2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

音楽で拡がる輪

« やはり、アルメニアの民族音楽が根っこに… 『The Call Within / Tigran Hamasyan』 | トップページ | 素晴らしい演奏を沢山ありがとうございました。 『Oracle / Gary Peacock  Ralph Towner』 »

2020年9月 7日 (月)

フラッシュがニューヨークのライブハウスに! 『Dem New York dues』発売記念ツアー @ Jazz FLASH (9/5)

「Dem New York dues」発売記念ツアー@Jazz FLASH (9/5)
越智 巌(g)  西川 直人(org)  横山 和明(ds)
 
Iwao_ochi
 
土曜日の夜は、男気の塊みたいなギタリスト、越智 巌さんの新譜のリリース・ツアーでした。
新譜は、ニューヨークの気鋭のオルガニスト、ドラマーとの甘辛は絶妙なアルバムですが、
今回のツアーでは、日本の気鋭のオルガニスト、ドラマーを携えての殴り込みっす。
 
ちょっと、早めにおでかけして、検温のお手伝いなんぞして、開演を待ちました♪
挨拶が終わって、オープナーは、ソニー・ロリンズのブルーズ「Solid」。
粒だちよくぱきぱきと長尺なフレーズを繰り出し、軽快なオルガンが鳴り響き、程よい感じでドラムがプッシュ。気分は、いきなり「いぇーぃ」。
新譜からボビー・ハッチャーソンの「Isn’t This My Sound Around Me?」、高速でスピード感溢れるスリリングな演奏。
次も新譜からで、オリジナルのバラッド「Listen to Me」。恋人同士の気持ちのすれ違いを切なく歌い上げた曲も素敵なら、ビタースィートな演奏も◎。きれいなブラシの音もオルガンのロングトーンもロマンチックよね。
またまた、新譜からグラント・グリーンの演奏などで知られる「Somewhere in The Night」、ちょっと、アップテンポで現代的に。
ファースト・セットの最後は、新譜のタイトル曲でドン・パターソンの「Dem New York Dues 」、アッパーな曲をイケイケな感じで。
 
休憩時間は、持っていたCDにサインをいただきました♪
 
30分の休憩を挟んで、セカンド・セットは、20小節のテーマがついたブルーズ「2020」。
新譜のオープナー曲ですが、カラッとした曲で、ノリノリ。雰囲気のある「Red Moon」。
バラッド「Everything Happens to Me 」、もう、速弾きもかっこいいのだけど、このスイートでロマンチシズムたっぷりの演奏は素敵素敵、最高。メロメロに溶けました…。
 
ここで、越智さんが新潟に来た時演奏を一緒にする地元のファースト・コール本間 克範ドラマーが入って「Who Can I Turn To」。すうっと背筋の伸びる端正な演奏で盛り上げてくれました。
 
横山ドラマーに代わって、アルバムのクロージング曲、思いっきりファンキーな「Mr.B」。これでもかの高速フレイジング連続。
で、アンコール、、なんと、リクエストもあって、トム・ウェイツの「Ol' '55」を熱唱! 渋かったわ。
 
古今東西、ギターとオルガンはお友だち。
ギターのオルガン・トリオは、互いに溶け合う音色で別の世界がうまれる。
フラッシュがニューヨークにワープする瞬間っす。
< /div>
1曲ずつ、曲の解説やエピソードをユーモアたっぷりに話、それに、メンバーが適所にツッコミ、、和気あいあい。
演奏も素晴らしかったけど、ライブの盛り上げも上手。
10年一緒のメンバーとの創りだす世界は、息もぴったり、皆が同じ方向をむいていて一分の隙も無い。
スキルの高いメンバーは、全員がめちゃスイングしていて、すっごくかっこよかった。
 
古今東西、ギターとオルガンはお友だち。
ギターのオルガン・トリオは、互いに溶け合う音色で別の世界がうまれる。
フラッシュがニューヨークにワープする瞬間だぜ!!
 
打ち上げにも寄せていただき、大変ありがとうございました。m(_ _)m
 
 
今日のおまけは、このトリオでの一年前の「Dem New York Dues」。
 
 
そして、ニューヨークのメンバーとの新譜『Dem New York dues』は、こちら。
 
Dem_new_york_dues
 
 
リリース直後、緊急事態宣言になってしまったそうで、
これから、あなたの街にいくかもしれません。どうぞ、よろしく!
 
台風の被害に遭われた方々、心よりお見舞いを申し上げます。
 
んじゃ、退散♪

« やはり、アルメニアの民族音楽が根っこに… 『The Call Within / Tigran Hamasyan』 | トップページ | 素晴らしい演奏を沢山ありがとうございました。 『Oracle / Gary Peacock  Ralph Towner』 »

JAZZ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« やはり、アルメニアの民族音楽が根っこに… 『The Call Within / Tigran Hamasyan』 | トップページ | 素晴らしい演奏を沢山ありがとうございました。 『Oracle / Gary Peacock  Ralph Towner』 »

無料ブログはココログ