2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

音楽で拡がる輪

« 自然体でリラックスした表情が素敵 『You Should Have Told Me / Ellen Andersson』 | トップページ | 白熱!エッヂの効いた超タイトなサウンド  「Kazuki Yamanaka Quartet @ Jazz FLASH (4/13)」 »

2021年4月11日 (日)

ずっとミニマルなフレーズが頭に残る…『Entendre / Nik Bartsch』

Entendre



スイスのピアニスト、作曲家、RoninやMobileのリーダーとして知られているニック・ベルチュのソロ・アルバム。ECMでは、はじめてのソロ・アルバムだそうです。


「Modul」という名前のトラックがならんでいますが、「Modul」は、最終形態としての楽曲ではなくて、テンプレートのようなものと捉えているようです。
ナンバーのふられた「Modul 」は、発展させたり、組み合わせたりして、新たな作曲や演奏、即興のアイディアを得ることができるのだそうです。




オープナーの「Modul 58_12」、タイトル通り「Modul 58」と「Modul 12」を組み合わせたもの、ミニマルなフレーズ、タッチ、複雑な重なり、反復の高揚感。
「Modul 55」、内部奏法などを使い、様々な音が現れる。
「Modul 26」、ディレイのような効果、、神秘的、反復につぐ反復に音酔いしそう。
「Modul 13」、ベース・ラインを思わせる反復が印象的。
「Modul 5」、モールス信号のような微細なタッチからスリリングでエモーショナルな演奏まで。
終演は、「Deja-vu, Vienna」、硬質な音が雨垂れのように静かに降りそぞぐ。もしかしたら、「Modul」のどれかが組み込まれているのかもしれない。


硬質な音、ミニマルなフレーズが、、ずっと、頭に残ります。



1.Modul 58_12
2.Modul 55
3.Modul 26
4.Modul 13
5.Modul 5
6.Deja-vu, Vienna



Nik Bartsch (p)




今日のおまけは、ご本人があげていた「Deja-vu, Vienna」。







んじゃ、退散♪


« 自然体でリラックスした表情が素敵 『You Should Have Told Me / Ellen Andersson』 | トップページ | 白熱!エッヂの効いた超タイトなサウンド  「Kazuki Yamanaka Quartet @ Jazz FLASH (4/13)」 »

コメント

Suzuckさん,こんばんは。

私は彼のやっている音楽が実に好きでして,このアルバムもピアノ・ソロだけにファンク度は低いものの,このダイナミズムもあるミニマル感がたまりませんねぇ。これもよかったので,結局”Hishiryo"(禅で言うところの非思量ですね)も買ってしまいました。そっちもそのうちアップしたいと思います。

私のテイストに合致した音楽としか言えませんが,つくづくこういうのを気持ちいいと感じてしまうんですよねぇ。

ということで,当方記事のURLを貼り付けさせて頂きます。
https://music-music.cocolog-wbs.com/blog/2021/04/post-493636.html

閣下、これはなかなかよかったですよね。
合気道とか浪人とか、不思議な感覚だともおもうんですが、
その感覚はソロのアルバムでも、まったく、ずれてないです。

気持ちいいというか、、洗脳されてる気分です。汗

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 自然体でリラックスした表情が素敵 『You Should Have Told Me / Ellen Andersson』 | トップページ | 白熱!エッヂの効いた超タイトなサウンド  「Kazuki Yamanaka Quartet @ Jazz FLASH (4/13)」 »

無料ブログはココログ