2021年12月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

音楽で拡がる輪

« しまった!アガ・ザリアンが、クリスマス・アルバムを出していた!! | トップページ | 『ジャズ批評 218号』がでました〜♪ »

2020年10月25日 (日)

誕生日は、幸せ色のセピア・カラーで迎えよう♪ 『Complete 1975 Toronto Recordings(7CD) / Paul Desmond』

Paul_desmond
 
泣く子も黙る、、1975年の、ポール・デスモンドの未発表ボックス。
ポール・デスモンドの音色は、セピア・カラーだとおもっている。
そのふくよかなクラリネットのような音色は、気持ちをリラックスさせ、幸せな気分にさせる。
優雅でいて、芯のしっかりしたプレイは唯一無二。
 
彼のパートナーで有名なのが、デイヴ・ブルーベック、ジム・ホール、、。
そして、カナダでの演奏で必ず呼んでいたのが、今回のメンバー、カナダのファースト・コールの方々。
特に、エド・ビッカートは、ジャズ・ギタリストには珍しいテレキャスターの達人で、伴奏の天才、燻銀のギタリスト。
デスモンドにとって、彼との演奏は、余程楽しかったようで、小躍りしてるような躍動感に満ちている。
 
なので、某閣下の記事を読んで、欲しいと思ったのは、言うまでもない。
が、、まぁ、ボックス・セットはヴォリュームもあるし、お値段も良い。
新譜に追われている、わたくしにとっては、、我慢の子でありました。
 
しかし、、、突然、この偉大なセットがやってきたのですよ。
様々な事情があったんでしょうが。。舞い込んできたのだ!
これを天からの「誕生日プレゼント」と思うことにして、ありがたく頂いてしまったのだ!
 
内容は、以下のPaul Desmond Quartetでの7セッションと、エド・ビッカートが参加できず、バルブ・トロンボーン奏者のロブ・マッコネルが参加したトロントでの2セッションの合計9セッションを7枚のCD録音したボックス・セット。
 
★Paul Desmond Quartet★
Paul Desmond (as) 
Ed Bickert (g)
Don Thompson (b)
Jerry Fuller (ds) 
 
*Rob McConnell (vtb)
 
スタンダード、ボサノヴァを並べたライブ盤。
デスモンドはもちろん、場内の観客の幸せ加減も絶好調。
まぁ、全て、聴くのは随分先になりそうだけど、自分の誕生日にかけるのはぴったりな音楽。
来年もいいことありますように。
 
んじゃ、退散♪

« しまった!アガ・ザリアンが、クリスマス・アルバムを出していた!! | トップページ | 『ジャズ批評 218号』がでました〜♪ »

JAZZ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« しまった!アガ・ザリアンが、クリスマス・アルバムを出していた!! | トップページ | 『ジャズ批評 218号』がでました〜♪ »

無料ブログはココログ