2021年5月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

音楽で拡がる輪

« 開放感ある幽玄唯一な世界 『Tone Poems / Charles Lloyd & The Marvels』 | トップページ | 自然体でリラックスした表情が素敵 『You Should Have Told Me / Ellen Andersson』 »

2021年4月 4日 (日)

ECMから田中 鮎美が参加するアルバムが!

ノルウェーの重要ドラマーのトーマス・ストレーネンが4月に新譜をだすのですが、

2018年のトーマス・ストレーネンのアルバム『Lucas』に参加していたノルウェー在住の日本人ピアニスト田中 鮎美と、クラリネット奏者・シンガー・パーカッショニストのマルテ・リーとのトリオ作品なのです。

 

3人は、オスロのオスロの王立音楽アカデミーで、ともに学んだ仲間だそうで、今回は、そのトリオで満を持してのECMデビュー。

 

★ Bayou / Thomas Stronen ★

 

Bayou

 

1. Bayou
2. Pasha
3. Duryea
4. Nahla
5. Varsha
6. Eyre
7. Dwyn
8. Bayou II
9. Como
10.Chantara

 

Thomas Strønen (ds,perc)
Ayumi Tanaka (p)
Marthe Lea (cl,vo,perc)

 

トーマス・ストレーネンが、2曲あげていたのですが、そのうちの「Varsha」。

 

 

どうでしょ?
透明でアンビエントなコンテンポラリー・サウンド?
って、感じでしょうか?

 

んじゃ、退散♪

« 開放感ある幽玄唯一な世界 『Tone Poems / Charles Lloyd & The Marvels』 | トップページ | 自然体でリラックスした表情が素敵 『You Should Have Told Me / Ellen Andersson』 »

JAZZ(Far North )」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 開放感ある幽玄唯一な世界 『Tone Poems / Charles Lloyd & The Marvels』 | トップページ | 自然体でリラックスした表情が素敵 『You Should Have Told Me / Ellen Andersson』 »

無料ブログはココログ