2021年7月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

音楽で拡がる輪

« 清楚で表現力豊か 『Look For The Silver Lining / Isabella Lundgren』 | トップページ | ノラ・ジョーンズの魅力あふれるライブ盤 『'Til We Meet Again (Live / Japan Exclusive)  / Norah Jones』 »

2021年5月19日 (水)

想像絶する面白さっ!  『Little Boy's Eyes / 土岐 英史』

Little_boys_eyes
 
 
アルトサックスの至宝、土岐 英史の新作は、次世代を代表するギタリスト2人という変則編成。
ボーダレスなジャズシーンを牽引する若手ギタリスト、荻原 亮と井上 銘の2人を起用。
サウンドが想像つかないけど、このギタリスト2人ならばかっこいいサウンドになりそうじゃありませんか。。(ポチっ)
 
土岐オリジナル4曲、スタンダード5曲で、全10曲。
左に荻原、右に井上の布陣でっす!
 
オープナーは、荻原がクールにテーマをとった「Beautiful Love 」、アルトがはいると、井上がはっきりしたランニングベースをいれて、グルーブ増。
井上とアルトとユニゾンではじまる「The Guitar Man 」、ブルージーに2本のギターが彩る。
美しいギターのアンサンブルにのったメロウなアルト、即興は、左でワウペダル?効いた歪んだ響きで挑めは、右でタフにストレートなプレイ「Wyeth」。
「The Man With A Little Boy's Eyes」、タイトル曲でいいですよね。音もプレイもジャズ・ギターをはみでた2人とソプラノが、ぴたりとはまる。
スローにテンダーに「Smoke Gets In Your Eyes」。温かみのあるアルトの音に、繊細なギターの響きがぴったり、歌心たっぷりの1曲。
楽しみにしていたボビー・ヘブの「Sunny」、切れ味のよいカッティングではじまり、ブルース・フィーリングたっぷりに泣くギター。
躍り出たソプラノのイナせなこと。テクニカルで長尺な2人のギターソロ、デュオに釘付け。
コントラストも鮮やかにノリのよい「C Minor」。
流麗でクラシカルな響きのギターで始まる「My Foolish Heart 」、エモーショナルなソプラノでしっとりしたナンバー。
終演は、「You'd Be So Nice To Come Home To」、グルーヴィでスリリング、最後の最後まで気合充分!
 
ドラムもベースも居ない大きな空間を、俊英のギタリストたちが所狭しと泳ぎ続ける。
そこに飛竜雲に乗る勢いでサックスを鳴らす土岐。
それは、それは、かっこいいです!想像を絶する面白さ♪
 
1. Beautiful Love 
2. The Guitar Man 
3. Wyeth 
4. The Man With A Little Boy's Eyes 
5. Smoke Gets In Your Eyes 
6. Sunny 
7. C Minor 
8. My Foolish Heart 
9. You'd Be So Nice To Come Home To
 
土岐 英史 (as #1,2,3,5,7,9   ss # 4,6,8)
荻原 亮  (g)  left channel
井上 銘  (g) right channel
 
今日のおまけは、レーベルがあげていた「The Man With A Little Boy's Eyes 」。
 
 
 
 
面倒なことばかり多い毎日ですよね。
このアルバムでスカッとしましょ〜
 
んじゃ、退散♪

« 清楚で表現力豊か 『Look For The Silver Lining / Isabella Lundgren』 | トップページ | ノラ・ジョーンズの魅力あふれるライブ盤 『'Til We Meet Again (Live / Japan Exclusive)  / Norah Jones』 »

JAZZ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 清楚で表現力豊か 『Look For The Silver Lining / Isabella Lundgren』 | トップページ | ノラ・ジョーンズの魅力あふれるライブ盤 『'Til We Meet Again (Live / Japan Exclusive)  / Norah Jones』 »

無料ブログはココログ