2021年7月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

音楽で拡がる輪

« 創造力が溢れ出る 『Sunrise Reprise / Chris Potter』 | トップページ | 9月にカート・エリングがチャレンジャーな新譜をだす!! »

2021年6月 2日 (水)

これはめちゃくちゃ沁みる…『Cathedral / Philipp Schiepek & Walter Lang 』

Cathedral_20210602090501
 
ピアノの詩人と呼ばれるドイツの人気ピアニスト、ウォルター・ラングの新譜は、ACTレーベルからリリースされたギターとピアノのデュオ作品。
ギターは、「未来を約束されたギタリスト」と評される26歳のドイツの天才ギタリスト、フィリップ・シーぺック。
ジャズとクラシック・ギターの語法をマスターしたスタイルで、洗練されたハーモニーと繊細なダイナミクスを持つ、若干26歳のドイツで超注目株の若手ギタリスト。
全11曲がオリジナル、9曲がラングの曲で、2曲がシーペックの曲。
 
オープナーは、中東の街角にでも迷い込んだような「Sumniran」。
タイトル曲「Cathedral」のぐっと想いのこもった真摯な雰囲気。
「Estrela Cadente」、ピアノ詩人の力を遺憾なく発揮し、クラシック・ギターと美しく溶け合い美しい。
琴の調べのようなピアノとギターのアンサンブル「Kamo」は、日本情緒を感じる。
静かな時のの流れを感じるシーペックのオリジナル「Pilgrimage 」、2人のソロも素敵。
「Meditation in Ten」、裏に表になりながら次第に夢の世界に誘う。
牧歌的な旋律が心を和ませる「Gliding over Meadows 」。
 
シーペックが繊細なソロで奏でる前奏曲「Prelude To the World Is Upside Down 」。
「The World Is Upside Down」、少しアップテンポで息のあった演奏が続く。
ゆったりしたテンポにもどり、仄暗さと微かな明るさが混じり合う優しさに満ちた「Light at the End of the Tunnel 」。
終演は、全世界に向けた「The Encourager 」、希望に満ちた柔らかな流れ。
 
探究心旺盛な2人の演奏は、静かに語らうような厳かな雰囲気。
そして、ピアノとギターのナイロン弦が溶け合うような優しいハーモニーで穏やかに音楽を紡いでゆく。
互いに一音一音を確かめるような演奏は、心に沁みる。
聴くもの全てを優しく包み込むような深い響きを持った美しく繊細な空間…癒しの時間。
 
1.Sumniran
2.Cathedral
3.Estrela Cadente
4.Kamo
5.Pilgrimage
6.Meditation in Ten
7.Gliding over Meadows
8.  Prelude To the World Is Upside Down
9.The World Is Upside Down
10. Light at the End of the Tunnel 
 
Phillipp Schiepek (g)
Walter Lang (p)
 
今日のおまけは、ギタリストがあげていた「The Encourager 」。
 
 
んじゃ、退散♪

« 創造力が溢れ出る 『Sunrise Reprise / Chris Potter』 | トップページ | 9月にカート・エリングがチャレンジャーな新譜をだす!! »

JAZZ」カテゴリの記事

コメント

おお、もう手に入ったんですね。
Walter Lang のメロディー演奏の引きつける魅力はいつも感じています。ジャズ・ピアニストの技量的にはメルドーのようなハイレベルにはないのですが、日本人好みの世界を持っているように思ってます。
このアルバムは私も注文してあります。^^

風呂井戸さま、今回はリリース日の早い輸入盤にしました!

ラングの演奏も、曲も、陰影と抒情があっていいですよね。
日本で人気なのもよくわかります。

はやく、アルバムがとどきますように。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 創造力が溢れ出る 『Sunrise Reprise / Chris Potter』 | トップページ | 9月にカート・エリングがチャレンジャーな新譜をだす!! »

無料ブログはココログ