2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

音楽で拡がる輪

« ★ すずっく2020 ジャズ・インスト 編 ★ | トップページ | 甘く穏やかな時の流れ… 『On Vacation / Till Bronner and Bob James』 »

2021年1月 3日 (日)

『John Piano Solo / Marc Copland』を聴きながら「☆ 2021年 たった一つの願いこと☆

2021年もよろしくお願いします。m(_ _)m

 ★今年は辛丑で〜す★

そうです、丑年ですよ。まぁ、ゆっくりと歩んでいきましょう。

 

毎年、冒頭を飾るのは、女性アーティストのアルバムと決めていたのですが、
今年からは、年末にやってきて、ブログ・アップしそこなったアルバムにいたします。

『John Piano Solo / Marc Copland』

 

John

タイトルを見ると、お正月から、、ちょっと胸がキュンとしそうです。
2017年8月22日に鬼籍にはいった、マーク・コープランドの親友ジョン・アバークロンビーの追悼盤。
息の合った演奏で、数々の共演作を残した2人…コープランドが全曲アバークロンビーの曲を独りで弾いています。

オープナーの「Timeless」からリリシズム溢れるコープランドのピアノに魅了されます。
コープランドの個性的なハーモニーで幻想的な「Isla」。内向きだけど躍動感のある「Flip Side」。
渦巻のような揺れの中にいるような「Sad Song」。
暗く流麗な「Avenue」。どこか可愛らしさのある「Sunday School」。
静謐な中に光のさす「Remember Hymn」。不思議の国の玉手箱「Love Letter」。
終演は、警鐘を鳴らすような「Vertigo」。終わった後に闇が押し寄せてくるような気がする。

2人の内省的な性格が、見事に浮かび上がった作品。
静かな夜に、独りで聴きたいですね。

工藤さま、探し出してくださって、、ありがとうございました!

1.Timeless
2.Isla
3.Flip Side
4.Sad Song
5.Avenue
6.Sunday School
7.Remember Hymn
8.Love Letter
9.Vertigo

Marc Copland (p)

今日のおまけは、ご本人があげていた「Timeless」。

 

 

沁みるぅぅ〜

最後に、

 

すずっく2021年はたった一つの願いこと

それは、コロナ禍の収束です。

 

皆さまが、安全であることを祈ってます。どなた様も、どうか健康でご無事であられますように!

今年もよろしくお願いいたします!m(_ _)m
んじゃ、退散♪

« ★ すずっく2020 ジャズ・インスト 編 ★ | トップページ | 甘く穏やかな時の流れ… 『On Vacation / Till Bronner and Bob James』 »

JAZZ」カテゴリの記事

コメント

Suzuckさん,こんにちは。本年もよろしくお願いします。

「静かな夜に、独りで聴きたいですね。」というのがまさにおっしゃる通りの,ついでに膝もかかえたくなる私です(爆)。

本作も,Marc Coplandのソロ・ピアノには抗いがたい魅力があると感じさせるものとなっていましたし,ジョンアバの曲をピアノで聞くと,また新しい感慨が生まれますね。Marc Coplandのジョンアバへの想いがよく表れた作品でした。もう少し入手が楽になるといいんですけど。

ということで,当方記事のURLを貼り付けさせて頂きます。
https://music-music.cocolog-wbs.com/blog/2020/12/post-4d5021.html

閣下、こちらこそ、、よろしくお願いいたします。m(_ _)m
初コメ、初トラバでございました。

1曲目から、心を持っていかれますよねぇ。
良い曲が並ぶなぁ、、と、つくづく関心したしだいです。
皆さんのご指示通り?ディスク・ユニオンで購入。
押し詰まったくれにやってきました。

Suzuck様、コンバンワ。
ずっと気になっていましたが、
最近、やっと全曲聴くことができました。
そして心奪われてしまいました。あまりにも・・・。
またまた、リンクを貼らせてください。スミマセン。
https://zawinul.hatenablog.com/entry/2021/02/18/225113


zawinulさま、こんにちは。

私も、年末に工藤さまが話題にしているとき、、
早く聴きたくて、たまりませんでした。
まさに、2人で一つ的な一体感、残された方の寂しさを感じてしまいます。

だいぶ亀になってますが、遅くなりました。

実は自分の名前が上がっていると照れくさくなって、逃げてしまいます(笑)。まあ、早期発見で、皆さんに行きわたったようで良かったです。

昔からマーク・コープランドの繊細なピアノは好きだったのですが、アバクロと重なり合って愛聴盤になりました。

当方のブログアドレスは下記の通りです。

https://jazz.txt-nifty.com/kudojazz/2020/12/post-64f023.html

910さま、毎年12月はバタバタしちゃって、、
他の月以上に見逃しが多くて、、
全く、気が付いていなかったので、ご指示どおり、ディスクユニオンから購入しました。

この2人の相性は、ハンパないですね。
ありがとうございました。m(_ _)m

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ★ すずっく2020 ジャズ・インスト 編 ★ | トップページ | 甘く穏やかな時の流れ… 『On Vacation / Till Bronner and Bob James』 »

無料ブログはココログ