2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

音楽で拡がる輪

« 柔らかなハーモニー、イマジネーション豊かなインタープレイ 『Valentine /  Bill Frisell』 | トップページ | ロマンチックで哀愁たっぷり 『Taste of Honey / Ulf Wakenius』 »

2020年8月27日 (木)

『ジャズ批評 217号』がでました〜♪

『ジャズ批評 217号』がでました〜♪
 
217
 
特集は、
●●●●◎◎◎◎●●●●◎◎◎◎●●●●

 

『ハンク・モブレー/デクスター・ゴードン 』

 

●●●●◎◎◎◎●●●●◎◎◎◎●●●●
 
なんと、テナー・サックス界のレジェンドお二人の特集です。
それぞれ、厳選66枚のディスコグラフィーと解説、それぞれの物語も興味深いです。
また、彼らの系統を感じさせる現役奏者や、ロヴァーノのアルバムなども紹介していてる。
 
 
さて、禁断の質問。
 

 

★「あなたは、デックスとモブレー、どちらが好きですか?」★
 
 
 
「新譜紹介」は、4枚。
 
 

 

「New Disc Pick Up」も、4枚でした。

 

 
 
連日の酷暑で、、、、、ばてばて。
いや、、ビールの呑みすぎか。。。
 
んじゃ、退散♪

« 柔らかなハーモニー、イマジネーション豊かなインタープレイ 『Valentine /  Bill Frisell』 | トップページ | ロマンチックで哀愁たっぷり 『Taste of Honey / Ulf Wakenius』 »

JAZZ」カテゴリの記事

コメント

suzuckさん、こんにちは。これは酷な質問ですねぇ。両方とも大好き。脱力系のテナーという共通項はあるものの、モブレーのフゴフゴ、ハレヒレな語り口は唯一無二だし、デックスの奔放でユーモアあふれるブローもカッコいい。やはりどちらかは決められません。ただデックスのほうが活動歴が長くて、晩年の渋みを増した演奏がヘリテージとして残っていることから、トータルで言えば、デックスかなぁ。

zawinulさま、禁断の質問にお答えいただき、、ありがとうございます!

私も、モブレー、、好きですよ。
でも、答えはzawinulさまと一緒です。
特に、デックスさまは、私の好きなクリスマス・ソングを、、
何ヴァージョンか吹き込んでらっしゃいますので。笑

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 柔らかなハーモニー、イマジネーション豊かなインタープレイ 『Valentine /  Bill Frisell』 | トップページ | ロマンチックで哀愁たっぷり 『Taste of Honey / Ulf Wakenius』 »

無料ブログはココログ