2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

音楽で拡がる輪

« 実力派、豪華なゲストも魅力! 『Dionne Warwick & The Voices Of Christmas / Dionne Warwick 』 | トップページ | リラ〜ックス〜〜『A Jazzy Christmas / Thisbe Vos』 »

2019年12月19日 (木)

温かな声とギターに人柄が滲みでる♪ 『Christmas Together / Jonathan Butler』

Christmas_together_20191217213701

 

南アフリカ共和国生まれのスムース・ジャズ、フュージョンのシンガー&ギタリスト、ジョナサン・バトラー。
2枚目のクリスマス・アルバムは、スムース・ジャズ界の豪華なゲストを招いての心温まるクリスマス・アルバム。

 

オープナーは、洗練されたアーバンな「Winter Wonderland」。
「Mary Did You Know?」は、シェレアとソウルフルに歌い上げる。
スムース・ジャス界の女王Keiko Matsui(松居 慶子)がピアノを弾き、バトラーがギターのデュオの「God Rest Ye Merry Gentlemen」は、インストで。
温かなバトラーのギター、デイヴ・コーズのソプラノが歌う「Joy to the World」。ジェラルド・アルブライトのサックスが踊る「Deck the Halls 」。
リック・ブラウンのトランペットと一緒に「We Three Kings」。再び、シェレアと明るく大人の雰囲気で「Love Is」。
バトラーの歌とギターが堪能できる「O Come, O Come, Emmanuel」。デイヴ・コーズのソプラノが歌い上げる「Away in a Manger」。
終演は、カーク・ウェイラムのソプラノとバトラーの歌がめちゃファンキーな「Jingle Bells 」

 

豪華なゲストも魅力ですが、、なにより、彼の声とギターに温かな温もりを感じます。
様々なことを乗り越えてきた彼の人柄が詰まっている魅力的なクリスマス・アルバム。

 

1. Winter Wonderland 
2. Mary Did You Know? feat. Sheléa 
3. God Rest Ye Merry Gentlemen feat. Keiko Matsui 
4. Joy to the World feat. Dave Koz 
5. Deck the Halls feat. Gerald Albright 
6. We Three Kings feat. Rick Braun 
7. Love Is feat. Sheléa 
8. O Come, O Come, Emmanuel 
9. Away in a Manger feat. Dave Koz 
10. Jingle Bells feat. Kirk Whalum 

 

Jonathan Butler (vo, g)

 

今日のおまけは、ご本人があげていた「Winter Wonderland」。

 

 

んじゃ、退散♪

« 実力派、豪華なゲストも魅力! 『Dionne Warwick & The Voices Of Christmas / Dionne Warwick 』 | トップページ | リラ〜ックス〜〜『A Jazzy Christmas / Thisbe Vos』 »

A Merry Jazzmas」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 実力派、豪華なゲストも魅力! 『Dionne Warwick & The Voices Of Christmas / Dionne Warwick 』 | トップページ | リラ〜ックス〜〜『A Jazzy Christmas / Thisbe Vos』 »

無料ブログはココログ