2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

音楽で拡がる輪

« 汚れなき音風景 『Vibrant / Hitomi Nishiyama 西山 瞳』 | トップページ | 『ジャズ批評 215号』がでました〜♪ »

2020年4月26日 (日)

鋭い知性と豊かな情感を併せ持った 『Secrets Are The Best Stories / Kurt Elling (feat. Danilo Perez)』

Secrets_are_the_best_stories

 

グラミー「最優秀ジャズ・ボーカル・アルバム賞」の受賞のヴォーカリスト、カート・エリング。
華麗なスキャットを得意とし、抜群のテクニックを誇る王道実力派。
常に、挑戦し続ける彼は、ブランフォード・マルサリスやブラッド・メルドーとの共演もある現状に甘んじない勇者!

 

今回は、あのウェイン・ショーター・カルテットの現場の司令塔ともいえる、パナマ出身の天才ピアニスト、ダニーロ・ペレスとがっつり四つに組んだ作品。
有名アーティストの少しマイナーな曲を中心に選曲し、歌詞のない曲はエリング自身が作詞を手がけている。
曲によっては、詩人や作家など彼らの思い入れのある人物に捧げられてたりする。
また、人権、移民、気候変動といった重要な問題に対する彼ら強い政治的メッセージもある。

 

オープナーは、米国の詩人フランツ・ライトの「The Hawk」という詩に触発され、ジャコ・パストリアスの音楽をベースにした「The Fanfold Hawk」、エリングとベースのクラーク・サマーズとの親密なデュオで、始まる。
同じくジャコの曲をベースにし、シームレスで始まる「A Certain Continuum」、ピアノ、パーカッション、ドラム、が加わりスリリングに。甘さを排除したペレツのピアノ!
キューバのパーカンションと3人で進める「Stays」、ウェイン・ショーターの音楽にロバート・ピンスキーの詩を乗せた演奏は、ヴォーカリーズのようにも聴こえてくる。
ペレス作曲、エリング作詞の「Gratitude」は、ロバート・ブライへと書かれている。

 

イギリスの作曲家、マルチ楽器奏者、ジャンゴ・ベイツの曲は、「Stages I,II,III」とあって、作詞はノルウェーのヴォーカリスト、シゼル・アンデルセン。エリングのクルーナーとしての実力と、ペレスの知的で冷んやりとしたフレージングで、息のあった静寂な世界。
その間に入るのが、アルト奏者の/ ミゲル・ゼノンと、ジョナサン・ブレイクが加わった彼のオリジナル「Beloved」。即興性が高く、各自のレベルの高さを強烈に感じる1曲。

 

国境の川で溺れて亡くなった移民の親子に捧げられた「Song of The Rio Grande」は、二人の抗議の声。ペレスの多様なリズムで感情が大きく増幅される…
キューバのSSWシルビオ・ロドリの「Rabo de Nube」は、スペイン語?で堂々と。
パーカッションも加わったヴィンス・メンドーサの「Esperanto」、ギタリストのシコ・ピニェイロがフィーチャーされカラフルで鮮やか。

 

終演は、「Epílogo」と、名付けられた非常に短いペレスの曲をソロ・ピアノで。
スケール感は大きくとも感情を抑えたクールな演奏が余韻を生む…

 

ペレスは、研究熱心で音楽に真摯に立ち向かう人。祖国パナマの歴史を「仮想映画風」に仕立てた一大スペクタルなCDも出してる、人としても大きな人。
4オクターブの声域を自在に操るエリングが、選んだ相手に間違いなし。

 

明るさやポップな部分は少ないけれど、2人の鋭い知性と豊かな情感を併せ持った演奏が詰まってます。
現代ジャズの最前線に立つジャズ・ヴォーカリストが真髄発揮でっす。

 

 

1.The Fanfold Hawk (for Franz Wright) 
2.A Certain Continuum 
3.Stays
4.Gratitude (for Robert Bly) 
5.Stage I 
6.Beloved (for Toni Morrison) 
7.Stages II,III 
8.Song of The Rio Grande (for Oscar and Valeria Martinez-Ramirez) 
9.Rabo de Nube 
10.Esperanto 
11.Epílogo 

 

Kurt Elling (vo)
Danilo Pérez (p , rhodes)

 

Clark Sommers (b)
Chico Pinheiro (g)
Miguel Zenón (as) #6
Johnathan Blake (ds) #2,6
Rogério Boccato (perc) #3,4,6,10
Román Díaz (perc) #2

 

今日のおまけは、ご本人があげていた、ペレスとのデュオの「Stages I」。

 

 

どうでしょ?
私的には絶賛なんですが。。

 

んじゃ、退散♪

« 汚れなき音風景 『Vibrant / Hitomi Nishiyama 西山 瞳』 | トップページ | 『ジャズ批評 215号』がでました〜♪ »

JAZZ」カテゴリの記事

コメント

Suzuckさま、こんばんわ。Suzuckさんの詳しい曲ごとの解説を読んで、とても参考になりました。
純粋に音楽のみを聴くことも大切かもしれませんが、曲が生まれる背景やエピソードなどの情報を知った上で聴き直すと、また違った印象や解釈も生まれきます。Suzuckさんの言われるように、確かにこの二人の懐の深さというか知性が生み出す、静かなスケール感ともいうべきものを強く感じます。

zawinulさま、私、英語力が全然だめで、、
きちんとエリングの詩の内容がわかれば、、と、凹みました。

ここでの、ペレスは、単なる歌伴という感じではなくて、とても感動的でした。
いつか、二人の演奏を生で聴いてみたいです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 汚れなき音風景 『Vibrant / Hitomi Nishiyama 西山 瞳』 | トップページ | 『ジャズ批評 215号』がでました〜♪ »

無料ブログはココログ