2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

音楽で拡がる輪

« おうちかふぇは『Lianne La Havas / Lianne La Havas』で決まり♪ | トップページ | ブラジル出身、凄腕ギタリスト! 『City of Dreams / Chico Pinheiro 』 »

2020年7月26日 (日)

革新と伝統を同時に背負う 『Happening: Live At The Village Vanguard / Gerald Clayton』

Happening_live_at_the_village_vanguard
 
2017年に丸の内のコットンクラブで、彼のリーダーのライブを聴きました。
その時の感想は「伝統を核に現代的センスで勝負」。
ローズとピアノをうまく操っていましたが、圧倒的に印象に残っているのは、、
音の美しさ、知的でセンスの良いフレージングで心奪われ、正真正銘の血統賞付きのピアニストなんだと改めて思いました。
 
そんな彼が、ブルーノートレーベルに移籍した第一弾。
しかも、ジャズの聖地「ヴィレッジ・ヴァンガード」での録音盤。
そそりますよね?
 
メンバーも、ニューヨークの超実力派を揃えた2管クインテット。
クレトンのオリジナル4曲とスタンダード、ミュージシャン曲で7曲。
日本版は、オリジナル曲のソロ演奏「Alma」を追加。
 
2管ユニゾンではじまる「Patience Patients」、全体にダークで不穏なムード。
アヴァンギャルドに叫ぶフロントを支えながらもクールに構える後方隊。
アブストラクトなピアノ・ソロから始まる「A Light」、切れ味鋭いキメの数々に、フロントの一体感が半端ない。現代ジャズの肝が詰まった演奏が続く。
ジャス・ジャイアンツ、バド・ワウエルの「Celia」は、ピアノ・ソロから始まるトリオ演奏。
右手の高速シングル・ノートのフレージングをモダンに響かせ、ベース・ソロ、ドラム・ソロと繋いでいく。
新曲かな?「Rejuvenation Agenda」、思索的でいながら神経質な感じがまったく無いソロ。のびのびしてますよね。
美しいタッチ、透明感ある音で始まる「Envisionings」。哀愁あるメロディアスな演奏が、やがて、燃え尽くすようなサックスの叫びに驚愕。
トリオ演奏で、スタンダード「Body and Soul」、知的で美しいピアノ演奏を中心に、3人の息の合った演奏。
終演は、デューク・エリントンの「Take the Coltrane」、自由奔放で、遊び心もたっぷりに、彼らの大先輩たちの音楽を楽しんでいる。なんと、14分超え。
 
そして、日本版では、ソロ演奏のオリジナル「Alma」。
これがまた、秀悦。音数を抑えた美しくも儚いバラッド。少しビターで超エレガントな1曲。
 
ドラムとベースの強靭なグルーヴ、変幻自在、キレキレの2管、音が美しくセンスの際立った才能あるピアノ。革新と伝統を同時に背負って、生きている人たちの演奏ですね。
そして、憧れのヴィレッジ・ヴァンガードの観客になれる、ライブならではの高揚感が詰まった1枚。
 
 
1.Patience Patients
2.A Light
3.Celia
4.Rejuvenation Agenda
5.Envisionings
6.Body and Soul
7.Take the Coltrane
日本版ボーナス・トラック「Alma」
 
Gerald Clayton (p)
Logan Richardson (as) #1,2,4,5,7
Walter Smith III (ts) #1,2,4,5,7
Joe Sanders (b)
Marcus Gilmore (ds)
 
今日のおまけは、レーベルがあげていた「Rejuvenation Agenda」。
 
 
本来ならば、東京オリンピックのための?連休だったのですよね?
Go Toキャンペーンって、いわれたって、新潟はカモン、って言われたって。。。
この状況で、県をまたぐ勇気は、、我が家にはありませんでしたよ。
で、県内にお金落としまくりました。。汗
 
んじゃ、退散♪

« おうちかふぇは『Lianne La Havas / Lianne La Havas』で決まり♪ | トップページ | ブラジル出身、凄腕ギタリスト! 『City of Dreams / Chico Pinheiro 』 »

JAZZ(Born In The U.S.A. )」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« おうちかふぇは『Lianne La Havas / Lianne La Havas』で決まり♪ | トップページ | ブラジル出身、凄腕ギタリスト! 『City of Dreams / Chico Pinheiro 』 »

無料ブログはココログ