けているギタリスト、ジュリアン・レイジ。
Blue Note Recordsへの移籍第一弾となった今作も同じメンバー。
即興音楽と同じくらいシンガー・ソングライターの音楽にも魅了されてきた、と語り、11曲中9曲がオリジナル。
 
オープナーは、ギター・ソロによる「Etude」。もう、ため息がでるほど可愛らしくてエレガント。はい、心の準備はできました!
ベースとドラムが入って「 Boo’s Blue」、ブルース・フィーリングたっぷりに弾きこなすレイジ。
タイトル曲「Squint 」、高速フレーズ炸裂、即興でのレスポンスがかっこいい。
「Saint Rose 」、故郷の山の山火事を痛んで創った曲は、ポップでキャッチー。
「Emily」、ジャズファンならば誰もが知っているだろう曲を、繊細でしなやか、そして、ロマンチックに仕上げる。
ドラムとベースから始まる「Familiar Flower」、チャールズ・ロイドへの捧げたトラック、ロイド流のキメがいいよね。
「Day and Age 」、長閑さと哀愁をもったメロディをストレートに。
静かに、そして、絶妙に、、執拗に「Quiet Like A Fuse」。
「Short Form」、優しく、柔らかに、、そして、確信的に。
「Twilight Surfer 」、夕暮れのハワイの海岸にまっしぐら!
ジーン・オートリィの「Call of The Canyon」、渓谷に陽は暮れる…。
 
 
自分を見つめなおし、メッセージ性の強い楽曲が並ぶ。
ジャズはもちろん、ロック・ブルース・カントリーなどなどジャンルを越境したジュリアン・レイジ・ワールド健在。休日のお供にいかがでしょ。
 
1. Etude 
2. Boo’s Blue 
3. Squint 
4. Saint Rose 
5. Emily
6. Familiar Flower 
7. Day and Age 
8. Quiet Like A Fuse 
9. Short Form 
10.Twilight Surfer 
11.Call of The Canyon 
 
Julian Lage (g)
Jorge Roeder (b)
Dave King (ds)
 
今日のおまけは、ご本人があげていた「Twilight Surfer 」。
 
 
んじゃ、退散♪
 



« パワフルで、超絶プレイ 『Liberation Time / John McLaughlin』 | トップページ | Erikaこと、Erika Matsuoさんのニューヨーク在住20周年の新譜が出る! »

JAZZ(Born In The U.S.A. )」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« パワフルで、超絶プレイ 『Liberation Time / John McLaughlin』 | トップページ | Erikaこと、Erika Matsuoさんのニューヨーク在住20周年の新譜が出る! »

無料ブログはココログ