2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

音楽で拡がる輪

« エキサイティングな夜! 『Blue Journey X'mas Special Live @ Virtuoso 赤坂 (12/20)』 | トップページ | 砂丘館の年末風物詩 『ファビオ・ボッタッツォ 田中トシユキ デュオライブ @ 砂丘館(12/21)』 »

2019年12月22日 (日)

ウィントン・マルサリスにぬかりは無いっ!『Big Band Holidays II / Jazz At Lincoln Center Orch / Wynton Marsalis』

Big_band_holidays_ii_20191220110201

ウィントン・マルサリス率いる名門ジャズ・アット・リンカーン・センター・オーケストラによる、クリスマス・アルバムBig Band Holidays』の第二弾!!
音源は、2015年、2016年、2017年、2018年のライブ音源より厳選の11曲。
クリスマス的サプライズは、2018年に鬼籍にはいった、アレサ・フランクリンの弾き語りソロが収められていることかな。

オープナーは、心踊る「It's the Most Wonderful Time of the Year」、ウィントン・マルサリスをはじめ、管楽器のやりとり、ソロが素晴らしい。
キャサリン・ラッセルのブルージーでブライトな声がぴったりはまる「 Cool Yule」、サックスのパワーにも負けないご機嫌さ。
デンザル・シンクレアのエレガントな歌声に耳が釘付けになってしまう「We Three Kings」。
アレサ・フランクリンが弾き語りで、厳粛に歌いあげる「O Tannenbaum」、ブラボー!
朗々としたトランペット・ソロが胸に染みる「Rise Up, Shepherd, and Follow」。
「 (Everybody's Waitin' for) The Man with the Bag 」は、若さ溢れるヴェロニカ・スウィフトが、正統派の実力を披露。
スィンギーにアップテンポで「What Will Santa Claus Say (When He Finds Everybody Swingin'?)」、再び、キャサリン・ラッセルの歌声が響く。
ブラジリアン・テイストで踊りたくなる「Brazilian Sleigh Bells」、マルサリスのソロも聴けますよ、ちょう賑やか!
キャサリン・ラッセルの威風堂々とした「Silver Bells」、伸びやかで明るい声が気持ちいい♪
幻想的な曲調が素敵な「Snowfall」、マルサリスの技巧的なソロも素晴らしい。
終演は、豊かな表情と洗練された雰囲気のデンザル・シンクレアが、歌い上げる「Silent Night」。ハスキーで力強いオードレイ・シャキールのヴォーカルも入る豪華ヴァーション。
二人で、ジャジーにデュエットする終盤、洒脱!

ビッグ・バンドの切れ味よい演奏と、素晴らしいソロ・パフォーマンス!
そして、実力派の揃いの豪華なヴォーカルのゲスト!!
まさに、夢のステージですね。やっぱり、完璧主義者のマルサリスにぬかりはないっ!
 

1.It’s the Most Wonderful Time of the Year
2.Cool Yule (ft. Catherine Russell)
3.We Three Kings (ft. Denzal Sinclaire)
4.O Tannenbaum (ft. Aretha Franklin)
5.Rise Up, Shepherd, and Follow
6.(Everybody’s Waitin’ for) The Man with the Bag (ft. Veronica Swift)
7.What Will Santa Claus Say? (When He Finds Everybody Swingin’) (ft. Catherine Russell)
8.Brazilian Sleigh Bells
9.Silver Bells (ft. Catherine Russell) 
10.Snowfall
11.Silent Night (ft. Denzal Sinclaire and Audrey Shakir)
 

以下、メンバーやゲストについてはHPからコピペしました。m(_ _)m

REEDS
Sherman Irby –  alto and soprano saxophones, clarinet, flute; music director (2015-2016)
Ted Nash – alto and soprano saxophones, clarinet, flute
Victor Goines – music director (2018); tenor and soprano saxophones, clarinet
Walter Blanding (2015–2017) – tenor saxophone, clarinet, shaker
Paul Nedzela – baritone and soprano saxophones, bass clarinet
*Camille Thurman (2018) – tenor and soprano saxophones

TRUMPETS
Marcus Printup
Kenny Rampton
Wynton Marsalis (music director, 2017/18)
*Ryan Kisor (2015, 2017-2018)
*Greg Gisbert (2016)
*Bruce Harris (2016)
*Tatum Greenblatt (2017)

TROMBONES
Vincent Gardner
Chris Crenshaw
Elliot Mason (2015-2016, 2018)
*Sam Chess (2017)
*Eric Miller (2018)

RHYTHM SECTION
Dan Nimmer – piano
Carlos Henriquez – bass
Ali Jackson (2015-2016) – drums
*Marion Felder (2017) – drums
*Charles Goold (2018) – drums

FEATURED GUESTS 
Aretha Franklin – vocals and piano
Audrey Shakir – vocals
Denzal Sinclaire vocals
Catherine Russell – vocals
Veronica Swift – vocals
James Chirillo – guitar

* indicates substitute orchestra member

今日のおまけは、Jazz at Lincoln Centerがあげていたプロモよう動画。
めちゃ、短いけど。。雰囲気だけでも。

んじゃ、退散♪

« エキサイティングな夜! 『Blue Journey X'mas Special Live @ Virtuoso 赤坂 (12/20)』 | トップページ | 砂丘館の年末風物詩 『ファビオ・ボッタッツォ 田中トシユキ デュオライブ @ 砂丘館(12/21)』 »

A Merry Jazzmas」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« エキサイティングな夜! 『Blue Journey X'mas Special Live @ Virtuoso 赤坂 (12/20)』 | トップページ | 砂丘館の年末風物詩 『ファビオ・ボッタッツォ 田中トシユキ デュオライブ @ 砂丘館(12/21)』 »

無料ブログはココログ