2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

音楽で拡がる輪

« 酸いも甘いも噛み分けて…『譚歌 [tanka] / 金澤 英明   石井 彰』 | トップページ | 癒されて…ポジティブな気持ちに! 『Nameless Piano / Sumire Kuribayashi (栗林 すみれ)』 »

2020年4月12日 (日)

想像超えのかっこよさっ! 『Avishai Cohen Big Vicious』

Avishai_cohen_big_vicious

 

イスラエル出身のトランペッター、アヴィシャイ・コーエンの最新作は、ECMらしい音数を抑えた音風景が広がっていたヨナタン・アヴィシャイとのデュオ『Playing the Room』とは、一転し、ドラムが2台、ギター二本(一人はベースも弾く)、トランペットの5人編成のバンドで、イスラエルの仲間との時代を反映した超カッコいい作品。

 

オープナー「Honey Fountain」から、トランペットが朗々と歌いまくる。その空間を自在に操るギター2本と的確に音を埋め込んでいくドラムが2台。
これが、、エレクトロニカ、アンビエント、サイケデリック、そして、ロック、プログレ、ポップス、などなど、ジャンル超えもいいところ、もう、びっくり!
3曲めのエイトビートで疾走する「King Kutner」なんて、めちゃロック。
意表をついたベートベンの「Moonlight Sonata(月光)」の浮遊感のある荘厳さ美しさ。
宇宙との交信のような「Fractals」。
そして、このバンドを端的に表している気がするマッシヴ・アタックの「Teardrop 」、アンビエントなアレンジで、コーエンのトランペットがリード・ヴォーカルのように浮遊。
ポップで色彩豊かな「The Things You Tell Me」、メロディの優しさに泣ける…
その後も、終演「Intent 」まで幻想的なサウンドが続く。

 

サウンドは実に多様で、音楽性をうまく表現できないのだけれど、
アンビエント、浮遊感、気だるさ、暗さ、内省的なんて、言葉が浮かぶ。
孤高感漂うトランペットを真ん中に置いて、現代的な手法を使いこなし、グルーヴばっちりの幻想的な空間に仕上げてる。
ダンサンブルでダークでもある、想像超えのかっこよさで脱帽でっす。

 

1.Honey Fountain 
2.Hidden Chamber 
3.King Kutner 
4.Moonlight Sonata 
5.Fractals 
6.Teardrop 
7.The Things You Tell Me 
8.This Time It’s Different 
9.Teno Neno
10.The Cow & The Calf 
11.Intent 
Avishai Cohen (tp, effects, synthesizer) 
Uzi Ramirez (g) 
Yonathan Albalak (g, b) 
Aviv Cohen (ds) 
Ziv Ravitz (ds, live sampling)

 

今日のおまけは、レーベルがあげていた「Teardrop」。

 

 

んじゃ、退散♪

« 酸いも甘いも噛み分けて…『譚歌 [tanka] / 金澤 英明   石井 彰』 | トップページ | 癒されて…ポジティブな気持ちに! 『Nameless Piano / Sumire Kuribayashi (栗林 すみれ)』 »

コメント

こんにちは、おじゃまします。
これはレコードで買おう!と気合を入れて予約するも、
あえなく延期になり、悶々としていたところ、SUZUCKさん
のレビューを読んで、矢も楯もたまらず、キャンセルして
密林でCDを買い直しました。

このご時世で少し配達が遅れるも、さきほど無事到着。
今聴いていますが、これ本当にかっこいいですね!!
挙げていらっしゃる曲は全部いいですが、
私は、優しいメロディの7の後の、ズンズン、パン!な
8曲目も結構いいなと。ソロの出だしがゾクゾクします。

これは、しばらく楽しめそうなアルバムです♪

jazznekoさま、お久しぶりです。

レコードは、発売延期になったのですか??
でも、レコード、、すっごく、気になってました。
やっぱり、音がいいのだろなぁ。。

おぉぉ!!
これは、かなりかっこいいですよね。
もう、すべての曲で仕掛けがあって、それがどれもハマってる感じ!!

面白いアルバムを出してくれましたね♪

こんにちは

最初、CDと同じくらいのタイミングでリリースの予定だった
ようですが、気が付いたら5月1日に入荷日が変更になってました。

この、「新譜を最初からレコードで買おうか問題」は結構難しい。
ECMはいつもタイミングを逃して、結局CDを買って終わってしまいます。
たまに、レコ屋で新古品を拾うこともありますが、レアケースです。
CDもアナログも、が理想ですが、アナログ結構しますよね?
ムスピールも一緒にCD買ったのですが、これもアナログで聴きたいなあ。
ついでに、6月に出るシンプルアコースティックトリオや、ジョンスコは
どうしようか、など悩みは尽きません(笑)

メセニーは最初からレコードで買いましたが、これは超大作過ぎて、
CDのように一気に聴けなくて。いや、音はとてもよいのですが、
二枚のうち一枚聴くとおなか一杯になっていまうのです。

どっちかに絞った方がよいのですが、いつも悩みます。

JazzNekoさま、、確かに、5月1日は遅すぎますよね。
長い目で見れば、たいした延期ではないのかもしれないのですが、、
まぁ、なんでも、すぐに聴きたいのが本音ですよね。

私は、まとめ買いの失策によって、、時々、、苦しい日々を味わいます。
最近は、サブスクなどで、リリースとともに音源が聴けるのですが、、
やっぱり、ジェケットを一度は眺めないと。。

理想は、CDとLPを両方なおですが、、
数年前から、LPの禁止令がでております。
収納場所がないんですよ。
で、、、も、、、時々、仕入れちゃって、、、隙間に押し込みます。
もう、隙間もなくなってきてますが。。

パット・メセニーはLPも買いました。
我が家のオーディオ・システムじゃ、、申し訳ない気がして、、
ジャズ喫茶に持ち込みたいけど、二枚組ではね。。

何れにせよ、悩みが多くて困りますです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 酸いも甘いも噛み分けて…『譚歌 [tanka] / 金澤 英明   石井 彰』 | トップページ | 癒されて…ポジティブな気持ちに! 『Nameless Piano / Sumire Kuribayashi (栗林 すみれ)』 »

無料ブログはココログ