2021年12月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

音楽で拡がる輪

« クリスマスだって、めちゃスウィンギー♪ 『I'll Be Home for Christmas / Gabriel Latchin Trio』 | トップページ | ナチュラルな心地よさ♪ 『Christmas / Simone Kopmajer』 »

2020年12月19日 (土)

にっこにこのブライアン・ブロンバーグと過ごすクリスマス♪ 『Celebrate Me Home: The Holiday Sessions / Brian Bromberg』

Celebrate_me_home_20201218162401
 
ジャズフュージョン界を中心に、超絶技巧のベーシストとして知られているブライアン・ブロング・バーグが、キャリアで初めてのクリスマス・アルバムをリリース。
彼といえば、ベースと名のつくものは手当たり次第弾きこなし、ギターと聴き違いするようなメロディアスな奏法で巷のギタリストを圧巻する演奏。
今回も、エレクトリック・ベース、アコースティック・ベース、ピッコロ・ベースを操って、ドラムまで叩いている!
 
選曲は、伝統的なクリスマス・ソングからポップなクリスマス・ソング、そして、オリジナルを2曲で12トラックだが、メドレーもあるので、15曲のご機嫌な演奏が聴ける。
そして、クリスマス・アルバムらしく華やかなゲストも♪
 
オープナーは、サックス奏者のエバレット・ハープをゲストに迎えた「This Christmas」、実に明るく、ストリングスも入って爽やかな演奏。お得意のピッコロ・ベースによる演奏が温かい。
「Wonderful Christmastime」、煌くようなアレンジは、三管入りの軽やかなもの。
1曲目のオリジナル「 Let's Go on A Sleigh Ride! 」、ギターとしか思えないピッコロ・ベースのメロディアスな演奏が素敵なポップな曲。
クリス・ウォーカーとメイザのパンチの効いたヴォーカル・デュオがかっこいい「Let It Snow」。
しっとりと聴かせつつも「The Christmas Song」、途中で「udolph the Red-Nosed Reindeer」の一節が聴こえてきたり、遊び心も充分、ピッコロ・ベースがまるでギターの演奏、、って、恐ろしい…テクニシャン。
メドレーの「Jingle Bells/ Dreidel, Dreidel, Dreidel/ St. Thomas」は、スティール・パンがフィーチャーされ、カリプソ風、最後はセント・トーマスというユニークさ!
クリス・ウォーカーが甘く歌い上げる「Celebrate Me Home」。
一転、「Deck The Halls/ God Rest Ye Merry Gentlemen 」のメドレーは全編高速で走り抜ける!
2曲目のオリジナル「The Holidays Without You」は、切ない状況が目に浮かぶセンチメンタルな秀逸なバラッド。
ストリングスが入って、軽やかな「The Most Wonderful Time of The Year」。
「You're A Mean One, Mr. Grinch」は、バリトンサックスがヒール役?流石です。
終演は、ナジーのフルートをフューチャーした「 Feliz Navidad」、最後までハッピー♪
 
明るく、楽しいスムース・ジャズのクリスマス・アルバム。
ベースのソロというより、、ジャズ・ギターのソロって、感じでっす。
一時間、にっこにこのブライアン・ブロンバーグと過ごすクリスマス♪
 
 
1. This Christmas feat. Everette Harp 
2. Wonderful Christmastime 
3. Let's Go on A Sleigh Ride! 
4. Let It Snow feat. Maysa and Chris Walker 
5. The Christmas Song 
6. Jingle Bells/ Dreidel, Dreidel, Dreidel/ St. Thomas feat. Elan Trotman 
7. Celebrate Me Home feat. Chris Walker 
8. Deck The Halls/ God Rest Ye Merry Gentlemen 
9. The Holidays Without You 
10. The Most Wonderful Time of The Year 
11. You're A Mean One, Mr. Grinch
12. Feliz Navidad feat. Najee 
 
 
Producer: Brian Bromberg
Brian Bromberg (Kiesel B25 electric bass, nylon string acoustic piccolo bass, hollow body piccolo bass, acoustic bass, ds, upright bass, key)
Tom Zink (key, p)
Tony Moore (ds)
Ray Fuller (rhythm guitar)
Alex Acuña (perc)
Andrew Neu (as, ts, bs)
Michael Stever (tp)
Nick Lane (tb),
Everette Harp (ts)
Maysa (vo)
Chris Walker (vo)
Tom McCauley (acoustic rhythm guitar)
Elan Trotman (ts)
Joel Taylor (ds)
Kareem Thompson (steel pan drums)
Gary Meek (ts)
Ramon Stagnaro (rhythm guitars, tres)
Najee (fl)
The Social Distancing Orchestra 
 
 
今日のおまけは、レーベルがあげていた「Celebrate Me Home 」。
 
 
 
 
んじゃ、退散♪
 
 



« クリスマスだって、めちゃスウィンギー♪ 『I'll Be Home for Christmas / Gabriel Latchin Trio』 | トップページ | ナチュラルな心地よさ♪ 『Christmas / Simone Kopmajer』 »

A Merry Jazzmas」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« クリスマスだって、めちゃスウィンギー♪ 『I'll Be Home for Christmas / Gabriel Latchin Trio』 | トップページ | ナチュラルな心地よさ♪ 『Christmas / Simone Kopmajer』 »

無料ブログはココログ