2020年3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

音楽で拡がる輪

« 様々な想いが湧き上がる 『Stations / Viktoria Tolstoy』 | トップページ | 私的北欧三種の神器揃い踏み…『Taste Of Honey / Ulf Wakenius』 »

2020年2月 9日 (日)

愛に溢れた 『No Beginning No End 2 / Jose James』

No_beginning_no_end_2_20200208133401
甘く危険な香りに引き寄せられちゃうホセ・ジェイムス。
何と、『No Beginning No End』の第二弾。
曲によって、演奏メンバーも変わるし、多彩なゲストも参加するゴージャスな作品。
オーセンティックなジャズも素晴らしいホセさまだが、今回は自身の原点ともいえそうなヒップな感覚の濃い、ファンキーでポップな路線。
オープナーは、「I Need Your Love」、ニューオリンズ出身の歌手とトランペットが参加。ホセがアコギも弾いていて、あの独特な艶声で歌いかける。デュオもぴったりハマっていて、これで掴みはおっけ。
なんと、明るくポップにロックンロール「You Know What It Do」。日本語の掛け声にびっくりよ♪
リズミックにダンシング・ミュージック「Feels So Good」、可愛い女性ヴォーカルの声とローズの音がベスト・マッチ!
粋でファンキーな「Turn Me Up」。
なんと、びっくり、ビリー・ジョエルの「Just The Way You Are」!ストレートに愛を込めて。
好きな曲「Baby Don't Cry」、SSW、J・ホワードの歌との融合がかっこいい。
クリス・パワーズのピアノをフィーチャーした「Nobody Knows My Name」。冒頭のホセのアカペラに痺れまっせ。
ジャジーでブルージな「Take Me Home 」は、リズ・ライトが参加、聴きごたえたっぷり!
バラッド「 I Found A Love」、ピアノだけのバックでターリーとデュオ。
メロディアスな「Saint James」、ホセの優しい声に癒される。
ギターのフレーズが素敵なバラッド「Miss Me When I'm Gone」。
終演は、パワースポット高尾に登った体験を綴った「Oracle (高尾山)」、トランペットやローズの音がヴォーカルに薄く層になって重なる!エモーショナルな構成。
日本語盤では、「You Know What It Do」の別ヴァージョンが流れます。
ポップでファンキー、カラフルな音楽。
私生活の幸せが、そのままパッケージされたような、愛に溢れた音楽満載♪
1. I Need Your Love (feat. Ledisi and Christian Scott aTunde Adjuah)
2. You Know What It Do
3. Feels So Good (feat. Cecily)
4. Turn Me Up (feat. Aloe Blacc)
5. Just The Way You Are
6. Baby Don't Cry (feat. J. Hoard)
7. Nobody Knows My Name (feat. Laura Mvula and Kris Bowers)
8. Take Me Home (feat. Lizz Wright)
9. I Found A Love (feat. Taali)
10. Saint James
11. Miss Me When I'm Gone (feat. Marcus Machado)
12. Oracle (高尾山) (feat. Hindi Zahra and Erik Truffaz)
13. You Know What It Do(日本盤ボーナストラック)
こんなセリフを言ってみたいね。「 I Need Your Love」
んじゃ、退散♪

« 様々な想いが湧き上がる 『Stations / Viktoria Tolstoy』 | トップページ | 私的北欧三種の神器揃い踏み…『Taste Of Honey / Ulf Wakenius』 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 様々な想いが湧き上がる 『Stations / Viktoria Tolstoy』 | トップページ | 私的北欧三種の神器揃い踏み…『Taste Of Honey / Ulf Wakenius』 »

最近のトラックバック

無料ブログはココログ