2021年12月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

音楽で拡がる輪

« ずっとミニマルなフレーズが頭に残る…『Entendre / Nik Bartsch』 | トップページ | 前トリオからイメージ一新 『Uneasy / Vijay Iyer 』 »

2021年4月14日 (水)

白熱!エッヂの効いた超タイトなサウンド  「Kazuki Yamanaka Quartet @ Jazz FLASH (4/13)」

Kazuki Yamanaka Quartet @ Jazz FLASH (4/13)
山中 一毅 (as & ss)
渡辺 翔太 (p) 落合 康介 (b) 大村 亘 (ds)

 

Kazuki_yamanaka

 

サックス奏者の猛者、山中 一毅。
去年FRESH SOUNDリリースした『Dancer In Nirvana』は、ニューヨークで活躍する奏者との即興を中心としたアルバムなのですが、

とても美しい瞬間に溢れたアルバムだとおもいました。
なので、去年は発売ツアーが、コロナで延期になって残念でした。


今回は、彼のオリジナルを演奏するパーマネントなバンドだそうです。
したがって、休憩を含めての2セット、彼のオリジナル。

1セットめが、
「Dancer In Nirvana」、「新曲」、「新曲Miyako」
これらは、彼の日常からインスピレーションを受けて作曲した曲。
そして、「Donna Lee」を解体し構築しなおした曲。
芯のしっかり詰まったエッヂの効いた音で、集中力高く気合いの入った自在な演奏。
リーダーの貫禄十二分!偉そうで申し訳ないのですが、また、大きく成長してる!

2セット目は、スタンダード「It Could Happen To You」を構築しなおした「It Could Happen To Lee 」。リーは、お師匠さんのリー・コニッツ氏、彼にこういう作曲方法を勧めてくれたことへの敬意も含めて。


「Tears of Hiroshima」、「Beyond Purgatory」
ここ流れは、特にすごかった、このライブのハイライト。まさに、怒涛、魂の叫び。
奏者の皆さんと一緒に、両側の方達が大揺れでございましたね。
終演は、「Reminiscence」。当然のアンコール、すみませんタイトル失念。m(_ _)m

 


インスピレーションを大切に、仲間と瞬時に交わす演奏の数々。
即興主体で、アヴァンギャルド、エッヂの効いた超タイトなサウンドに聴き入りました。いや、熱狂。

優しい繊細なタッチなのにグルーヴィなピアノ、えっって、斬新でアメージングなベース。
そして、リーダーの陰で手が千手観音のように見えた美しすぎるドラム。
もう、白熱の幸せ過ぎる時間でした!

 

去年の9月のピットインのライブを収めた「Beyond Purgatory ~Live at Pit Inn 2020~」。
なんと、ブルーレイで、ジャズウ評論家の中川よう氏のライナーも含め、20頁のリフレット付き。
はい、お買い上げしましたよ。読まなくちゃね。

こんな時に新潟で、気鋭のミュージシャンの今を聴くことができるのは、大変ありがたい凄いことです。
ミュージシャンの皆さん、ありがとうございました。m(_ _)m
そして、感染対策バッチリで、ライブを開催してくださったマスターと女将さん、ありがとうございました。

 

また、いらしてくださいね。
んじゃ、退散♪

« ずっとミニマルなフレーズが頭に残る…『Entendre / Nik Bartsch』 | トップページ | 前トリオからイメージ一新 『Uneasy / Vijay Iyer 』 »

JAZZ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ずっとミニマルなフレーズが頭に残る…『Entendre / Nik Bartsch』 | トップページ | 前トリオからイメージ一新 『Uneasy / Vijay Iyer 』 »

無料ブログはココログ